「アキハバラ@DEEP」のネタバレあらすじと結末の感想

ヒューマンドラマ

アキハバラ@DEEPの紹介:2006年公開の日本映画。秋葉原を舞台に、理不尽な世の中に若者たちが立ち向かっていく姿を描いた作品。石田衣良の小説が原作で、成宮寛貴主演で贈る青春ムービー。癖のある登場人物たちが、絶妙に混ざりあって生き生きと映し出されている。

アキハバラ@DEEPの主な出演者

ページ(成宮寛貴)、ボックス(忍成修吾)、タイコ(荒川良々)、アキラ(山田優)、イズム(三浦春馬)、ユイ(板谷由夏)、中込威(佐々木蔵之介)、遠坂直樹(萩原聖人)、渡会フジ子(寺島しのぶ)、平井進之介(今井朋彦)、加藤則之(松尾政寿)

アキハバラ@DEEPのネタバレあらすじ

【起】- アキハバラ@DEEPのあらすじ1

Webプログラマーのページ、パソコン修理工のタイコ、Webデザイナーのボックスの三人は、深夜12時にデジタルキャピタル本社にやってきます。
そこではCEOの中込が登場して、大勢の人々が集まっていました。中込は世界第7位の金持ちで、大勢の人の指示を得ていました。一緒に第二社長秘書兼SS隊員の渡会フジ子もいました。
タイコはフリーズする癖があります。今日も途中でフリーズして、格闘家のアキラが働いているグランドコスプレカフェ「あかねちん」に二人は連れていきます。
その後、システムエンジニアであり、飛び級でマサチューセッツ工科大学を休学しているイズムと合流します。彼は皮下組織が破壊される病気を患っており、全身スーツにヘルムを着用しています。
五人は、カルト的人気を誇ったユイのライフガードと呼ばれる人生相談サイトのヘビーユーザーでした。そのサイトの管理人がイズムで、ユイ本人はリストカットをしており、薬の過剰摂取で亡くなりました。
彼女の遺言は、変われる人間から変わっていこうでした。ページはタイコとボックスとで、会社を設立しようと考えていました。それにイズムとアキラも参加することになります。
五人は皆で貯金をして、ボロボロの家を借りて事務所とします。アキハバラ@DEEPが設立されます。インド人のジャンクショップ屋から、パチもんのパソコンを買って並べます。
アキラをメインにしたホームページだけでは、ちょっと寂しいとページは考えます。アキラの試合が行われて、そこには中込も来ていました。
アキラはチャンピオン候補の強さを持っていて、人気のある選手です。試合中にフラッシュバックを起こして、相手選手が気絶しても殴り続けてしまいます。
アキラは幼い頃、義理の父親に暴力を振るわれていて、包丁で刺すという事件を起こしていたのです。

【承】- アキハバラ@DEEPのあらすじ2

渡会フジ子も、ここでは常連で有名な選手でした。試合が終わって、中込はアキラを格闘ゲームのイメージキャラクターに起用したいと言ってきます。アキラは条件として、ポスターなどを自分たちで決めることを要求します。
中込は、デジコピがアキハバラ@DEEPのサイトに広告を出せてもらい、契約金として一人100万ずつ出すと交渉してきます。
契約成立となり、アキラがイメージキャラクターとなった格闘ゲームは大々的に宣伝されます。売れ行きも好調となり、中込はページらにボーナスを支給します。
アキハバラ@DEEPのメンバーは焼肉を食べに行きます。そこでページは新しいサーチエンジンを作りたいと皆に発表します。
それはユイの人工知能プログラムを使ったもので、使えば使うほど学習し、自分だけのカスタマイズが自然とできる進化型のサーチエンジンです。
ページは他にも多くの人々に、ユイに救われたことを提供したいと考えていました。イズムの指揮の下、五人は膨大なデータを入力していきます。
しかし、行き詰まってしまいます。そこでページは、皆を見て閃きます。それはキャラクターの違う五種類のAIをサーチエンジンに組み込むことでした。
物事を冷静に考える知的なラウンダー、細かいことに気を配る親切なネイバー、常に逆説的に考える異端者のオポーザー、飛び跳ねるアグレッシブさを持つジャンパー、そしてまとめ役の五種類です。
このサーチエンジンに、デジコピ執行役員でチーフクリエイターの遠阪直樹は目にします。中込にこのことを話します。

【転】- アキハバラ@DEEPのあらすじ3

興味を持った中込は、五人を自宅に招待します。アキラとイズムは遠慮し、残りの三人が行くことにします。
豪華な家に食事で、三人は驚きっぱなしです。中込はアキハバラ@DEEPを買収したいと話しを切り出します。20億の小切手を出されて、三人は狼狽えます。
タイコとボックスは、中込に概ね好感を持ちますが、ページは違いました。彼は無料で提供したいと考えていて、中込にこのサーチエンジン「クルーク」を渡せば、ユーザーから料金をとることになります。
ページは無料でネットの海を泳げたことを嬉しいと考えていて、中込のやり方に反対をします。
中込は三人に自分の秘密を見せます。彼はアルバイトで雇った女の子を部屋の中に閉じ込めていました。
ロボットのような手を操作して、食事を与えます。毎週交代で女の子がやってきて、50万も出せばほいほい来るんだと語ります。潔癖症のボックスは、その様子を見て吐いてしまいます。
後日、中込からメールが来て、一同はパーティーに招待されます。中込はここで、アキハバラ@DEEPと提携を結んだと発表します。
しかし、ページはマイクを使って、皆の前で拒否します。ページの考えに他の四人は賛同していました。中込は見えない所で本性を出します。
そしてアキハバラ@DEEPの事務所や、皆の家に泥棒が入ります。警察は同時に何件も起こしていることから、プロの犯行だと言います。
パソコンだけでなく、ユイのサーバーも盗まれてしまいました。中込の仕業だと分かっていても、五人は手の出し用がありませんでした。

【結】- アキハバラ@DEEPのあらすじ4

中込の福利厚生をけちっている支配者階級的な会社運営は、契約社員らにとっては許せないものでした。彼らは覆面を被り、ダリットと名乗って抗議のデモを行っています。
リーダー的存在の加藤は、中込から送り込まれた奴らに袋叩きにされます。彼の恋人でもある遠阪は、このまま目を覚まさないかもしれないと悲しんでいます。
遠阪は、元天才ハッカーのマウスことページに、デジコピ本社の見取り図と自分のIDカードを渡します。A区画にあるサーバーを奪取する手助けをしてくれます。
しかし、遠阪は一人でいる時に襲われて、足をバッドで殴られて悲鳴をあげます。
彼だけでなく、イズムはパンツ一丁にされて、日の当たる場所に放り出されます。ボックスは川に落とされます。アキラは渡会フジ子と勝負することになり、リングの上で腕をとられて悲鳴をあげます。
ページとタイコは拉致されます。タイコは拷問されてフリーズし、ページは自白剤を注射されて、いじめられてた時のことを思い出しておかしくなります。二人とも路上に放り出されます。
それから一ヶ月が経ち、五人は装備を整えます。そして加藤らと協力します。彼らが外でデモをしてる間に、内部に潜入します。
警備員たちがやってきて、持ち前の装備で突破します。そしてSS隊員が現れて、ジェットストリーマーアタックを披露します。
アキラとボックスが戦ってる間に、ページがAを区画のパスワードを手に入れます。訓練をしてましたが、ボックスは足を折られてしまいます。
ページが乗り込むと何もなく、中込のところに向かいます。彼はサーバーを渡してきます。
渡会フジ子は契約を切ったらからと逃がしてくれます。ついでに閉じ込められてる女の子を連れて行くようにと、ページらに伝えます。
出口にたどり着くと、加藤らが警備員を押してやってきてました。ページはカツラと噂されていた、中込のカツラを高々と掲げます。加藤らが声をあげて、アキハバラ@DEEPと連呼し、ページは笑顔で応えます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、下級と呼ばれている若者たちが、協力していく様子を描いています。会社を設立させて、サーチエンジンを開発する姿に青春を感じます。
また、悪どい会社のCEOから高額な金を掲示されても、理想を追い求めて断る様子にグッときます。
そして登場人物の個性が光る作品です。イズムのスーツの衣装は特徴的で、アキラこと山田優の格闘技シーンは印象的でした。
あとはページこと成宮寛貴の喋り方も印象的でした。ちょい役で山ちゃんが出ていたりと、豪華な出演者が見所な映画です。
アキハバラ@DEEPの事務所はボロいけれど、風情があってベランダが特に良い感じです。追いかけられる場面では町並みも映し出されます。
最後まで見終わって、仲間たちと協力することの大切さを教えてくれる映画と感じました。

映画の感想を投稿する

映画「アキハバラ@DEEP」の商品はこちら