映画:ちはやふる(下の句)

「ちはやふる(下の句)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ちはやふる 下の句の紹介:2016年4月29日公開の日本映画。テレビアニメにもなった末次由紀の人気コミックを、広瀬すず主演で2部作として映画化した青春ドラマの後編。競技かるたを通じて、絆を深めていく高校生たちの熱い思いが描かれる。ヒロインにかるたを教える新を真剣佑、幼なじみの太一を野村周平が演じるなど、若手実力派たちが多数共演。監督は『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の小泉徳宏。

あらすじ動画

ちはやふる(下の句)の主な出演者

綾瀬千早(広瀬すず)、真島太一(野村周平)、綿谷新(真剣佑)、大江奏(上白石萌音)、西田優征(矢本悠馬)、駒野勉(森永悠希)、須藤暁人(清水尋也)、木梨浩(坂口涼太郎)、若宮詩暢(松岡茉優)、宮内妙子(松田美由紀)、原田秀雄(國村隼)

ちはやふる(下の句)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①「かるたはやらん」と告げた新を心配した千早と太一は福井へ。新と再会を果たした千早は、新が心のよりどころとしていた祖父を亡くしたことを知る。かるたを続ける意義を喪失した新に「待ってる」と告げ、千早は現クイーン・詩暢と戦う決意をする。 ②左利きの詩暢との対戦を意識した千早は迷走、しかし仲間の大切さに気づいてかるた部に戻る。近江神宮で詩暢と対戦した千早は、実力の差を知らされる。新は千早たち仲間が繋がっている姿を見て、かるたに戻る決意をした。

【起】– ちはやふる(下の句)のあらすじ1

千早は、小学時代に仲良しだった太一、新と別れても、かるたを続けていれば必ず会えると信じ、ずっと続けています。

高校になって太一と再会した千早はかるた部を立ち上げました。部員も千早と太一以外に、「肉まんくん」こと西田優征、「机くん」こと駒野勉、「カナちゃん」こと大江奏が集まり、5人で競技かるたを練習します。

猛特訓の甲斐があり、千早たちの瑞沢高校は東京都大会で優勝を果たしました。

幼馴染みの新と全国大会で会えると思って千早は電話しますが、返ってきた新の答えは「もうかるたはやらん」でした(『ちはやふる 上の句』参照)…。

…新の「もうかるたはやらん」発言が気になった千早と太一は、新の住む福井へ電車で行きました。新と組んで3人でした競技かるたが最後の3人のかるたで、その後すぐ祖父が倒れ、新は福井へ引っ越したのです。

住所を頼りに駅から歩きながらも、千早はまだ新に会う心の準備ができていませんでした。「私、新と会うの怖いかも」と言う千早の手を、太一は握ろうとします。

その瞬間、千早たちと新の乗った自転車がすれ違いました。新は振り返った拍子に自転車ごと土手に落ち、千早もそれを追って土手に落ちます。

土手ドンした新の顔を見て、千早は「会いたかった、会いたかったー」と号泣し、太一はそれを見るだけでした。

土手に落ちて新の携帯は壊れます。汚れた千早は新の家でシャワーを借りますが、新は「髪乾いたら帰って」とつれない対応をしました。千早が「なんでかるたやめるの?」と聞いても理由を答えません。

新の母から祖父の死を聞かされて、千早と太一は新の落胆を知りました。新にとってかるたは、祖父そのものだったのです。新は憧れだった祖父の死後、かるたを続けて名人になる意味を見失っていました。

太一は新に「俺もすぐにA級にあがる。待ってっから」と告げました。

太一は帰りの電車で千早に「強くなってあいつを待とう」と言いますが、千早は「自分がクイーンになれば、新もかるたに復帰する気になるのでは」と考えます。

全国大会に向けて部室で練習が始まりましたが、かるた部にとっての悩みの種は「吹奏楽部の音がうるさい」でした。かるたの読み手の声に耳をすませている最中に吹奏楽の音が入ると、集中力が途切れるのです。

窓を閉め切ると暑く、エアコンは壊れていました。臨時顧問の宮内先生が扇風機を探してきてくれますが、壊れていてドリル並みの騒音がします。

太一は福井の帰りに沼津に寄り、かるた大会に出ていました。新に宣言した通りA級にあがるためです。

全国大会に向け、白波会の原田先生に「全員のスキルアップがマスト(必要)」と言われました。その折、千早は現クイーンが若宮詩暢という高校生と知ります。詩暢は史上最年少のクイーンでした。

原田先生は詩暢のかるたを「音のないかるた」「札と指が糸で繋がっているように、札の端っこだけを弾く」と評します。動画で詩暢のかるたを見た千早は「クイーンに勝ちたい」と強く思いました。

しかしそれには大きな問題があります。詩暢は左利きで、守る時も取る時も今までの相手と勝手が異なるので、左利き選手用の対策を練らねばならないことでした。

千早はその日から詩暢との対戦ばかり考えてしまい、集中力を欠きます。

太一はA級に上がれずジレンマに陥っており、新のバイト先の書店に電話をかけて「試合の流れが悪くなった時、どうする?」とアドバイスを乞いました(新は土手の件で携帯を壊している)。新は「イメージや。立ち上がって、かるたが一番楽しかった時のことを思い出すんや」と答えます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ちはやふる(下の句)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×