映画:まほろ駅前多田便利軒

「まほろ駅前多田便利軒」のネタバレあらすじと結末

まほろ駅前多田便利軒の紹介:第135回直木三十五賞を受賞した、三浦しをんによる同名小説を実写映画化。本作のほかにも「まほろ駅前番外地」、「まほろ駅前狂騒曲」など続編も作られている。2011年公開。

あらすじ動画

まほろ駅前多田便利軒の主な出演者

多田啓介(瑛太)、行天春彦(松田龍平)、ルル(片岡礼子)、ハイシー(鈴木杏)、三峯凪子(本上まなみ)、山下(柄本佑)、山田(大森南朋)

まほろ駅前多田便利軒のネタバレあらすじ

【起】– まほろ駅前多田便利軒のあらすじ1

バツイチ男・多田啓介は、「まほろ市」の駅前で「多田便利軒」という便利屋を営み、日々淡々と仕事をこなしていました。

ある年の正月、客から預かったチワワに逃げられた多田は、バス停でチワワを抱く男と遭遇します。男は中学時代の同級生・行天春彦で、行天の右手の小指は、多田が絡む工作の授業で起きた事故の後遺症で動かなくなり、多田はそのことを気にしていました。

多田は行天と一緒にチワワを返しに行くも、依頼人は夜逃げしており、新しい飼い主を探すことになります。さらに、半ば無理やり行天が多田の家に居候することになります。

その後チワワは、自称コロンビア人娼婦・ルルと、ルームメイトのハイシーに引き取られます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「まほろ駅前多田便利軒」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ