映画:ここは退屈迎えに来て

「ここは退屈迎えに来て」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

ここは退屈迎えに来ての紹介:2018年公開。山内マリコ著「ここは退屈迎えに来て」を原作に、「きいろいゾウ」「ストロボエッジ・エッジ」などで知られている廣木隆一監督により実写映画化。主演に「あまちゃん」などの橋本愛を起用し、共演に門脇麦、成田凌、渡辺大知(黒猫チェルシー)ら。高校時代の同級生たちが在学当時を思い出す中で、人気者で誰からも慕われていた「椎名くん」を巡り様々な人物の心情が描かれていく。主題歌と劇伴をロックバンド・フジファブリックが担当。

あらすじ動画

ここは退屈迎えに来ての主な出演者

私(橋本愛)、あたし(門脇麦)、椎名(成田凌)、新保(渡辺大知)、山下南(岸井ゆきの)、森繁あかね(内田理央)、皆川光司(マキタスポーツ)、遠藤(亀田侑樹)、サツキ(柳ゆり菜)

ここは退屈迎えに来てのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ここは退屈迎えに来てのあらすじ1

ここは退屈迎えに来てのシーン1 高校を卒業してからすぐに東京へ出た「私」は、上京から10年が経った2013年、地元へ戻り、タウン誌にグルメ記事を書くフリーライターとして働いていました。カメラマンの須賀とラーメン屋の取材を終え、須賀の運転する車の中でふと、上京の話題になりました。須賀もかつて、カメラマンを目指して上京したのですが、現在では地元のフリーカメラマンになっていて、東京には未練を残しているのだと言います。「私」も、何者かになりたくて上京したが、あまり良い物ではなかったと語ります。
話題は「私」の高校時代に移り、当時憧れていた「椎名くん」の話になります。「椎名くん」は、女子からは勿論、男子からも慕われている人気者だったと言います。「私」は、当時の同級生サツキと、これから椎名くんに会いに行く予定があると言います。Facebookを辿り、現在椎名くんは自動車教習所の教官として働いていることがわかっていました。須賀は、今現在の椎名は太っていてハゲているかもしれないぞ、と冗談っぽく言いますが、「私」とサツキに付き合ってくれると言いました。
須賀の運転で、サツキの待っている商店街へ向かいます。お洒落をしたサツキを拾い、椎名の働いている自動車教習所へむかいます。途中で、2人が懐かむゲームセンターによりました。かつてそこで、2人は椎名くんと遊んだことがあるのだと言います。ゲームセンターの隅で1人でゲームをする赤髪の男性をサツキが見つけます。彼は、2人の同級生新保でした。
2人は新保に椎名に会いに行くと告げると、新保は椎名の現状を知り、意外そうな表情を浮かべます。教習所の仕事は、新保が紹介したのだと言います。更に、その前はこのゲームセンターで店長をやっていたのだとも。まだ教習所の仕事が続いていることが意外そうでした。
2004年。朝子はまなみ先生の車に乗り、先生の家へ向かいます。まなみ先生は朝子の家庭教師です。先生の家で勉強をする朝子。朝子は先生に、東京の大学に行きたいのだが、両親が反対していることを相談します。先生は、自身も高校時代に同じ悩みを抱えていたと言います。そして、現在、上京しなかったことを悔やんでいるようでした。先生は朝子に、本当に上京したいのなら、両親の反対を押し切っても上京するべきだと言いました。朝子は先生に、東京の大学を目指すことを宣言します。
2008年。書店でのアルバイトを終えた「あたし」は駐車場に遠藤の車を発見します。一度違う方向へ歩き出しますが、結局、遠藤の車に乗り込みます。迎えを頼んでいないと不機嫌そうな「あたし」は、遠藤と共にラブホテルへ入って行きました。
2010年。今年で24歳になる南とあかねは、ファミレスでいつも通り喋っていました。既にうウェイターには、顔を覚えられています。あかねは10代の頃、地元から東京へ通いアイドルをしていましたが、現在は辞めて地元で働いています。そろそろ結婚相手を見つけなければと焦るあかねに、焦る必要はないと南が落ち着いて言います。

【承】- ここは退屈迎えに来てのあらすじ2

ここは退屈迎えに来てのシーン2 2004年。高校三年生の「私」に、サツキはある雑誌を見せてきます。表紙には、2人と同い年で同じ地元のアイドル「森繁あかね」が写っています。サツキは同い年で同じ地元の彼女の活躍に興奮している様子でしたが、「私」は関係ないと言い、興味を持ちません。同じ頃、2人とクラスメイトの新保が、サッカー部の連中に、名前のことでからかわれていました。それを見た同じくサッカー部の椎名も、同じようにからかいます。そんな新保を見て、「私」とサツキは可哀想だね、話します。
その日の放課後、新保が昇降口から出ると、練習をしているサッカー部に見つかり、再びからかわれます。急いでその場を去ろうとする新保の背後から、誰かが声をかけて来ます。振り返ると、椎名でした。椎名は新保に、ハンバーガーでも食べようぜ、と言います。新保が戸惑っていると、椎名はサッカー部の面々に練習を休むことを伝え、新保を連れて学校を出ます。
ハンバーガーを食べながら新保は、椎名に卒業後の進路を訪ねます。椎名は答えに困り、新保に同じ質問を返します。新保は、とりあえず大学へ進学することを伝えます。椎名は「お前頭良いもんな」関心します。
同じ頃、同級生の「なっちゃん」は、髪の薄い中年男「皆川」の車に乗っていました。なっちゃんは今日の学校の出来事を皆川に楽しそうに話ます。2人の乗った車はラブホテルへ入っていきます。
翌日、朝子が登校すると、同級生の女子にラブレターを渡され、「お兄さんに渡して」と頼まれます。自分で渡してと言う朝子でしたが、そうすると先輩たちに何をされるかわからないと言います。仕方なく朝子はあそれを預かります。
昼休み、「私」とサツキは、渡り廊下で仲良く話している「あたし」と椎名を見つけます。椎名といつも仲よさそうにしている「あたし」に、サツキは嫉妬を覚えます。「私」とサツキがそこから去ると、入れ替わりで朝子がやって来ます。朝子は椎名に、預かっていたラブレターを渡します。「これ。お兄ちゃん、彼女いないんでしょ?」

【転】- ここは退屈迎えに来てのあらすじ3

ここは退屈迎えに来てのシーン3 ある日、学校で「私」とサツキは、椎名に、ゲームセンターへ行かないかと誘われます。有頂天になった2人は、椎名と、その他数人と共にゲームセンターへ向かいます。椎名にビリヤードを教えてもらい、クレーンゲームをして、楽しい時間を過ごす2人。ふとしたタイミングで、椅子に座って他のみんなを眺めていた「私」の元へ、ポップコーンを持った椎名がやってきて、2人きりになりました。ポップコーンを勧められた「私」は、それを食べながら、なんとか話題を探し、椎名に卒業後は何になりたいのかを訪ねます。新保からも同じような質問を受けていた椎名は、またか、と思いつつ、同じように聞き返します。「私」は、「何者かになりたい」と言います。予想外の質問に椎名はなんだそれ、と笑います。椎名は笑いながら、「俺は高校生のままがいいな」と言いました。
2013年。須賀の運転する車の助手席で、「いつになったら何者かになれるんでしょうね」と呟きます。椎名とゲームセンターに行った日のことを思い出していると、2人の通っていた高校が見えてきます。2人は懐かしみながら中へ入って行きました。
2004年。事を終えた皆川となっちゃんは、部屋でピザを食べていました。万札数枚を差し出す皆川に、なっちゃんは要らないと言います。帰り道、次はいつになるかを訪ねるなっちゃんに、皆川はもう最後かもしれないと告げます。自身の親に、47にもなったのだからと、お見合いを進められていると言います。皆川はなっちゃんを送り、「じゃ」とだけ告げて去って行きます。なっちゃんは1人で、「じゃ、じゃねえよ!」と叫びます。その叫び声だけが辺りに響いていました。
2011年。いつものようにファミレスで喋っているあかねと南。あかねは個人で不動産を経営している男と付き合い始めていました。その彼氏の愚痴を南はニコニコしながら聴いています。そこへタイミング良く、その彼氏から電話がかかってきました。あかねの携帯には「皆川光司」との表示が出ていました。

【結】- ここは退屈迎えに来てのあらすじ4

ここは退屈迎えに来てのシーン2 2004年。プール掃除も終わり、プールに水が張られ始めた頃。「私」はプールサイドに置かれた詩集の文庫本を見つけます。何気なく手に取ると、新保が話しかけてきました。それは新保のものでした。しばらく2人で話した後、新保が「私」に、椎名と付き合っているのかと訪ねます。「私」が否定し、理由を聞くと新保は、目立つ椎名を無意識に目で追っていると、椎名と「私」が付き合っているように見えたと言います。「私」は、違うけれど、そう見えたのなら嬉しいと話します。そんな「私」と新保を、後ろから椎名がプールに突き落とします。それにつられて、クラス全員がプールの中へ飛び込み、遊び始めます。椎名と「私」は楽しく水を掛け合っていました。
2008年。事を終え、眠っている遠藤の鼻提灯を見た「あたし」は、突然ゾッとして、ホテルを飛び出しました。あてもなく道を歩いていると、3年前、椎名と付き合っていた時を思い出しました。車を運転する椎名の隣で、どこまでも椎名くんを追っていく、と嬉しそうに話す「あたし」。彼女に対し椎名は冷静に、「じゃあ尚更車の免許がいるじゃんか」と言ったのでした。その事を思い出した「あたし」は、車で追ってきていた遠藤に突然「お金頂戴!免許取る!」と言います。
2013年。ファミレスで南はあかねの結婚生活の愚痴を聴いていました。あかねは一頻り口を話した後、南に彼氏とはどうなっているのかを訪ねます。「南は?彼氏とはどうなの?自動車教習所の教官だっけ?」南は、笑顔を浮かべ、左手薬指の指輪を見せます。驚くあかねに南は「椎名南になりました」と言いました。
どんな男かと聞かれた南は「どうしようもない男よ」言いました。
椎名の働く教習所に到着した「私」とサツキ。サツキは椎名と話している「私」を、一歩引いて眺めていました。「私」は高校時代の思い出を椎名と楽しく語っていました。教習所の先輩に呼ばれた椎名は、「私」に待っているように頼み、離れかけますが、足を止めて振り向きます。どうしたのかと尋ねる「私」に椎名は、申し訳なさそうに口を開きます。「ごめん...ど忘れしちゃって。名前、なんだっけ?」「私」はあまりに予想外の言葉に、絶句しますが、なんとか無理やり笑顔を作って見せました。

みんなの感想

ライターの感想

青春時代のほろ苦さを、時代を行ったり来たりして見せる事で、上手く表現していたと思いました。良い映画だったと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ここは退屈迎えに来て」の商品はこちら