「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

ヒューマンドラマ

【結】– ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのあらすじ4

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのシーン4

画像引用元:YouTube / ものすごくうるさくて、ありえないほど近いトレーラー映像

オスカーは帰ろうとするが足を止め、今までだれにも言ってこなかったことを話し始める。

あの日、留守番電話に入っていた6件目の電話が鳴ってメッセージが流れたとき、オスカーは家にいたのだ。

オスカーは事件のことをテレビで見て、怖くなり電話に出ることができなかったのだ父親トーマスは、だれかいるのか確認しないまま、オスカーひとりに向かって呼びかける。

メッセージの最後にトーマスは「だれかいるのか?」と繰り返し、電話が切れる。

オスカーはウィリアムに、だれにも言えなかったことを許してくれるかと問い、ウィリアムは優しく頭をなでながら、もちろん許すよと答える 家に帰ったオスカーは、調査のために作成した資料を破きながら泣き叫ぶ。

母親はそんなオスカーを落ち着かせるように声をかける。

母は、ドアマンから電話帳を借りたことを不思議に思い、オスカーの計画を見破っていたのだそして、オスカーがこれから訪ねるであろうブラックさんたちの家を先回りして、事情を話していた。

母は、トーマスが亡くなった後、オスカーの心情を理解しようと努力し、ブラックさん探しの調査をフォローしていたのだった。

母と話して落ち着いたオスカーは、訪問したブラックさん全員に向けてお礼の手紙を書く祖父にも手紙を出すと、その後祖母のもとへと帰ってきたのだった。

母はオスカーの「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」という題名の調査レポートを眺める。

最後のページには、テロの現場となった貿易センタービルの絵に人が飛び乗る仕掛けがされており、母は安心して涙ぐむ公園のブランコの裏で1枚のメモが発見されたというトーマスの言葉をふと思い出したオスカーは、かつてトーマスと訪れた公園に向かう。

ブランコの裏には、君が証明したのは第6区の存在と自分のすばらしさだ、おめでとうと書かれたメモ書きが隠されていた。

オスカーは、トーマスからの確かな愛情を自分の力で見つけたのだったオスカーは、ずっと怖がってのることができなかったブランコを力強く漕ぎ、自分の力で調査探検を終えるのだった。

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いはVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×