「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

ヒューマンドラマ

【承】– ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのあらすじ2

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのシーン2

画像引用元:YouTube / ものすごくうるさくて、ありえないほど近いトレーラー映像

どこに行くのか不思議に思い尋ねる母親をよそに、オスカーは調査探検を始める。

オスカーには、父親が亡くなった日から苦手なものが増えていた。

公共交通機関や橋など、街には苦手なものであふれており、オスカーはパニックになりそうになるそして、父親トーマスが生前に「なんでもやってみることだ」と言っていたことを思い出す。

苦手なものに直面した時はタンバリンで心を落ち着かせ、まずはアビー・ブラックという人を訪ねる。

その家は夫婦仲が悪く、オスカーが訪ねたときには丁度夫が去っていくという大変な瞬間だったため、彼女から手がかりを得ることはできなかった その後も調査が一向に進展しないオスカーは父親が亡くなった日を思い出す。

トーマスからの留守番電話を聞いて怖くなったオスカーは、ベッドの下に隠れていた。

仕事から急いで帰ってきた母親は、トーマスからの留守番電話は入っていたかとオスカーに尋ねるが、オスカーは何もなかったと嘘をつく母親は何度もトーマスに電話を掛けるが、電話がつながることはなかった。

オスカーは、トーマスからの留守番電話を母に聞かせてはいけないと考え、同じ電話を買ってこっそりすり替えるのだった。

ある夜、オスカーは寝ている母親を起こし、自分を愛しているかと尋ねる母は、オスカーに話をしようとするが、父親トーマスの死を受け入れられないオスカーはパニックに陥り物に八つ当たりをしてしまう。

母親は、トーマスの死と向き合うように諭そうとするが、オスカーの耳に母の言葉は届かなかった。

その後、オスカーは祖母の家を間借りしている男性と出会う男性には発声障がいがあったため話をすることができず、オスカーは男性と筆談でやり取りをする。

オスカーがこれまでの苦しみや調査が行き詰っていることを男性に話すと、男性は調査に協力してくれることになる。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×