「ひとまずすすめ」のネタバレあらすじと結末の感想

ヒューマンドラマ

ひとまずすすめの紹介:市役所の戸籍係で働くアラサ―独身の美幸。悩み多き年代にさしかかった女性の迷いや気付きを描いた物語。群馬県藤岡市を舞台にしたインディーズムービーで、国内の多くの映画祭で上映されグランプリをはじめとする多数の賞を獲得した。個性的なオープニングのキャストクレジットも話題になった。山田洋二監督や俳優の斎藤工も今作品にコメントを寄せている。

予告動画

ひとまずすすめの主な出演者

花村美幸(斉藤夏美)、工藤亮太(木村知貴)、花村一雄(山田雅人)、花村健人(小林優斗)、吉田彩乃(矢崎初音)、竹下香里(玉川佐知)、浜田勝子(赤間麻里子)、北村遥(木下あかり)、滝沢俊二(藤代太一)、浜田博司(池波玄八)

ひとまずすすめのネタバレあらすじ

【起】- ひとまずすすめのあらすじ1

29歳の美幸は藤岡市役所の市民課で戸籍係を担当しています。仕事はそれなりにこなしているものの、恋人は5年もいません。早くに妻を亡くした父親と二人暮らしで、冴えない日々を過ごしていました。
ある日の仕事中、毎度のように離婚騒動を起こす浜田夫妻が市民課にやってきますが、対応しきれなかった後輩に代わって美幸は淡々と仕事をこなしました。
仕事帰り、友人の香里から街コンの誘いのメールが届きます。携帯をのぞき見した同僚は、美幸が結婚に興味があることに驚きます。美幸には浮いた話は全くありませんが、周囲から続々と結婚の報告が届く年齢になり、彼女なりに少し焦りを感じていました。誘った香里はバツイチの子持ちですが、独りでは生きていけないから早く再婚をしたいと意気込んでいて、恋愛に興味のない美幸に発破をかけていました。香里は美幸の父が経営するボーリング場で働いています。

【承】- ひとまずすすめのあらすじ2

美幸が帰宅すると、東京にいるはずの弟健人が恋人の彩乃ともに帰省していました。綾乃が妊娠したため、健人は藤岡に帰ってくると父に報告しに来たのです。自分を犠牲にして地元で就職した美幸は、身勝手な生き方の健人に声を荒げました。そんな姉に対して健人は今ままでのことを詫び、家のことは俺に任せて美幸の好きなように生きればいいと話しました。
美幸は健人が残していった亀を飼っていました。鈴木先生と名付けられた亀は、いつも美幸が愚痴をこぼす相手になっています。美幸は今日もまた、晴れない気持ちを鈴木先生にぶつけるのでした。
次の日、またもや浜田夫妻が市役所でもめていました。妻の勝子は働きたいのに、夫の博司がそれを認めないのです。二人の様子を泰然と眺め、恋愛は面倒くさいと話した美幸に後輩は、「将来の事とか考えてますか」と呆れ気味に言い放ちました。

【転】- ひとまずすすめのあらすじ3

美幸は香里と一緒に街コンに参加し、工藤というガラス職人と出会いました。あまり乗り気ではない美幸をよそに、香里が工藤の友人滝沢と意気投合したため、二次会でボーリングに行く羽目になります。そこは美幸の父のボーリング場で、彼女は妙に気まずさを覚えました。
ボーリングを終え4人は広場へ向かいます。そこで美幸は、人生に消極的でどこか投げやりな自分の性格を工藤に突かれ、思わずカッとなります。美幸が言い返した瞬間、広場の噴水が急に工藤の上に吹き出し、彼がずぶ濡れになるハプニングで2人は思わず笑い合いました。着替えの代わりにとりあえずサンタの衣装を着た工藤から、美幸は連絡先を渡されて別れました。
帰宅した美幸は、親としての覚悟を据えている綾乃や、自分が思っているよりも大人になっていた健人の考えに触れ、自分だけ取り残されたような不安な気持ちが溢れだします。

【結】- ひとまずすすめのあらすじ4

父を職場に迎えにいった美幸は、このまま一人だったらどうしようと、涙ながらに父に本音を吐きだします。結婚したから幸せとは限らないと言う父に、それでも幸せになりたいと美幸は訴えます。父は「自分の幸せは自分で決めろ」と娘の頭を撫でました。

離婚騒動を起こしていた勝子がついに覚悟を固め、離婚届を提出しに来ました。担当した美幸に勝子は、残り少ない人生だからやりたいことをやらなくてはと、スナックを開店することを教えてくれました。
昼休み、工藤に連絡をしようと決意した美幸は、職場の屋上で電話の予行練習をしました。美幸が意を決して電話をかけようとした瞬間、持っていた工藤の名刺が空に舞い上がってしまいます。美幸はただただ、屋上から広がる景色を眺めるしかできませんでした。
その頃美幸の家では、鈴木先生が水槽から抜け出し、家の外へ出ていきました。新しい居場所を求めて旅立ったかのように。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

  • kuroigさんの感想

    なんだろ、んー
    とりあえず主役の人が普通の人っぽい人にしたっちゃろーけどそれにしてもちょっと…。
    自主映画ということもあるんだけど、良くも悪くも普通という感想。展開もある程度読めるもので、どんでん返しもない。自主制作映画が好きな人には合うかも。

映画の感想を投稿する

映画「ひとまずすすめ」の商品はこちら