「わたしは光をにぎっている」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

映画「わたしは光をにぎっている」の感想

ライターの感想

言葉の大切さを痛感する一作、とても丁寧で綺麗でした。山村暮鳥の詩が優しく、最後は澪の光となってキラキラと輝くところは心が揺れました。 消えゆくもの、別れ、新たな出会い、自分の居場所。それを見つける澪の成長がとても綺麗で。彼女の背中をそっと押してくれた祖母、銀次、美琴たち。 みんな、優しい。とても良い作品に出会えました。
    1 2 3 4 5

    「わたしは光をにぎっている」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×