「さよなら歌舞伎町」のネタバレあらすじと結末の感想

ヒューマンドラマ

さよなら歌舞伎町の紹介:2014年製作、2015年1月24日公開の日本映画。監督・廣木隆一と脚本家・荒井晴彦のコンビが三度タッグを組み、歌舞伎町にあるラブホテルを舞台に、身も心も剥き出しになる男女を描いた群像劇。

予告動画

さよなら歌舞伎町の主な出演者

高橋徹(染谷将太)、飯島沙耶(前田敦子)、イ・ヘナ(イ・ウンウ)、アン・チョンス(ロイ)、鈴木里美(南果歩)、池沢康夫(松重豊)、高橋美優(樋井明日香)、福本陽子(我妻三輪子)、早瀬正也(忍成修吾)、藤田理香子(河井青葉)、新城竜平(宮崎吐夢)、竹中一樹(大森南朋)

さよなら歌舞伎町のネタバレあらすじ

【起】- さよなら歌舞伎町のあらすじ1

東京・歌舞伎町のラブホテル「ATLAS」の雇われ店長・高橋徹は、親や周囲にはお台場のグランパシフィックという一流ホテルに勤務していると言いますが、本当は就職活動で落とされました。
同棲するプロのミュージシャンを目指す恋人・沙耶とは、マンネリ気味です。
〔ヘナ&チョンス〕
若い韓国人女性・ヘナはイリアという名のデリヘル嬢なのを、日本酒と蕎麦の店を開く夢を持つ恋人・チョンスには内緒です。
資金が貯まったヘナは韓国に戻り、母とブティックを開く予定で、今日で仕事も退社です。
客に目隠しを要求されたヘナは、恋人・チョンスと気づきました。泣いて謝るヘナにチョンスは、自分も女性客と寝て金を貰ったと告げます。

【承】- さよなら歌舞伎町のあらすじ2

ホテルを出たチョンスはヘナにプロポーズし、帰国を決意しました。
〔正也&陽子〕
風俗営業の正也は家出女子高生・陽子を、ホテルに連れ込みます。2週間風呂に入ってない陽子は、大喜びです。
正也は陽子をデリヘル嬢にスカウトするつもりでしたが、陽子の身の上話を聞くうちに本気で陽子を好きになります。
陽子が寝ている隙に正也は暴力団の組織構成員に頭を下げ、満身創痍になりながらも組を抜け、陽子を迎えに来ました。
〔竜平&理香子〕
竜平と理香子は同僚の刑事で、共に家庭持ちの不倫です。
理香子はフロント女性が、強盗致傷の未解決事件の指名手配犯・里美と気づきました。寿司の出前を取って部屋に招き、事情聴取します。

【転】- さよなら歌舞伎町のあらすじ3

見つけた場所がラブホテルだと浮気がばれると及び腰のキャリア組・竜平は部屋を去り、ある事情(後述)で里美を取り逃した理香子は残念がりますが、翌朝またアンテナを張り巡らせ新たな犯人探しをします。
〔徹&沙耶〕
徹のラブホテルにAV撮影がやってきて、女優が妹・美優だと知った徹は慌てます。故郷・塩釜で被災し、父は除染作業員、母は時給750円の工場で働きます。美優は保育士だけではやっていけず、たまに東京に出て顔出しNGのビデオに出演しました。
家の事情を知らない徹は悔やみます。
立ち去る美優に初体験もAVかと聞いた徹は、違うと言われ少し安堵しました。美優の初めての相手は津波で亡くなったのですが…。

【結】- さよなら歌舞伎町のあらすじ4

恋人・沙耶が音楽会社のプロデューサー・竹中と訪れました。枕営業かと徹は沙耶を責めて別れ、沙耶は竹中と関係を持ちます。
〔里美&康夫〕
暴力を振るう夫を康夫が刺し、里美は店の金を持って康夫と逃げました。指名手配された康夫と里美は隠れ住み、あと1日で時効を迎えます。
理香子に捕まった里美は携帯で康夫に逃げろと言い、トイレに携帯を水没させます。
廊下で変態プレイするカップルを見てやけくそになった徹が非常ベルを鳴らした隙に、里美は逃げました。
塩釜行きの長距離バスに乗った徹の、離れた後ろには妹・美優も座ります。
(エンド後)徹が里美に自転車を貸し、合流した康夫と里美は時効を迎えて抱き合い喜びました。

みんなの感想

  • シーカさんの感想

    様々な男女のストーリーが歌舞伎町の薄汚れたラブホテルで交錯する。
    前田敦子、演技うまくなったな。染谷は相変わらずじめっとした演技がうまいな。
    そんなことを思いながらだらだら見ていたが、最後の最後に心を捕まえれたの南果歩。
    この女優の前では、染谷すら新人俳優の一人として映ってしまう。
    何が言いたかったのかよく分らない映画だったが、南果歩の名演に救われた。

映画の感想を投稿する

映画「さよなら歌舞伎町」の商品はこちら