映画:しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの紹介:2016年のカナダ・アイルランドの合作で、日本公開は2018年。カナダ人画家モード・ルイスの波乱と愛に満ちた人生をサリー・ホーキンスとイーサン・ホークの共演で感動的に描き、観客賞を中心に世界中の映画祭で度々受賞した。幼少期から手足が不自由だったモードは孤独な日々を送るなか、とある男の家政婦となる。男とトラブル続きの共同生活を送りながら、モードは画家として名を馳せていく。

あらすじ動画

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの主な出演者

モード・ルイス(サリー・ホーキンス)、エベレット・ルイス (イーサン・ホーク)、サンドラ(カリ・マチェット)、アイダ(ガブリエル・ローズ)

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスのネタバレあらすじ

【起】– しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスのあらすじ1

カナダ。若年性リウマチにより手足が不自由で体も小さいモードは、幼い頃から絵を描くことが好きでした。早くに両親を亡くしたモードは親戚一族に煙たがられました。叔母のアイダに渋々引取られてからは、小さな町で2人で暮らし始めます。

1930年代。離れて暮らしていた兄のチャールズは,、体の不自由なモードを見捨てたうえに、勝手に実家を売却します。モードは帰る家を失いました。そのうえ気難しいアイダは束縛が激しく、年ごろになったモードですが気軽に夜遊びすることもできません。モードは自由というものに強い憧れを抱いていました。

ある時買い物に出掛けたモードは、家政婦を探しているという男を見かけます。男が気になったモードは他の人に募集を知られないよう、掲示板に貼られたメモ紙をこっそりと持ち帰りました。自由になりたかったモードは、募集主であるエベレットの家を訪ねて、住込みで働けると申し出ます。しかしモード体を見て抵抗を感じたエベレットは、彼女の申し入れを拒みました。ところがエベレットが他の応募者を待っても一向に現れません。掲示板のメモ紙が剥がされたとは知らないエベレットは、知人の勧めもあって唯一の応募者であるモードを家まで迎えに行きました。「出ていくなら、これっきり」とアイダに絶縁状を叩きつけられても、自由を選んだモードはエベレットと共に家を後にしました。

孤児院で育ったエベレットは、十分な教育が受けられなかったため字の読み書きもできず、現在は魚の行商を中心に生活していました。友人もおらず、電気もガスも通っていない小屋に1人で暮らしていました。

荒々しく乱暴なエベレットは、試しで雇ったモードに仕事の説明さえせず、たった1日で彼女を追い出しました。しかし行く当てなど無いモードは、翌朝に食事の用意や床の掃除をしてエベレットの起床を待ちます。流石のエベレットも、再びモードを追い出すなどできませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ