映画:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらの紹介:「もしドラ」として社会現象にもなった岩崎夏海のベストセラー小説を、前田敦子主演で2011年に映画化した作品です。映画のキャッチコピーは「私たちの青春は、一冊の本から始まった」となっており、とあるきっかけからドラッカーの「マネジメント」を読んだ女子高生が、その理論を高校野球をに取り入れて改革していく物語となっています。

あらすじ動画

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらの主な出演者

川島みなみ(前田敦子)、宮田夕紀(川口春奈)、北条文乃(峯岸みなみ)、加地誠(大泉洋)、浅野慶一郎(瀬戸康史)、桜井祐之助(西井幸人)、柏木次郎(池松壮亮)、二階正義(鈴木裕樹)、星出純(入江甚儀)、朽木文明(矢野聖人)、宮田靖代(西田尚美)、書店主(石塚英彦)

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのあらすじ1

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのシーン1 高校生の川島みなみは病気で入院している親友の宮田夕紀のお見舞いに来ていました。
夕紀は高校で野球部のマネージャーをしており、小学生の頃に野球をやっていたみなみは入院して部活に出られない夕紀の代わりにマネージャーをやることになります。
しかし部員たちはみな目的意識が薄く、練習からもやる気を感じることができません。
後輩マネージャーの北条文乃は人見知りが激しく、監督もあまり熱心に指導をする様子はなく、部員とも距離があるようでした。
そんな野球部でマネージャーに就任したみなみは目標として甲子園出場をかかげ、部員たちから笑われてしまいます。
みなみはマネージャーとして野球部を強くしたいという思いを持ったまま本屋へと行き、店員から勧められるがままにドラッガーの「マネジメント」を購入してしまいます。
あくまで野球部のマネージャーをやるために購入したその本には経営の話しばかりが書かれており、それがビジネス書であることに気づいたみなみは落胆しますが、マネジメントは野球部においても応用できることを知り、改革へと乗り出します。
みなみはマネジメントを手に夕紀の病室を訪れ、野球部の定義とは何かについて質問します。
野球部員たちがみな同じ方向を向いて練習を行っていくためには、野球部がどういう組織で、何をするべきかを定義することが重要であると考えたのでした。
夕紀はみなみが小学生だったころの思い出を話し、大会でサヨナラヒットを打って優勝した時の感動はずっと忘れることができないと言います。
それを聞いたみなみは野球部の定義は見ている多くの人に感動を与えることであると気が付き、甲子園に行くことこそまさに野球部の定義なのではと考えるのでした。

【承】- もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのあらすじ2

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのシーン2 みなみは次にやるべきことをマーケティングだと話しますが、二階以外の部員たちはみなみに心を開いておらず、思っていることを聞き出ずにいました。
野球部内で人望の厚い夕紀は自分が部員たちの悩みを聞くことを買って出て、病院に部員たちを呼んで話を聞きます。
野球部員の星出は自分がキャプテンに向いていないことを話し、朽木は足の速さにしか取り柄がないことを気にしていました。
1年生の桜井祐之助は自分が試合でエラーをしてしまったことがきっかけでエースの浅野が調子を崩し、負けてしまったことを気に病んでいたのでした。
その試合でストライクが入らなくなった浅野を監督はあっさりと交代させ、それ以来監督と浅野の間にも溝が生じていました。
祐之助は自らに責任を感じていましたが、浅野は祐之助を責めているわけではなく、試合中にストライクが入らなくなったのも祐之助のエラーをカバーしようと力んでしまったことが原因だと話します。
みなみや夕紀は顧問である加地監督のもとへ行き、浅野と直接話し合って誤解を解いてもらうように言いますが、加地は弱気な態度で浅野と会おうとはしませんでした。
そんな中、野球部は秋季大会を迎え、エース浅野の好投で1点を争う投手戦となりますが、同点に追いついて迎えた9回裏、相手チームの攻撃でショートの祐之助がまたしてもエラーをしてしまいます。
以前負けたときと同じようにストライクが入らなくなってしまいフォアボールを連発する浅野ですが、そ様子を見ていた加地監督は彼がふて腐れてフォアボールを出しているわけではないことを理解していました。
みなみはピンチの部員たちに声をかけてほしいと加地に訴えますが、それまでろくに指揮をしたことのない加地は戸惑い、結局何も伝えられないまま試合は浅野の押し出しフォアボールで負けてしまうのでした。
試合後、浅野はほかの部員たちからわざとフォアボールを出したのではないかと責められますが、それを聞いていたみなみが立ち上がるよりも先に、加地監督が立ち上がり「フォアボールを出したくて出すピッチャーはいない」と話し、「責められるべきは監督だ」と部員たちに頭を下げるのでした。
それを見て浅野は涙し、部内の人間関係は少しずつ改善されていきます。

【転】- もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのあらすじ3

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのシーン3 みなみたちは練習を見直し、チーム制にして競わせることで真面目に取り組めるように改革していきます。
「人は最大の資産である」というドラッガーの言葉通り、一つの方向に向かって努力をし始めた野球部は以前に比べて大きく成長しますが、みなみはそれでも甲子園に行くには足りないと考えていました。
マネジメントでも書かれているように既存の型にはまらない新しいものを生み出すイノベーションが必要だと考え、加地に相談します。
加地はこれまでの高校野球の古い戦術を見直すことを提案し、バントを行わないこととピッチャーにボール球を投げさせないことを徹底させるのでした。
さらにマネジメントの輪は野球部の外にまで広がっていきます。
熱心に練習をするようになった野球部に陸上部の部長もみなみの話しを聞きにくるようになり、野球部も陸上部の指導を受けることでさらに練習効率が上がるようになりました。
また、吹奏楽部や家庭科部などほかの部とも協力していくことで双方に良い影響を与えていきます。
夏の大会からは新しい部長としてみなみとともにマネジメントを行ってきた二階が就任し、いよいよ甲子園に向けた戦いが始まります。
大会前にみなみは夕紀の病室に行き、そこで祐之助に小学生の頃のみなみの話しをしている姿を目撃します。
野球部は1回戦で強豪校を破ったことで勢いに乗り、快進撃を続けます。
準々決勝では同点で迎えた9回裏の攻撃で代走に俊足の朽木を起用して相手ピッチャーを動揺させると、盗塁が相手のタイムリーエラーを誘い、準決勝に進出するのでした。
準決勝もエース浅野の好投で9回表まで1点リードで迎えますが、祐之助にエラーが出てしまいます。
それでも浅野はボールをストライクゾーンへと投げ込みますが、祐之助は連続してエラーを出してしまい、野球部はピンチに陥ってしまいます。
試合は田村のファインプレーによって辛くも勝利したものの、二階は決勝で祐之助を起用することにためらいを感じていました。
みなみは祐之助のエラーがきっかけで成長することができた浅野のように、祐之助にもエラーを通じて成長を期待したいと話します。

【結】- もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのあらすじ4

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらのシーン2 夜に病院へ呼び出されたみなみたち野球部員は、そこで夕紀の命がもう長くないことを知らされます。
夕紀の母はみなみたちに夕紀の病状について真実を伏せており、みなみは夕紀が今までずっと戦っていたことを知ります。
みなみは病室でマネジメントを読みながら、夕紀に「大切なのはプロセスではなく結果だ」と話してしまったことを後悔するのでした。
夕紀は家族に看取られながら亡くなり、加地監督は野球部員に夕紀のためにも決勝を全力で戦うことをうながします。
しかしみなみだけは、自分が余計なことをしたことで、夕紀も余計に苦しむことになったのではと気に病み、前を向くことができませんでした。
みなみは自分が本当は野球が好きではないことを告白しますが、部員たちはそのことを夕紀から聞かされていたと言います。
夕紀は「自分になにかあったときにみなみがマネージャーを辞めたいと言い出したら、その時は引き留めてほしい」と部員たちにお願いしていたのでした。
聞かされていなかったのは自分だけだと知り、自分を責めるみなみはその場から走り出し、北条はそのあとを追います。
途中で転んでしまったみなみは薄れゆく意識の中でドラッガーの姿を見つけ、野球から逃げていた自分を見つめなおします。
決勝大会では相手チームに1点を先制されますが、ベンチにみなみの姿を見つけた部員たちは安堵の表情を見せるのでした。
しかし後続を抑えることに成功した浅野ですが、強烈なピッチャー返しを食らい、指の爪を痛めてしまいます。
キャッチャー柏木のホームランで1点差まで迫るものの、9回表の守備で浅野の爪は限界を迎えてしまい、浅野は自ら監督に交代を申し出ます。
それは控え投手を信頼している浅野の冷静な判断であり、代わった新見は味方のファインプレーもあり、相手の攻撃を抑えるのでした。
1点を追う9回裏、星出はセーフティバントで相手の意表を突くと、送球エラーも重なり2塁まで行きます。
加地監督は敬遠で出たランナーに代えて朽木を起用し、チャンスの場面で回ってきたバッターは祐之助でした。
祐之助は初球を大きく空振りしますが、それを見てみなみは何かを感じます。
みなみは小学生のときの野球大会で、相手のボールをわざと空振りして油断させ、その後にサヨナラヒットを打っていたのでした。
祐之助はそのときの話しを夕紀から聞かされており、その通りに実行して外野の上を超える長打を放ちます。
2塁ランナーが生還し、1塁にいた朽木も俊足を飛ばしてホームへと突っ込んできます。
クロスプレーになる中、ヘッドスライディングで飛び込んだ朽木も生還し、みなみたち野球部は甲子園出場をつかむのでした。

みんなの感想

ライターの感想

ドラッカーの「マネジメント」を高校野球に取り入れようというのは面白い発想だと思いました。
マネジメントの内容を交えながらストーリーが展開していくので、ビジネス書を読み解くことに抵抗がある人にとってはマネジメントのきっかけを知れる映画になるかもしれません。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の商品はこちら

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」と同じカテゴリの映画