映画:そうかもしれない

「そうかもしれない」のネタバレあらすじと結末

そうかもしれないの紹介:2006年公開の日本映画。芸術選奨文部大臣賞に輝いた耕治人の私小説を映画化。老いをテーマにした夫婦の物語で、認知症の妻と彼女を支える夫の悲喜こもごもをつづる。

そうかもしれないの主な出演者

高山ヨシ子(雪村いづみ)、森田武(阿藤快)、時岡定夫(下條アトム)、水野医師(夏木陽介)、志田文枝(烏丸せつこ)、高山治(桂春團治)

そうかもしれないのネタバレあらすじ

【起】– そうかもしれないのあらすじ1

作家の高山治と妻・ヨシ子は、2人で一軒家に住んでいました。治は寡作で生活は質素ですが、2人の生活は穏やかです。

2人の間には子どもがいません。しかしヨシ子の姉の子(甥)・武が時々顔を出して、あれこれ世間話などして去っていくので、そうさびしい生活ではありませんでした。

治もヨシ子も、現在の生活にじゅうぶん満足していました。

ある時、突然2人の生活に変化が訪れました。

治とヨシ子が2人で散歩をしていると、ヨシ子が突然、買い物した品物を店に置き忘れたと言い出します。

ヨシ子に公園で待っているよう指示し、治が代わりに店に行きました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「そうかもしれない」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ