映画:ひろしま

「ひろしま」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ヒューマンドラマ

ひろしまの紹介:長田新が編纂した文集「原爆の子〜広島の少年少女のうったえ」を原案にした作品で、1945年8月6日の広島原爆投下の惨劇と、それから7年の月日が経った広島に生きる人々の姿を描いていく。原爆投下から8年後に製作された作品であり、約9万人の被爆者や広島市民が撮影協力した。第5回ベルリン国際映画祭長編映画賞を受賞した作品ながら、当時の国内での上映は限定的だった。2017年にデジタルリマスター版が完成し、全国各地での上映活動が行われている。1953年日本製作。

ひろしまの主な出演者

大庭みち子(町田いさ子)、遠藤幸夫(月田昌也)、北川先生(岡田英次)、米原先生(月丘夢路)、大庭みね(山田五十鈴)、遠藤秀雄(加藤嘉)

ひろしまのネタバレあらすじ

【起】– ひろしまのあらすじ1

物語の舞台は、原爆の悲劇から7年の月日が経った広島。女子高校生のみち子が授業中に鼻血を出して倒れることから、物語は始まります。ちょうどそのとき、授業では原爆がテーマの「0の暁」というラジオを聞いており、原爆投下に向かうアメリカ軍の飛行士の心情が読み上げられていました。幼い頃に原爆投下を経験したみち子にとって、この授業はあの日のつらい記憶を思い出させる非常につらい内容でした。みち子が倒れたのは、精神的なショックだけが原因ではありませんでした。みち子は原爆症による白血病に苦しんでいたのです。

クラスの中で原爆症となったのはみち子だけでなく、被爆者の生徒は不調を訴えていました。しかし、クラスの中には原爆を体験していない者も多く、原爆症に理解を示さない生徒も少なからずいました。クラスの担任の北川も戦後広島に赴任してきた教師であり、戦後になっても広島に原爆の傷が深く残っている現状にショックを受けました。

生徒の一人は、「すぐ原爆に甘えている」と言われることを恐れ、表立って社会に出ることができない原爆症患者が大勢いることを北川に教えました。別の生徒は、原爆投下を体験していなくてもつらい境遇にある人がいると言って、すでに高校を中退した遠藤幸夫という同級生の話を北川に伝えました。

今から遡ること7年前、原爆が投下される直前の広島は、アメリカ軍の脅威に警戒しながらも人々はいつもと変わらぬ日々を送っていました。当時、みち子は母みね、姉の町子、幼い弟とともに暮らしていました。父はおらず、慎ましい生活が続いていましたが、みち子たちの家には笑顔がありました。

ところが、そんなみち子の大切な家族は突然原爆によって奪われてしまいました。広島は原爆の爆発で建物が倒壊し、あちこちで火事が起きました。即死する者もいれば、重傷を追って苦しみ悶える者、建物の倒壊に巻き込まれて少しずつ衰弱する者もおり、まさに地獄絵図のような光景が広がっていました。そんな中、みねは重傷を追いながらもみち子と明男を連れて救護所に向かいました。しかし、その途上で明男は息を引き取ってしまいます。みねはその亡骸をいつまでも抱き抱えていました。

一方、遠藤幸夫の父親である秀雄は血と灰にまみれながら、家の下敷きになった妻よし子を救出しようとしていました。しかし、秀雄に手を貸す余裕がある者は誰もおらず、よし子は死を覚悟しました。秀雄はよし子から息子の一郎のことを頼まれると、一心不乱で一郎を探し回りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ひろしま」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×