「ぼくを葬る」のネタバレあらすじと結末の感想

ヒューマンドラマ

ぼくを葬るの紹介:余命3カ月と宣告された31歳の青年が、人生の最期の時間を静かに見つめる。死が迫る彼に芽生えた感情とは何か。
フランスの偉才フランソワ・オゾンが「死」をテーマにした三部作の第2弾として2005年に制作した作品。原題は残された時間を意味する『Le Temps qui reste』。邦題の読みは“ぼくをおくる”。R-15指定。

予告動画

ぼくを葬るの主な出演者

ロマン(メルヴィル・プポー)、ローラ(ジャンヌ・モロー)、ジャニィ(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)、父(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)、母(マリー・リヴィエール)、サシャ(クリスチャン・センゲワルト)、ソフィー(ルイーズ=アン・ヒッポー)、ブルーノ(ウォルター・パガノ)、医師(アンリ・ドゥ・ロルム)

ぼくを葬るのネタバレあらすじ

【起】- ぼくを葬るのあらすじ1

31歳でゲイのロマンはパリでファッションカメラマンとして活躍しています。ある日ロマンは仕事中に倒れ、ガンが複数の臓器に渡って転移し手術は不可能だと医師から宣告されます。化学療法を拒むロマンに告げられたのは、余命3ヶ月でした。ロマンは医師の前では強がりますが、一人になると現実に打ちひしがれます。
ロマンは久しぶりに実家に行きます。コカインを吸って気分を高揚させるものの、病気については話すことができません。ロマンは幼い頃仲がよかったのに最近は不和な姉ソフィーに、家族の写真は撮ってくれないと愚痴られます。二人の子供を抱え離婚調停中の姉に、ロマンはつい辛辣な言葉をかけてしまいました。
ロマンは車で送ってくれた父に、浮気をしながらも離婚をしなかった理由を問います。ロマンは同棲中で無職の恋人サシャとの別れを考えていたのでした。
帰宅したロマンはサシャと愛し合いますが、素気無く別れを告げます。ロマンは、怒ってソファーで寝たサシャの写真を撮りました。好きなものを写真に残すことにしたのです。

【承】- ぼくを葬るのあらすじ2

その後ロマンはゲイバーでかりそめの肉体関係を求めるサシャを見かけます。幸せだったサシャとの日々を思い出したロマンに、虚しさと悔しさが溢れました。
休暇を取ったロマンは離れた所に住む祖母に会うために車を走らせました。途中寄ったカフェでロマンは、店員ジャニィに話しかけられます。彼女は何故かロマンの身の上を聞いてきました。
ロマンは祖母にだけ病気のことを告白します。祖母は唯一甘えられる相手で、死期が近いという共通点を抱える存在でもありました。
今夜あなたと死にたいとの祖母の言葉に、ロマンは堪えてきた涙が溢れ、祖母の肩にもたれかかりました。祖母は夫亡きあと子供を捨て、家を出た過去を語りました。愛人がいなければ生きられず、それが生存本能なのだと。
ロマンは幼少期に姉と遊び、動物の死に触れた森を歩き、当時の記憶を思い出します。眠れないロマンは祖母と一緒に寝ました。
翌朝祖母は摘んだバラを渡し、化学治療を受けてほしいと伝えます。ロマンは祖母の写真を撮り、別れました。

【転】- ぼくを葬るのあらすじ3

再びカフェに寄ったロマンは、ジャニィから思いがけない依頼をされます。夫が不妊症につき、代わりにセックスしてほしいと言うのです。夫も了解済みだと…。ロマンは子供が嫌いだと嘘をつき断りました。
帰宅すると家を出たサシャの置手紙が残されていました。ベッドの左側が空き、食事も一人で摂るロマンの体調は悪化していき、受け入れられない現実に葛藤します。
しばらくしてロマンに姉から手紙が届きます。「幼い頃の愛情が懐かしい。心を開いて。まずは私、次はあなた」と。部屋では祖母から貰ったバラが既に枯れていました。
手紙を読んだロマンは、心が楽になった、会いに行きたいけど行けないと姉に電話します。ロマンは電話をしながら公園にいる姉を陰から見つめ、子供を抱く姉の写真を撮りました。
ロマンは病気が判明してから、子供時代の幻影を見るようになります。

【結】- ぼくを葬るのあらすじ4

ロマンのつてで就職したサシャと久々に会います。ロマンは最後に君に触れたいと乞いますが断られます。ロマンはサシャの手を自分の胸に当て、まだ動いていると呟きました。
思い立ったロマンはジャニィに会いに行き、赤ん坊を作ろうと申し出ます。そしてジャニィと彼女の夫と3人で行為に及びました。
2か月後。ロマンはジャニィと夫を立会人とし、一切の遺産をジャニィの子供に相続するという遺言書を作成します。ロマン自身は火葬を希望しました。ロマンはお腹を触りにいくと約束して夫妻と別れます。
ロマンはその足で海辺の街に出掛けます。鳴り響く携帯電話をゴミ箱へ捨て、一人泳ぎました。海から上がり体を震わせながら、ロマンは海岸で戯れる家族や海の写真を撮ります。
ロマンのもとに飛んできたボールを渡すと、幼い時の自分でした。微笑んだロマンは浜辺で横になり目を閉じて涙を流します。やがて日が落ち辺りが暗くなっても、動かなくなったロマンがそこにいました。波の音だけが響いていました。

みんなの感想

ライターの感想

凡人の自分にはオゾン監督の伝えたいことをほとんど理解していないかもしれません。それでもこの作品を観終わったあと、感動とは違う何とも言えない感情が湧き出し、心を奪われました。この感情をなんと呼ぶのかわからないのですが…。
絶望しながらも自分の死を受け入れたロマンの最期は、清々しささえ感じました。エンドロールが波の音だけというのも、静かで美しいこの作品を際立たせていたように思います。一般的には撮った写真が最後に紹介される展開になる作品の方が多いと思いますが、撮ったままで終わったという点もオゾン節を感じました。
自身もゲイである監督も、子孫を残せないという現実に直面したことがあるのではないかと感じました。そんな風に思うのは、浅はかでしょうか。

映画の感想を投稿する

映画「ぼくを葬る」の商品はこちら