映画:ちはやふる(上の句)前編

「ちはやふる(上の句)前編」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ちはやふる 上の句の紹介:2016年3月19日公開の日本映画。末次由紀の人気コミックを広瀬すず・主演で、2部作として映画化した青春ドラマの前編。競技かるたを通じて絆を深めていく高校生たちの熱い思いが描かれる。ヒロインにかるたを教える新を真剣佑、幼なじみの太一を野村周平が演じるなど、若手実力派たちが多数共演。監督は『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の小泉徳宏。

あらすじ動画

ちはやふる(上の句)前編の主な出演者

綾瀬千早(広瀬すず)、真島太一(野村周平)、綿谷新(真剣佑)、大江奏(上白石萌音)、西田優征(矢本悠馬)、駒野勉(森永悠希)、須藤暁人(清水尋也)、若宮詩暢(松岡茉優)、宮内妙子(松田美由紀)、原田秀雄(國村隼)、木梨浩(坂口涼太郎)

ちはやふる(上の句)前編のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①小学時代に仲良しだった太一、千早、新の3人は、離れていてもかるたを続けていれば必ず会えると約束する。高校に入り、千早はかるた部を立ち上げ、太一も加わった。部員5人が揃い、競技かるたを練習する。 ②東京都大会、苦戦しつつも瑞沢高校は優勝を果たす。全国大会で会おうと電話すると、返ってきた新の答えは「もうかるたはやらん」だった。

【起】– ちはやふる(上の句)前編のあらすじ1

かるた祭、名人位クイーン戦。…1000年前、在原業平が詠んだ、激しい恋の歌。でも、今のあたし(千早)には…「ちは」しか見えない…。

…3年前。東京都立瑞沢高等学校。

瑞沢高校では生徒は部活動をするのが決まりです。入学した真島太一はサッカー部への入部を考えます。

同じクラスの男子生徒は、かるた部の体験教室を希望します。モデルで有名な綾瀬千歳の妹・千早が1年3組に入学し、かるた部を創設すると聞いてお近づきになりたいという下心からでした。

姉と同じ美貌を持つ千早に胸ときめかせた男子ですが、千早が実際に競技かるたを始めると一目散に逃げました。飛んできたかるたがダルマや壁に刺さったからです。

入部希望者は去り、男子に追いすがる千早を見た太一は、テニス部のジョギングに紛れてやりすごします。太一を知る男が話しかけますが、太一は相手を覚えていません。

入学早々告白された女子を断った太一は、屋上に閉め出されました。向かいの校舎に太一を知る男がいますが、名を知らないので太一は呼べません。

その時、屋上に桜の花びらを散らせながら千早が走り込んできました。小学時代の同級生の千早は太一との再会を喜びますが、今度は2人で屋上に閉め出されます。

千早が大股開きで柵にすがりつき、あられもない格好で下にいる生徒たちに呼びかける姿を見て、太一は「変わってないな」と苦笑しました。

中高一貫の進学校に通っていた太一がなぜ瑞沢高校に進んだのか、千早は聞きます。片道2時間かかる通学に疲れた…と太一は答えましたが、実は「千早が瑞沢高校に進むと知ったから」でした。太一は小学時代から千早を好きですが、思いを口に出せずにいました。

…千早と太一の他に、もう1人幼馴染みがいました。1年間だけで福井に引っ越した、眼鏡をかけた少年・新です。3人はよく近くの分梅神社で遊んでいました。

引っ越したらもう会えないと嘆く新に、千早は「私たちにはかるたがあるから、また会えるんじゃないの」と言って、以来ずっと千早はかるたを続けています。

千早は太一をかるた部に誘いました。

屋上に弓道部の生徒がやってきてドアが開きます。千早に「新(あらた)と3人で続けるって約束したもんね」と言われた太一は、嫉妬してつい「俺はサッカー」と言って去りました。

部活動をするには部員が最低5人必要です。かるた部への気持ちがほとばしる千早は、校舎のあちこちにポスターを貼りまくりました。新と連絡を取っているか太一は聞きますが、「今年は年賀状も来なかった」と千早は言います。

千早は「日曜の大会で優勝したら、一緒にかるた部を作ってくれ」と一方的に太一に告げ、本当に優勝しました。優勝はしましたが、試合の直後、白目を剥いて千早は畳の上で寝ます。

試合で気力を使いはたして寝るのが常だと、分梅神社の神主で小学時代の千早らのかるたの師匠・原田先生は言いました。府中白波会を束ねる原田先生は、競技かるたで一番大事な才能・耳のよさを千早は持っているとも言います。

千早をおぶっての帰り道「かるた部のことは、もういいよ」「でも私は今でも3人はチームだと思っている」と言われた太一は、千早のかるたへの情熱の強さに部創設を決めます。茶道部から古い畳を持ち寄る2人を見て、名を覚えてもらってない男子・西田優征も入部を決めました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ちはやふる(上の句)前編」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×