映画:いまを生きる

「いまを生きる」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(7件)

ヒューマンドラマ

いまを生きるの紹介:1989年のアメリカ映画。原題の「Dead Poets Society」は、映画内の教師ジョン・キーティングがウェルトン校在学中に結成した読詩サークルの名で、すべて没した古典的詩人の作品のみ読むことからつけられた。

あらすじ動画

いまを生きるの主な出演者

ジョン・キーティング(ロビン・ウィリアムズ)、ニール・ペリー(ロバート・ショーン・レナード)、トッド・アンダーソン(イーサン・ホーク)、ノックス・オーバーストリート(ジョシュ・チャールズ)、チャーリー・ダルトン[ヌワンダ](ゲイル・ハンセン)

いまを生きるのネタバレあらすじ

【起】– いまを生きるのあらすじ1

いまを生きるのシーン1

画像引用元:YouTube / いまを生きるトレーラー映像

ニューイングランド・バーモントの全寮制学院・ウェルトン・アカデミーはエリートを多数輩出してきた、名門進学校です。

ノーラン校長は生徒に詰め込み教育を強いていました。

1959年、この学院に同校のOB生であるキーティングが、英語教師として赴任してきますキーティングは型破りな授業を展開しました。

キーティングは生徒たちにラテン語「Carpe Diem(カルペ・ディエム いまを摑め、いまを生きろ)」と言い、自分で考えることの重要性を説きます。

また自ら机の上に乗って「目線を変えて物事を見ることの重要性」も教えました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「いまを生きる」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×