「この森で、天使はバスを降りた」のネタバレあらすじと結末の感想

この森で、天使はバスを降りたの紹介:刑務所を出所して、とある小さな町のカフェで働くことになった一人の女性にスポットを当てたヒューマンドラマ。1998年公開。

予告動画

この森で、天使はバスを降りたの主な出演者

パーシー・タルボット(アリソン・エリオット)、ハナ・ファーガソン(エレン・バースティン)、シェルビー・ゴダード(マーシャ・ゲイ・ハーデン)、ネイハム・ゴダード (ウィル・パットン)、ジョー・スパーリング(キーラン・マローニー)、エフィ(ルイーズ・デ・コーミア)

この森で、天使はバスを降りたのネタバレあらすじ

【起】- この森で、天使はバスを降りたのあらすじ1

刑務所で観光局の仕事をしているパーシーは、5年間の服役を終え、小さな田舎町で人生の再出発をします。
パーシーはハナという老婦人が切り盛りする「スピットファイア」というカフェで働くことになります。
ところがカフェの常連客たちはパーシーの過去に疑惑の目を向け、特にハナの甥のネイハムは強い猜疑心を抱いていました。
あるときハナは不慮の転倒で動けなくなり、パーシーが店を任されます。ところが料理が全くダメなパーシーは、ネイハムの妻・シェルビーの手を借りて2人でカフェをやりくりします。

【承】- この森で、天使はバスを降りたのあらすじ2


Warning: nl2br() expects parameter 1 to be string, array given in /home/hmhm/hm-hm.net/public_html/wp-content/themes/hmhm/mainAreaSingle.php on line 118

【転】- この森で、天使はバスを降りたのあらすじ3

パーシーは麻袋を取りに来る人物に「ジョニー・B」と呼びかけ、ついに姿を見ることが叶います。
ある夜パーシーを町から追い出そうと企んだネイハムは、ハナの金庫のお金を麻袋に入れて放置します。何も知らないパーシーはそれを切り株の側に置き、「ジョニー・B」は大金を持って行ってしまいます。
金庫のお金が消えたことで町はパニックに陥り、パーシーが犯人でお金は森に潜む相棒の手に渡ったと決めつけられます。
パーシーは前日ハナと喧嘩をして落ち込み、静かな教会にいました。そこにシェルビーが現れ、パーシーは過去の過ちを語ります。パーシーは16歳のときに継父に犯され妊娠し、お腹の赤ちゃんの命を奪った継父を殺害したのです。

【結】- この森で、天使はバスを降りたのあらすじ4

ハナは「ジョニー・B」が追われていることを知り、唯一会うことができるパーシーに彼を逃がすよう頼みます。彼はベトナム戦争後行方不明になったハナの息子・イーライでした。
パーシーは森を探し、川を渡ってイーライの元に行こうとした拍子に激流に流されます。そのまま滝に落ちていき、下流でイーライとネイハムは息を引き取ったパーシーを発見します。
後日葬式が開かれ、ネイハムは町の住民の前で金庫の金を出したのが自分であることを告白します。
時は流れ、作文コンテストの受賞者を町にやって来ます。赤ん坊を背負った一人の若い女性を、ハナたちが温かく迎える場面で物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「この森で、天使はバスを降りた」の商品はこちら