映画:アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルの紹介:フィギュアスケートで2度の五輪出場を果たしながらも、スキャンダルまみれだったトーニャ・ハーディングの半生を軽快でコミカルに描いた実話ドラマ。あの事件の真相が語られる!? 2017年のアメリカ映画で、主演のマーゴット・ロビーは自ら製作にも携わった。トーニャの鬼母を演じたアリソン・ジャネイがアカデミー賞助演女優賞やゴールデングローブ賞に輝いたほか、受賞・ノミネートされた映画賞は110以上にも及ぶ。

あらすじ動画

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルの主な出演者

トーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)、ジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)、ダイアン・ローリンソン(ジュリアンヌ・ニコルソン)、ショーン・エッカート(ポール・ウォルター・ハウザー)、ラヴォナ・ハーディング(アリソン・ジャネイ)

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルのネタバレあらすじ

【起】– アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルのあらすじ1

オレゴン州・40年前。

トーニャ・ハーディングは、母ラヴォナの5人目の子供として、4番目の夫との間に生まれました。貧しく粗野なラヴォナのもとで育ったトーニャが4歳のころ。フィギュアスケートの話ばかりするトーニャを黙らせようと、ラヴォナはスケート教室を訪ねます。コーチのダイアンは禁煙のリンクで煙草をふかすラヴォナに驚き、さらに初心者は受け付けないと断りますが、リンクに初めて立ったトーニャはあっさりと滑り出しました。これをきっかけにトーニャはダイアンに師事し、半年後の大会では年上の選手を差し置き、僅か4歳で優勝を果たしました。

めきめきと上達するトーニャに、ラヴォナはウェイトレスで稼いだ金をスケートにつぎ込みます。その分ラヴォナはリンクでも暴言を飛ばし、トイレの時間も与えずトーニャに練習をさせました。ラヴォナの独特な教育理念は、躾と称して悪態をついて暴力をふるうこと。 “お前はどうせ出来ない”と言えば娘が奮い立つとラヴォナは考え、愛情もなくトーニャを育てました。

裕福な家庭が多いフィギュア界。ダイアンから「豊かさのイメージも必要」と言われ、トーニャは父と山でウサギを狩り、剥いだ毛皮でコートを作ったこともありました。トーニャは貧しいながらも、ひたすらに練習に打ち込む日々を送ります。しかしラヴォナと不仲になった父は、泣きつくトーニャを置いて家を出て行きました。

15歳になったトーニャは、母譲りの口の悪さと態度の大きさを発揮。それでも毎日8時間の練習はこなしていました。トーニャはラヴォナに高校を中退させられ、悔しい思いをしながらも、スケートに専念し実力を上げていきます。

ある日トーニャは、練習見学に来ていた高校生ジェフとその連れのショーンと出会います。すぐに惹かれ合ったトーニャとジェフの初デートには、娘の行動に目を光らせていたラヴォナも同行し、相変わらずどぎつい発言を連発しました。その後トーニャはジェフと交際を始めますが、彼が優しかったのは一時で、数か月後には暴力を振るうように…。だけどトーニャは“私が悪い”、“ママも殴るが私を愛している”と自分に言い聞かせ、さらにジェフが謝ることで平和だと思い込みました。ラヴォナは痣だらけのトーニャにジェフとの別れを勧めるものの、「大口が無くなれば私も助かる」と言って娘を突き放しました。(ジェフ曰く、トーニャも同じくらい暴力的だったようですが…。)

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×