「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

ヒューマンドラマ

【転】– ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのあらすじ3

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのシーン3

画像引用元:YouTube / ものすごくうるさくて、ありえないほど近いトレーラー映像

男性と一緒にブラックさんを訪ねるオスカーは、苦手だった公共交通機関や橋にも挑戦をして克服していく。

オスカーは、男性と行動していくうちに、男性のしぐさが父親と似ていることに気づき、その男性は自分の祖父であると確信する。

その後も一向に手掛かりをつかめないオスカーは、ある日男性を自分の部屋に招き、だれにも聞かせることのなかった6件の留守番電話を流す5件再生したところで、男性はメッセージの再生を停止させる。

そして、探すのもやめるようにという言葉を残してオスカーの部屋を後にするのだった。

その夜、オスカーは男性が家を出ていく姿を目撃する 男性はオスカーに、君を助けたかったが私は君を傷つけていると書いたメモを見せ、家を出って行ってしまう。

ひとりになったオスカーが父親が残した新聞記事の切り抜きを眺めていると、見逃していたヒントに気づく。

「遺品セール」という文字に丸がつけられていたのだオスカーがその記事の電話番号に電話をかけると、最初に尋ねたアビー・ブラックが出てくる。

アビーはオスカーを別れた夫のもとへと連れていく。

遺品セールの広告は、アビーの元夫ウィリアムが出したものだったウィリアムはトーマスのことを知らなかったが、1年以上鍵を探していたのだと言う。

ウィリアムは2年前、自分の父親が余命宣告を受けて遺書を受け取ったが怖くてそれを読むことができなかった。

ウィリアムが父の遺品セールを開くと、そこに偶然トーマスが訪れ、花瓶を気に入って購入し持ち帰ったのだったその後、父の遺書を読んだウィリアムは、花瓶の中に貸金庫の鍵が入っていることを知る。

ウィリアムは花瓶を持ち帰った人を探そうとしたが、テロの直後で人探しができる状況ではなかった。

そのことを知ったオスカーは、ウィリアムに鍵を返すウィリアムは、調査をしていたオスカーの期待を裏切ったことを謝罪する。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×