映画:ともしび(2017年)

「ともしび(2017年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

ともしび(2017年)の紹介:フランス・イタリア・ベルギーの合作で、日本公開は2019年。主演のシャーロット・ランプリングが、葛藤と後悔に苛まれる主婦のアンナ役を演じ、第74回ヴェネチア国際映画祭で女優賞に輝いた。長年連れ添ってきた夫が、突然逮捕された。次第に生活の歯車が狂い出し、妻のアンナは心身ともに疲弊していく…。

あらすじ動画

ともしび(2017年)の主な出演者

アンナ(シャーロット・ランプリング)、アンナの夫(アンドレ・ウィルム)、エレーヌ(ステファニー・ヴァン・ヴィーヴ)、二コラ(シモン・ビショップ)、演技の先生(ファトゥ・トラオレ)

ともしび(2017年)のネタバレあらすじ

【起】– ともしび(2017年)のあらすじ1

ベルギーのとある都市。

老境に入った主婦のアンナは、夫とふたりで静かな暮らしを送っています。ふたりは長年連れ添ったのか、会話はほとんどありません。それでも電球が切れれば、何も言わずに夫が交換し、夕食は1つの煮込み料理のみを味わうというふたりのリズムが形づいています。就寝前にアンナは夫の背中をマッサージしてやり、ふたりの今日が終わりました。

ところが次の日。夫は飼い犬のフィンを恋しそうに撫でて家を出ると、アンナに付添われて警察に出頭しました。何らかの罪を犯した夫はそのまま収監されたのです。アンナはひとりで帰宅しました。静けさの広がる家では、上階の物音がいつもより大きく聞こえます。それでもアンナは冷静でいるために、これまでと同じ生活スタイルを守ることにしました。

アンナはいつものように仕事へ出掛けました。富豪の豪邸での家政婦の仕事です。アンナの夫が逮捕されたことなど、知る人は周囲にはおらず、彼女は今日も何事もなかったように業務をこなしました。仕事後は週に数回開催される演劇サークルに参加し、アンナは変わらぬ日常を保とうとします。腕を振るう必要もなくなった夕食だけは、簡素なものに変わりましたが…。

ひとりの食事を終えたアンナは時間を埋めるように、台詞の練習を始めました。すると玄関のドアをノックする音が響きます。「母親として話がしたい」との女性の声が聞こえてきますが、後ろめたさがあるのか、アンナは身を潜めて応答しようとしません。そんなアンナに腹を立てた女性は、次第に興奮しアンナを罵りました。どうやらアンナは、何か問題を抱えているようです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ともしび(2017年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×