映画:あゝ荒野(前篇)

「あゝ荒野(前篇)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

あゝ、荒野 前篇の紹介:2017年10月7日公開の日本映画。寺山修司が遺した唯一の長編小説を大胆に再構築し、2部作として映画化した青春ドラマの前編。生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指す姿がつづられる。

あらすじ動画

あゝ荒野(前篇)の主な出演者

新宿新次〔沢村新次〕(菅田将暉)、バリカン建二〔二木建二〕(ヤン・イクチュン)、芳子(木下あかり)、片目〔堀口〕(ユースケ・サンタマリア)、馬場(でんでん)、恵子(今野杏南)、山本裕二(山田裕貴)、劉輝(小林且弥)、君塚京子(木村多江)、マコト(萩原利久)、川崎敬三(前原滉)、宮木社長(モロ師岡)

あゝ荒野(前篇)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①近未来の新宿歌舞伎町。少年院から出た新次は因縁の相手・裕二に復讐したいが、裕二はプロボクサーとなっており、喧嘩はご法度。新次もプロボクサーとなって対戦してやろうと思う。 ②内気な建二は吃音があり、父・建夫の暴力に悩まされていた。家を出た建二もボクサーを目指し、新次と親しくなる。2人はプロデビュー。

【起】– あゝ荒野(前篇)のあらすじ1

〔2021年 東京・新宿〕

少年院から出所したばかりの沢村新次は、歌舞伎町のラーメン屋に入りました。

ラーメンを注文した直後、歌舞伎町の近隣のビルで立て続けに爆破が起こります。

横にいたサラリーマンの男性は、ラーメンに手をつけることなく、爆発を恐れて立ち去りました。その隙に、新次は無心で男性のラーメンを啜ります…。

近未来の日本では『社会奉仕プログラム』という名の、徴兵制度に似たものが確立しつつありました。国家を挙げて行なおうとするその制度に反発する団体がデモを起こし、爆発も耐えません。

歌舞伎町の爆破事故では3名の死者、10人以上の負傷者を出しました。

新次の父は、元自衛隊員でした。海外に派兵されて帰国した後、家の風呂場で首吊り自殺をします。

父が他界し、母は新次を捨てました。教会の孤児院に預けられた新次は、そこでいじめられますが、先輩格の少年・劉輝にかばってもらいます。

やがて新次は劉輝と共に、高齢者相手の詐欺を行なうようになりました。新宿で悪事を重ねます。

10代後半になった新次と劉輝は、ある日、詐欺の現場で仲間だった山本裕二らの集団に襲われました。

目の前で劉輝が血まみれで倒れたのを見て、新次はナイフで裕二の仲間を刺し、公務執行妨害と殺人未遂で逮捕されます。

3年の少年院送致の末、新次は歌舞伎町に舞い戻ったのでした。

出所した新次は元仲間の檜垣と連絡を取り、喫茶店で会います。

新次が少年院にいた間に、檜垣は会社を立ち上げていました。まっとうに生き始めた檜垣は新次に、手切れ金を押しつけようとします。

新次はそれを振り払い、店をあとにしました。

血まみれで倒れて半身不随になってしまった劉輝に、ケガを負わせた裕二の現在を、新次は知りたいと思っています。

やり場のない怒りを、裕二に復讐することで吐き出したいと、新次は考えていました。

…もう1人、新宿に新次と似たような境遇の男がいます。二木建二という男です。

建二は理髪店で働いていますが、吃音(きつおん どもりのこと)と赤面症に悩まされていました。

自衛隊員だった父・二木建夫が韓国人の女性と関係を持ち、できたのが建二です。母と共に建二は日本へやってきましたが、内気な性格が災いし、大人になってからも吃音が治せません。

建二は理髪師で真面目に働いていましたが、稼ぎはみな父・建夫にむしり取られました。父への反発と暴力に苛まされる建二は、その怒りを内側にためこんでいます。

ある日、新次は意外な場所で裕二を見つけました。

裕二は星雲ボクシングジムで、ボクシングの練習をしていたのです。

そのボクシングジムの前で、他店のビラを配布している男・堀口がいました。

新次は裕二に喧嘩をしかけようとしますが、腹に一発叩きこまれました。その拳の重さに、新次は嘔吐します。

よろけた新次をかばったのが、建二でした。

コーチが出てきて裕二を注意します。プロボクサーなので喧嘩はご法度でした。

新次と、そして通りかかった建二を連れ、ビラを配った男・堀口は飲みに行きます。

Bar『楕円(だえん)』は堀口の行きつけの店でした。

堀口は元ボクサーで、『海洋(オーシャン)拳闘クラブ』を北新宿で開こうとしています。

ボクサー時代に左目を負傷し、堀口は左目が見えませんでした。ですから新次は「片目」と呼びます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「あゝ荒野(前篇)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×