映画:ちいさな独裁者

「ちいさな独裁者」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ちいさな独裁者の紹介:「RED/レッド」などで知られるロベルト・シュヴェンケ監督が手がける、2017年のドイツ映画。第二次世界大戦末期、敗戦直前のドイツで偶然軍服を手に入れた若き脱走兵の実話を基に描いている。日本公開は2019年。

あらすじ動画

ちいさな独裁者の主な出演者

ヴィリー・ヘロルト(マックス・フーバッヒャー)、フライターク(ミラン・ペシェル)、キピンスキー(フレデリック・ラウ)、ユンカー(アレクサンダー・フェーリング)、ハンセン(ワルデマー・コブス)、ロジャー(ザムエル・フィンツィ)

ちいさな独裁者のネタバレあらすじ

【起】– ちいさな独裁者のあらすじ1

ちいさな独裁者のシーン1

画像引用元:YouTube / ちいさな独裁者トレーラー映像

1945年4月。ソ連軍と連合軍の攻勢によって敗北の時を待っていたドイツでは、兵士の脱走や略奪などの軍規違反が頻繁に起きていました。

ヴィリー・ヘロルトという青年上等兵も、所属部隊を命からがら脱走していました。ユンカー大尉率いる憲兵隊は、ヘロルトを軍用車で追い回して銃撃しますが、彼は林へ逃げ込みます。

憲兵たちの怒声が響く中、力尽きたヘロルトは木の根元の穴の中に隠れて、彼らが去るのを待ちます。やがて憲兵隊は捜索をあきらめて、命拾いしたヘロルトはあてもなく無人地帯をさまようのでした。

道中、行き倒れになった脱走兵を見つけたヘロルトは、彼を人気のない小屋へ運びます。

ヘロルトは彼と手を組み、夜農家に侵入して食料を略奪することにします。しかし、近くに首を吊った脱走兵の姿があり、「略奪者は、処刑に処す」と書かれたプレートが設置されていました。

卵を強奪する際、ヘロルトの相棒は農家の飼い犬に噛まれて、騒ぎで住民が目を覚ましてしまいます。相棒が殺害されている間に、ヘロルトは逃げ出しました。

飢えと寒さに耐えながら無人地帯をさまようヘロルトは、ぬかるみにはまった無人の軍用車両を見つけます。

ヘロルトは中に入り、まずリンゴを手に取って食らいつきます。そして、ナチス将校の勲章が付いた真新しい空軍大尉の軍服を発見します。

ヘロルトは寒さのあまりその軍服を身にまとい、偶然サイズがぴったりだった靴も履き替えます。車のミラーに映った自身の姿は大尉そのものでしたが、小柄な彼にはズボンの丈が合っていませんでした。

完璧に着替えたヘロルトは歌をうたったり、将校の物真似をして悦に入ります。

そこへ一人の兵士が近づいてきて、軍服姿のヘロルトに敬礼してきます。彼はフライタークという名の上等兵で、部隊からはぐれたので同伴したいと言うのです。

ぬかるみから車を出してドアを開けるフライタークに対して、ヘロルトは本物の大尉のように軍隊手帳の掲示を求めます。

「脱走兵ではないのか」などと尋問すると、腹を空かせていそうな彼にリンゴを渡します。フライタークは感激して、リンゴを頬張るのでした。

ヘロルトはフライタークに自分の指揮下に入るように命じて、後部座席に乗り込みます。そして不敵な笑みを浮かべながら、町へ向かうように指示しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ちいさな独裁者」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×