映画:つむじ風食堂の夜

「つむじ風食堂の夜」のネタバレあらすじと結末

つむじ風食堂の夜の紹介:吉田篤弘の同名小説『つむじ風食堂の夜』を実写化したヒューマンドラマ。架空の街の食堂を舞台に、食事風景を織り交ぜて人々の交流が描かれる。2009年公開。

あらすじ動画

つむじ風食堂の夜の主な出演者

先生(八嶋智人)、奈々津(月船さらら)、桜田(下条アトム)、「先生」の父親(生瀬勝久)、果物屋の青年(芹澤興人)、古本屋の店主・デニーロの親方(田中要次)、サエコさん(広澤草)

つむじ風食堂の夜のネタバレあらすじ

【起】– つむじ風食堂の夜のあらすじ1

月舟町のアパートメントに住んでいる主人公・「先生」は、雨を降らせる研究をしている中年男。月舟町には『つむじ風食堂』という深夜食堂があり、そこは毎夜風変わりな常連客でにぎわっています。

帽子屋をやっている桜田は、万歩計を「二重空間移動装置」と称し、常連客に向かってこれを使ってコペンハーゲンに行けると演説をします。誰も帽子屋の不思議な話を信じませんでしたが、帽子屋が店を後にすると、窓の外にはコペンハーゲンが広がっていたのでした。

それを見た先生は、慌てて「二重空間移動装置」を購入しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「つむじ風食堂の夜」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ