「ちはやふる(下の句)」のネタバレあらすじと結末の感想

ちはやふる 下の句の紹介:2016年4月29日公開の日本映画。テレビアニメにもなった末次由紀の人気コミックを、広瀬すず主演で2部作として映画化した青春ドラマの後編。競技かるたを通じて、絆を深めていく高校生たちの熱い思いが描かれる。ヒロインにかるたを教える新を真剣佑、幼なじみの太一を野村周平が演じるなど、若手実力派たちが多数共演。監督は『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の小泉徳宏。

予告動画

ちはやふる(下の句)の主な出演者

綾瀬千早(広瀬すず)、真島太一(野村周平)、綿谷新(真剣佑)、大江奏(上白石萌音)、西田優征(矢本悠馬)、駒野勉(森永悠希)、須藤暁人(清水尋也)、木梨浩(坂口涼太郎)、若宮詩暢(松岡茉優)、宮内妙子(松田美由紀)、原田秀雄(國村隼)

ちはやふる(下の句)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①「かるたはやらん」と告げた新を心配した千早と太一は福井へ。新と再会を果たした千早は、新が心のよりどころとしていた祖父を亡くしたことを知る。かるたを続ける意義を喪失した新に「待ってる」と告げ、千早は現クイーン・詩暢と戦う決意をする。 ②左利きの詩暢との対戦を意識した千早は迷走、しかし仲間の大切さに気づいてかるた部に戻る。近江神宮で詩暢と対戦した千早は、実力の差を知らされる。新は千早たち仲間が繋がっている姿を見て、かるたに戻る決意をした。

【起】- ちはやふる(下の句)のあらすじ1

千早は、小学時代に仲良しだった太一、新と別れても、かるたを続けていれば必ず会えると信じ、ずっと続けています。
高校になって太一と再会した千早はかるた部を立ち上げました。部員も千早と太一以外に、「肉まんくん」こと西田優征、「机くん」こと駒野勉、「カナちゃん」こと大江奏が集まり、5人で競技かるたを練習します。
猛特訓の甲斐があり、千早たちの瑞沢高校は東京都大会で優勝を果たしました。
幼馴染みの新と全国大会で会えると思って千早は電話しますが、返ってきた新の答えは「もうかるたはやらん」でした(『ちはやふる 上の句』参照)…。
…新の「もうかるたはやらん」発言が気になった千早と太一は、新の住む福井へ電車で行きました。新と組んで3人でした競技かるたが最後の3人のかるたで、その後すぐ祖父が倒れ、新は福井へ引っ越したのです。
住所を頼りに駅から歩きながらも、千早はまだ新に会う心の準備ができていませんでした。「私、新と会うの怖いかも」と言う千早の手を、太一は握ろうとします。
その瞬間、千早たちと新の乗った自転車がすれ違いました。新は振り返った拍子に自転車ごと土手に落ち、千早もそれを追って土手に落ちます。
土手ドンした新の顔を見て、千早は「会いたかった、会いたかったー」と号泣し、太一はそれを見るだけでした。
土手に落ちて新の携帯は壊れます。汚れた千早は新の家でシャワーを借りますが、新は「髪乾いたら帰って」とつれない対応をしました。千早が「なんでかるたやめるの?」と聞いても理由を答えません。
新の母から祖父の死を聞かされて、千早と太一は新の落胆を知りました。新にとってかるたは、祖父そのものだったのです。新は憧れだった祖父の死後、かるたを続けて名人になる意味を見失っていました。
太一は新に「俺もすぐにA級にあがる。待ってっから」と告げました。
太一は帰りの電車で千早に「強くなってあいつを待とう」と言いますが、千早は「自分がクイーンになれば、新もかるたに復帰する気になるのでは」と考えます。
全国大会に向けて部室で練習が始まりましたが、かるた部にとっての悩みの種は「吹奏楽部の音がうるさい」でした。かるたの読み手の声に耳をすませている最中に吹奏楽の音が入ると、集中力が途切れるのです。
窓を閉め切ると暑く、エアコンは壊れていました。臨時顧問の宮内先生が扇風機を探してきてくれますが、壊れていてドリル並みの騒音がします。
太一は福井の帰りに沼津に寄り、かるた大会に出ていました。新に宣言した通りA級にあがるためです。
全国大会に向け、白波会の原田先生に「全員のスキルアップがマスト(必要)」と言われました。その折、千早は現クイーンが若宮詩暢という高校生と知ります。詩暢は史上最年少のクイーンでした。
原田先生は詩暢のかるたを「音のないかるた」「札と指が糸で繋がっているように、札の端っこだけを弾く」と評します。動画で詩暢のかるたを見た千早は「クイーンに勝ちたい」と強く思いました。
しかしそれには大きな問題があります。詩暢は左利きで、守る時も取る時も今までの相手と勝手が異なるので、左利き選手用の対策を練らねばならないことでした。
千早はその日から詩暢との対戦ばかり考えてしまい、集中力を欠きます。
太一はA級に上がれずジレンマに陥っており、新のバイト先の書店に電話をかけて「試合の流れが悪くなった時、どうする?」とアドバイスを乞いました(新は土手の件で携帯を壊している)。新は「イメージや。立ち上がって、かるたが一番楽しかった時のことを思い出すんや」と答えます。

【承】- ちはやふる(下の句)のあらすじ2

千早の暴走に対し、太一は「今は全国大会のことだけ考えろ。クイーン選のことを考えて左利き用の訓練を積んでいるとよくない」「クイーンに勝ったからって、新が戻って来るとは限らない。お前は何のためにかるたやってんのか、新のためか」と説得しますが千早は「分かんないよ。でも、このまま何もしなかったら、あたしがあたしでなくなっちゃう」「太一と新と別れてから、私、寂しかった。だから、何があってもひとりになっちゃ駄目なんだよ」と言いました。
それでも太一は今は団体戦が優先だと千早に言い聞かせます。
…その頃福井では、新の祖父の四十九日法要が行なわれていました。小学時代から新と対戦していた詩暢も来ています。
新がかるたをやめたと聞いた詩暢は「冬眠から覚めた途端に今度は夏休みか」と言いますが、千早が忘れて帰った『原宿限定おめかしダディベア』タオルを見て狂喜しました。
永世名人を弔うためと言い、詩暢は新とかるたをします。詩暢は自分の名の入る「しのぶれど…」の時は取るのが速いです。
「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける」の歌が詠まれると、新は祖父との思い出を追想しました。「ふるさとの花はいつも自分を待っていてくれる。心のふるさと」と祖父に言われた新は、自分の心のふるさとは千早と太一だと思います。
新が太一に告げた「試合の流れが悪くなった時の方法」も祖父から教わった助言でした。
かるたをしながら思い出に浸る新を見た詩暢は、弔いのかるたをやめます。何のためにやるのかと新が聞くと、詩暢は「自分のために決まってるやん」と答えました。
かるた部での千早らの練習は、吹奏楽部の練習に邪魔されています。千早は「白波会、行こっかなー」と呟きました。
千早はやはり左利き用の練習を続けており、普段は右側に置く筈の自陣の札を左側に置いてしまい、西田の指摘を受けます。
休み時間には携帯で電話する千早を見た太一は、「白波会に行きたければ行け。戻ってくるな。お前はチームに必要ない」と言いました。ショックを受けた千早は帰り、奏が千早を追いかけます。
奏に千早は「あたしどうしても強くならなくちゃ」と言って、謝って去りました。太一は「全国大会は、俺ら4人でいく」「あいつは何でもしょいこむから、周りが見えてないんだ。そんな奴と同じ畳の上にいられない」と言います。
原田先生に相談に行った太一は、新と太一が去った後の千早が、仲間を見つけられずに苦しんでいたことを聞きます。新がかるたをやめると言ったことや、千早がクイーン戦に気持ちが移っていることに対し、原田先生は「なんでかるたをやるのか、2人は考え始めているのだ」と言いました。
かるた部の一件があって以来、学校で千早はかるた部員を避けて過ごします。
千早が抜けたかるた部は4人で練習しています。週末の水戸大会にエントリーしている太一に対し、西田が「なんでひとりで行くのか」「お前ら(太一と千早)だけでかるたやってるみたいじゃん。俺らもいるんだよ」と言いました。
奏も「部長(太一)までひとりになるつもりなんですか」、駒野も「俺たちにできることないの」と言い、西田たちは「もっと自分たちを頼れ」と太一に声をかけます。
太一は、自分もA級にあがりたい一心で暴走していたと気づきました。
水戸大会に出た新は、苦戦した時に立ち上がり、かるたが一番楽しかった時のことを思い出して発奮し、大会で優勝してA級にあがります。

【転】- ちはやふる(下の句)のあらすじ3

北央学園に出稽古に行った千早は、エースの須藤にぼろ負けして「お前、やる気あんのか」と叱責されました。須藤は北央学園に代々伝わる『全国大会対策データ』を千早に「持ってけ」と渡します。
それは毎回全国大会に出る北央学園の先輩たちが研究しつくした、歴代読手のクセと特徴、各学校の特色などが書かれたマル秘文書でした。
「自分だけでかるたやってると思うなよ。お前は、瑞沢かるた部だろ(東京代表だろ)」と言われた千早は、自分の考えが間違っていると気づき、北央学園の生徒たちに深々と礼をします。
千早はかるた部に戻りました。他のメンバーも喜びます。
練習の際、千早が自分の名の入った札の「ちはやぶる」とはどういう意味なのか、「あらぶる」とどう違うのか奏に聞きました。
奏は2つの独楽(こま)を回し「あらぶるとは、乱暴で不安定」「ちはやぶるは、ただ一点に集中している、ぶれない」と説明します。
吹奏楽部の練習に頭を痛めていたかるた部ですが、吹奏楽部も全国大会の練習のため、必死になっていました。練習場所がない吹奏楽部は、かるた部の真上の部屋で練習するプランが出ていたのですが、宮内先生が必死で止めていました。
千早は「私たち、自分のことばかり考えていました」と言って、吹奏楽部に真上の部屋を練習場所としてもらうよう、告げます(但し互いに練習時間を決める取りきめをしたらしい)。
かるた部の部屋の前に吹奏楽部のメンバーが現れると、「瑞沢高校かるた部の健闘を祈って」と言って演奏を披露しました(注:この時にはエルガー作曲『威風堂々 第一番』が流れる。ちなみに練習中の曲は、一部ビゼー作曲『カルメン第二組曲』も入る)。
…8月19日、全国大会の日が来ました。瑞沢高校かるた部は、近江神宮に行きます。
予選のトーナメント戦で駒野は、一番弱い自分を「捨て駒にしてくれ」と自ら名乗りをあげます。
調子を崩した千早が予選の競技の途中で倒れました。布団に寝かされた千早は目覚めて焦りますが、瑞沢高校の他の皆は納得いくまでやれたらしく、満足げです。
その頃福井では、新の携帯電話が修理から戻ってきていました。大量の留守番メッセージを聞いた新は、千早が瑞沢高校のかるた部の仲間の話を残したのを聞きます。
翌朝、祖父の墓参りに行った新は「じいちゃん、行って来るでの。探したいんや、俺のかるた」と告げて、近江神宮に降り立ちます。
この日は個人戦でした。千早と太一と西田はA級で悠久の間で、駒野と奏はD級でよいこのもり保育園で試合が行なわれ、会場は別です。
この日駆け付けた宮内先生に、原田先生は「個人戦こそ、本当の団体戦だと思う」と言います。
近江神宮の境内で瑞沢高校のTシャツを着た生徒(駒野)の背中を見た新は、それについていく形で保育園の会場を見に行きました。会場には同じユニフォームを着た生徒がもう1人(奏)います。
その2人を見ながら、新は千早の「机くん(駒野)」「カナちゃん(奏)」の留守番メッセージの内容を思い出していました。
A級の会場に移動した新は、原田先生と再会します。原田先生と新は、個人戦の見学をしました。
西田の個人戦の相手はスノー丸のTシャツを着た、クイーンの詩暢でした。まだ1枚も札を取れていないながら、クイーン相手に必死で食い下がる西田の姿を見て、原田先生は「力の限り戦って、相手の力を殺ごうとしている。次に戦うかもしれない、仲間のために」と言います。

【結】- ちはやふる(下の句)のあらすじ4

西田は根性で1枚札を取りました。しかし取れたのは1枚だけで、その後はミンチにされて、近江神宮のゆるキャラ「おおつ光ルくん」と体育座りして落ち込んでいます。
千早の次の対戦相手は詩暢でした。千早は奏から忘れ物のタオルを渡され、新が会場に来ているのを知ります。太一の対戦相手は須藤でした。
詩暢は個人戦のレベルの低さに呆れて、試合放棄して観光に行こうとしていました。詩暢は「団体戦はかるたを好きやない人がやることや」と思っていましたが、新が呼びとめて「チームでやるのも案外悪ないかもしれんよ」と言ったことから、「団体戦なんて、お遊びやったって全員に言わせたるわ」と個人戦に続けて出る気になります。
千早と向かい合った詩暢は、千早のタオルを見て闘志を燃やしました。レベルの高い詩暢のかるたに、千早は「できない、勝つ想像が」と思います。
冷静さを欠いた千早の肩を太一が軽く叩き、千早を見守る西田&駒野&奏(&宮内先生)の姿を見て、千早は「失礼します」と言って立ち上がり、深呼吸をして楽しかった頃のイメージをしました。
そして目を閉じて耳をすまし「ひとりじゃない」と呟くと、「しのぶれど」の札を取ります(詩暢の得意札)。「ちはや」の札は死守しました。太一も「ちはや」の札を取ります。
飛んだ札を拾いに行った千早の手を奏が握り、千早は微笑しました。戻る千早の姿を見て、西田は「綾瀬(千早)がドタバタしてない」と言い、奏が「はい。あれが『ちはやぶる』ですよ」と答えます。
太一と千早はハイタッチしました。
「個人戦なのに、離れているのに皆の気持ちが繋がっている」と新は感動します。そんな新に原田先生は「ずっと君を、チームだと思っているよ。君がどこにいても、かるたをしてなくても」と声をかけました。
原田先生は「かるたをやる理由に、おじいちゃんの存在があったのは分かる。でも君がかるたをやる理由が、ひとつじゃなくてもいいだろ」と言い、新はその通りだと思います。
千早は詩暢とかるたをしながら「もっと、もっと、繋がれ。繋がれ。糸のように。新と、太一と、皆と、繋がれ。うまく言えないけど、私にとってのかるたって、そういうこと」と痛切しました。
…結局、千早は詩暢に17枚差で大敗を喫します。去る詩暢に「楽しかったね。またかるたしようね」と声をかけた千早は「いつ? いつや?」と詰問され「クイーン戦で」と答えました。
試合を終えた詩暢に、新は「どうや、詩暢ちゃん。どっちのかるたが純粋か俺にはよう分からんけど、かるたを楽しんでいるのはチームを持っている人たちの方やなかろうか」と声をかけます。
試合を終えて寝ている千早を見て、詩暢は「お説教やったら、あの子がうちに勝ってから聞いたるわ」「はよ上がってこいって言うたって」と返しました。
新は太一に「俺なんとなく千早は、ずっと太一のもんやと思ってた。そばにおるのは太一やったで。でも千早は別に誰のもんでもないよな」と言い、太一は「忘れてねえよな。俺たち府中白波会は攻めかるただってこと」と答えます。
新は「気が向いたら、また3人でかるたしよっさ」と言って去りました。かるた復活宣言です。
…3年後(かどうかは不明だが「上の句」と呼応した場合)。
かるた祭り名人位クイーン戦で、千早は詩暢と対戦し、太一は新と戦っていました。西田、駒野、奏は応援していました。(『ちはやふる』続編に続く)

みんなの感想

ライターの感想

『ちはやふる 上の句』と同じテンションを保ったまま。近年まれにみる力作。
すでに続編(完結編)も決まっているそうで、完成が待たれる。
太一と新と千早のラブ要素は持ち越し。というか、下の句ではひたすら青春映画。
原作未読の私には理解しがたかったのが、「新がなぜかるたをやめたいと思ったのか」。
私はてっきり「大会で留守にした結果、祖父がひとりで死んでしまった」負い目があって、それでかるたをやめたのかと思っていたのだ。
しかし「祖父」=「かるた」、その祖父がいなくなったらかるたを続ける意味がない…え、そ、それはちょっと動機として弱くないか!?
原作はそのへん、ちゃんと描きこんでいるのだと思うよ。だけど映画では伝わらなかった。そこだけ不満。
詩暢さん、色っぽい。とても高校生とは思えない…。続編、期待している。

映画の感想を投稿する

映画「ちはやふる(下の句)」の商品はこちら