映画:わたしは、ダニエル・ブレイク

「わたしは、ダニエル・ブレイク」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

わたしは、ダニエル・ブレイクの紹介:2016年製作のイギリス・フランス・ベルギー合作映画で、名匠ケン・ローチによるイギリス労働者を描いた傑作。病のために就労不可能と医師から診断を受けているにもかかわらず、国から生活補助手当受給が許されない一人の老大工の奮闘を描いていく。第69回カンヌ国際映画祭では最高賞となるパルム・ドールを受賞し、ケン・ローチにとっては「麦の穂をゆらす風」以来二度目の受賞となった。

あらすじ動画

わたしは、ダニエル・ブレイクの主な出演者

ダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)、ケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)、ディラン(ディラン・フィリップ・マキアナン)、デイジー(ブリアナ・シャン)、アン(ケイト・ラッター)、シェイラ(シャロン・パーシー)、チャイナ(ケマ・シカズウェ)

わたしは、ダニエル・ブレイクのネタバレあらすじ

【起】– わたしは、ダニエル・ブレイクのあらすじ1

舞台はイギリス北部の街、ニューカッスル。この街で大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、ある日突然心臓の病に襲われてしまいます。医者からは仕事をするのは困難と言われ、ダニエルは国から雇用支援手当を受け暮らしていました。その継続審査のために、ダニエルは国が委託しているアメリカの民間業者から電話を受けます。医師でもなく、看護師でもない「医療専門家」を名乗る女性から、ダニエルは馬鹿げた質問を受けます。心臓の病で働くことができないというのに、「医療専門家」から尋ねられるのは手足の不自由がないかと関係のない質問ばかり。ダニエルはイラつきながらもそれらの質問に答えますが、後日郵送されてきたのは「就労可能、手当は中止」と記された通知書でした。

ダニエルはこれに抗議すべく窓口に電話しますが、サッカーの試合より長く待たされた挙句、認定人からの連絡を待つように、とだけ言われ電話を切られてしまいます。その後、ダニエルは職業安定所に行き助けを求めますが、職員からは専門用語を並べたてられ、インターネットで求職者手当の申請をするよう告げられてしまいます。しかし、これまで大工一筋のダニエルにはパソコンの操作はできません。ダニエルは途方に暮れ、その場で頭を抱えてしまいます。そんなダニエルに優しい言葉をかけてきたのは、女性職員のアンでした。アンの手を借り、ダニエルが椅子に腰掛け休んでいると、目の前で子どもを二人連れた若い女性が職員と口論し始めました。

女性職員のシェイラは、女性が時間に遅刻したため手当の給付を停止すると冷たい口調で言っています。ところが、女性の方はロンドンから越してきたばかりで、ニューカッスルに不慣れなために時間に遅れてしまったと主張していました。さらに、「子供達が明日から学校なのにお金がないの」と女性は自らの窮状を訴えます。しかし、職員から返ってきたのは「お引き取りください」という冷たい言葉だけ。見かねたダニエルは激昂し、「彼女は助けを求めてる、子供が二人もいるんだぞ」と職員を批判しました。この結果、女性ら親子だけではなく、ダニエルまでも職業安定所から追い出されてしまうのでした。

職業安定所を出た後、ダニエルは女性の買い物を手伝い、彼女の身の上話を聞き始めました。女性の名前はケイティといい、それぞれ父親の違う子供二人を抱えているシングルマザーでした。ロンドンでは大家に雨漏りがすると訴えた結果、その報復としてアパートを追い出され、その後はホームレス用の住宅に二年も身を寄せたといいます。子供達のために遠く離れたニューカッスルにやっとのことで見つけたアパートも、ひどく古い住宅でトイレタンクが壊れていました。そして、ケイティには電気代を払う現金すら持ち合わせもなく、仕事が見つかる見通しも立っていませんでした。ケイティ自身はこの街で生活をやり直し、通信制の大学で学びたいと考えていましたが、出端からくじかれひどく落ち込んでしまっていました。

ダニエルはそんなケイティ親子のために、できる限りのことをし始めます。ボロアパートの修繕、電気代の補助、そして何よりもケイティにとって助かったのは、不慣れな街に暮らす子供達へのケアでした。ダニエルは木彫りの熱帯魚のモビールを娘のデイジーに贈り、息子のディランには工作の楽しさを教え、二人に穏やかな気持ちを取り戻させたのです。ケイティはせめてものお礼にと自分の分の夕食をダニエルに譲りました。ダニエルは遠慮しましたが、ケイティはもう食べたから、と見えすいた嘘をつくのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「わたしは、ダニエル・ブレイク」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×