映画:お葬式

「お葬式」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

お葬式の紹介:1984年製作の日本映画。妻の父が亡くなり、喪主として初めてお葬式を出す男の途方にくれる姿と、そこに集まる人々を描く。俳優の伊丹十三が、脚本、監督を手掛け、撮影は「メイン・テーマ」の前田米造が担当。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

お葬式の主な出演者

井上佗助(山崎努)、雨宮千鶴子(宮本信子)、雨宮きく江(菅井きん)、雨宮正吉(大滝秀治)、里見(財津一郎)、海老原(三代目江戸家猫八)、雨宮真吉(奥村公延)、綾子(友里千賀子)、茂(尾藤イサオ)、明(岸部一徳)、青木(津村隆)、木村夫人(横山道代)、花村夫人(西川ひかる)、キヨちゃん(海老名美どり)、正吉の妻(双葉弘子)、冠婚葬祭の先生(関弘子)、岩切のおばあさん(吉川満子)、小さい老人(藤原釜足)、老人(田中春男)、老人会会長(香川良介)、黒崎(佐野浅夫)、奥村(関山耕司)、榊原(左右田一平)、海老原の部下1(加藤善博)、海老原の部下2(里木佐甫良)、フクちゃん(金田明夫)、木のぼりの青年(利重剛)、会計の女(中村まり子)、守衛(福原秀雄)、木村先生(津川雅彦)、猪ノ瀬(小林薫)、斉藤良子(高瀬春奈)、住職(笠智衆)

お葬式のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①妻・千鶴子の父・真吉が他界、俳優の侘助たちは葬儀をすることに。今まで葬儀を切り盛りしたことがないため、戸惑う。 ②初めてのことに困惑しつつ、侘助たちはなんとか葬儀を終えた。またいつも通りの生活に戻る。

【起】- お葬式のあらすじ1

お葬式のシーン1 俳優の井上侘助は、女優の雨宮千鶴子と結婚しました。
ふたりのあいだには2人の小学生の息子がおり、侘助と千鶴子は東京で暮らしています。
ふたりとも、俳優の仕事は順調でした。

妻・千鶴子の両親は三河の出身ですが、侘助はその老いた義両親に、伊豆のカモメ温泉を譲りました。
カモメ温泉の別荘地で、義父・真吉と義母・きく江は暮らしています。


義父・真吉は年に一度、定期検診を受けていました。
その日は定期健診の日で、どこも悪くないという結果を聞いた真吉は、うなぎやアボカド、ハム、日本酒を買ってきて飲み食いします。

夕食後、真吉は具合が悪くなりました。
きく江が気づき、隣家の精神科医・木村に判断を仰ぎます。
木村が病院を紹介し、きく江は真吉を連れて、タクシーで病院へ行きました。

病院へ入院した真吉は、容体が急変して、そのまま亡くなります…。


〔第一日〕

雨の日。
侘助と千鶴子がCM撮影をしている現場に、真吉の訃報が舞い込みました。
千鶴子とともに東京の自宅に帰宅した侘助は、2人の息子に、祖父の死のことを説明します。

真吉の葬儀の喪主はきく江ですが、実質的な指揮をとるのは、侘助の役目になりました。
侘助は東京にいるときから、葬儀に奔走します。
侘助と千鶴子2人のマネージャーをしている、里見新吾を葬儀委員長と命名し(冗談で)、手伝わせます。
電話で棺の注文をすると、侘助たちはどしゃ降りの雨の中、車で移動しました。


まずは、真吉が息を引き取った病院へ駆けつけました。
そこには葬儀屋の海老原が待っており、手配をすると言います。

死んだ真吉は7人兄弟でしたが、兄弟はすでに他界しており、肉親は真吉の兄・雨宮正吉だけでした。
真吉の子どもは、千鶴子と妹・綾子です。
綾子の家族も駆けつけていました。綾子も小学生の息子を持っています。

【承】- お葬式のあらすじ2

お葬式のシーン2 病院で仏さんの顔を見た侘助たちは、きれいな死に顔と言いながら眺めました。
耳のあたりが変色しているのではないかと、つくづくと観察します。

きく江が、真吉の最期の様子を親族に語りました。
きく江がティッシュを買いに行って帰ってくると、容体が急変していたそうです。

病院をすぐ出ねばならないので、会計を済ませるため、里見が金を持っていきました。
病院で人が死んだ場合、多額の費用を請求されるのではないかと侘助と里見は考えて、ひとまずは20万円を用意したのですが、病院の窓口に行くと33560円で、想像よりはるかに少ない額であることに拍子抜けして、里見は思わず笑ってしまいます。


病院から遺体を移動させる際に、棺桶に入れるか否かで親族が揉めました。
棺桶に入れて運ぶのは楽ですし、効率的です。
問題は葬儀の場に移動してから、再度棺桶から出して布団に寝かせるのか、棺桶ごと安置するのか…前者の場合、遺体を棺桶から出すことに抵抗があるのです。

侘助たちは淡々と決めますが、正吉は納得いかず、「三河ではそうしない」とごねていました。
棺桶に入れる際に、遺体がまだあったかいとみんなが言いますが、綿のぬくもりでした。
真吉を棺に入れたあと、ドライアイスを入れます。
みんなでのぞき込み、蓋をしました。


侘助は中年ですが、葬儀を出すのは初めての体験です。
それは千鶴子も同じでした。
みんな初めての体験なので勝手が分からず、手探りで行ないます。

【転】- お葬式のあらすじ3

お葬式のシーン3 雨の中、棺桶を別荘に運びこんだ後、北枕にせねばと騒ぎます。
たまたま北枕になっていたので、替える必要はないのですが、正吉がずっと北枕を気にします。
訃報を聞いた近所の人、知己が集まってきました。
女性は台所に立ち、男性は居間で会話を交わします。

今年の春、真吉が撮影した写真が遺影にぴったりだと、みんなは喜びました。
お葬式とはいうものの、その場はしめっぽいものではありません。
親族が集まるちょうどいい機会でもあり、みんなおしゃべりに花を咲かせていました。

千鶴子の家は真言宗ですが、近くに宗派がないため、浄土真宗のお坊さんに頼みます。
侘助は葬儀会社の海老原と話し合いをし、詰めていきます。
お布施をいくらほど包めばよいかと、海老原に相談しました。

夜になり、みんなはそれぞれ眠る支度をします。
きく江は線香を絶やさぬよう、番をしました。


〔第二日〕

雨がやみました。

東京から侘助の付き人・青木がやってきました。
青木はカメラで撮影します。

侘助は葬儀についての打ち合わせに余念がありません。
11時に葬儀をいとなむのですが、それよりも前に死亡届を出すのだと教わります。
葬儀の手順を説明したビデオを、侘助と千鶴子は真剣に見ます。
あいさつをまじめに復唱した侘助は、出棺と精進落としの時にあいさつが必要だと気づき、頭を抱えます。
出棺のあいさつは正吉に任せるつもりですが、精進落としの時には、自分があいさつせねばならないのだと思い、侘助は緊張します。

【結】- お葬式のあらすじ4

お葬式のシーン2 東京の佐久間のところから、斉藤良子という女性が手伝いに来ました。
良子は青木と居間にいますが、通夜の席にそぐわぬ振る舞いをします。
良子が大きな声で騒ぐので、青木と侘助は東京へ帰そうとしました。
実は良子は侘助の愛人で、わざと騒いでいたのです。
良子は侘助にダダをこね、山の中で自分を抱けと言います。
侘助は仕方なく良子を抱き、帰しました。


台正寺の住職がやってきます。
読経が始まりますが、みんな正座で足がしびれました。

夜、通夜の席には、遠方の親戚が到着します。
真吉の老人会の仲間も集まり、思い出話に花が咲きました。

明日のあいさつがプレッシャーになっている侘助は、自室にこもって挨拶を考えます。


〔第三日〕

翌日11時、葬儀が始まります。
おおぜいの人が集まりました。
拡声器で会場の中の声が流され、会場に入りきらない人は、外で読経を聞いています。
風が強くて、香典の金が飛んでいき、大騒ぎでした。

お棺にくぎを打つ前に、最後のお別れをします。
カメラで撮影する正吉は、あれやこれやとポーズに注文をつけました。
棺桶に形ばかり、石でくぎを打っていきます。

出棺前のあいさつは、正吉がよどみなくすませました。
狭い道を霊柩車が移動し、山の中の小さな火葬場で、真吉は焼かれます。

みんなで煙突を見上げますが、煙は見えません。
焼き場の見学をさせてもらった侘助たちは、煙突から煙が出てきたのを確認します。


遺骨を持ち帰り、別荘で精進落としをおこないます。
侘助が挨拶をしようとすると、きく江が「自分がしたい」と言い出しました。
侘助はほっとして、きく江に譲ります。

精進落としも終えて弔問客を見送った侘助と千鶴子は、腕を組んで手をにぎりました。

(エンドロール)
葬儀が終わり、侘助と千鶴子の家族が、葬儀の後片付けをする。
庭にドラム缶を置き、ごみを焼く。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

これからの時代、葬儀も簡素化していくであろう。今作品は、昭和と平成の初期の葬儀。
お葬式を描いた作品なのだが、しめっぽくない。むしろ初めての葬儀に戸惑う者たちを、ユーモラスに描いている。
いま見ると「古きよき時代」の家族のありかた…のようなものも垣間見られる。そういえば、冠婚葬祭のときに親族が集まって、話に花を咲かせていたなあ。
少子化、高齢化で、これから確実にこういう葬儀は減っていくであろう。さびしいけれど。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「お葬式」の商品はこちら