映画:アフリカンドクター

「アフリカンドクター」のネタバレあらすじと結末

アフリカン・ドクターの紹介:2016年のフランス映画で、実話に基づいて制作されたコメディドラマ。独裁政権の国を離れ、フランスの田舎町に引っ越してきた医者の一家が、初めて黒人を見る町民たちと奮闘する姿を描いている。

あらすじ動画

アフリカンドクターの主な出演者

アン(アイサ・マイガ)、ラヴィーン(ジョナサン・ランバート)、カミニ(バイロン・レブリ)、セヨロ(マルク・ジンガ)、シヴィ(メディナ・ディアラ)、ジーン(ルーファス)

アフリカンドクターのネタバレあらすじ

【起】- アフリカンドクターのあらすじ1

1975年のリールの医科大学で、医学博士の国家資格を取得したセヨロは、祖国の大統領の主治医の仕事を友人から紹介されます。
しかし、フランスに住みたいセヨロは、パリの北にある田舎町で、町長が定住してくれる医師を探していたことから、そちらの仕事を引き受けることにします。
ザイールにいる家族を呼び寄せて、セヨロは田舎町に住み始めます。
パリだと聞いていた家族は、あまりの田舎ぶりに怒りっぱなしでした。
セヨロたちは黒人ということもあり、村の人々から冷たい視線を浴びます。
町長の紹介で妊婦が診察に来ますが、セヨロを見て帰ってしまいます。
病院に電話がかかってきたので、セヨロは出張診察に行きますが、銃で脅されて帰る羽目になります。
その話しを聞いた家族は、夕食の席で大爆笑します。
ラヴィーンは次の選挙で勝つために、セヨロを利用しようとしていました。このままセヨロが町民の信頼を得られなければ、次の当選で有利になれます。
セヨロは町民の信頼を得るために、バーに行って町民たちと酒を飲んだり、ダーツをしたりします。
町で挨拶もして、町民と握手もするセヨロでした。

【承】- アフリカンドクターのあらすじ2

次第に町民と打ち解けていったセヨロは、彼らの体の不調を聞いて、診察ができると話します。
初めての患者が病院に来てくれますが、お金を請求すると、笑われて帰られてしまうのでした。
セヨロの妻・アンは、話す友達がいなくて、祖国に電話を度々していました。そのことから、多額の電話代を請求されて、セヨロは激怒して困ります。
町長に協力を求めても、セヨロのことで状況が悪く、財政援助の余裕はありませんでした。
セヨロは息子のカミニから、黒人の医者がいないと学校で習ったと言われます。いずれ信じてもらえると、息子に伝えるセヨロでした。
家族には内緒で、患者がこないこともあり、セヨロは酪農を手伝うことにします。
怪しんだアンは、ある朝夫の後をつけていき、別の仕事をしていることに怒ります。
町人は隣町の病院に行っていました。そのことを愚痴るアンは、夫が大統領の主治医の話しを断ったことを聞いて激怒します。
子どもたちのためだと言い返すセヨロでしたが、アンの怒りは収まりませんでした。

【転】- アフリカンドクターのあらすじ3

クリスマスになり、セヨロの親戚が大勢やってきます。教会に行って、町民たちがいる中で、彼らはゴスペルを大熱唱します。
町民はドン引きしており、彼らに合わせたいセヨロは、親戚に怒り始めます。
すると、最初に病院にやってきた妊婦の子供が生まれそうになり、セヨロは急いで向かいます。
妊婦はセヨロに診てもらうこと嫌がりますが、隣り町まで持たないこと、命が懸かっていることから、仕方なく承諾します。
セヨロのアドバイスのおかげで、無事に出産することができ、妊婦も彼女の夫も感謝します。
その後、セヨロの親戚も町民もみんな仲良くなって、出産のお祝いをするのでした。
翌日から、セヨロの病院に診察の電話が鳴り続けます。また、行列ができるほど、患者が訪ねてきてくれます。
セヨロの娘のシヴィは、いつも仲間はずれにされていました。しかし、男の子たちにサッカーで勝負を挑みます。シヴィの技術の高さに、男の子たちは敵いませんでした。シヴィを応援する生徒の声が鳴り響きます。

【結】- アフリカンドクターのあらすじ4

順調に思えたセヨロ一家でしたが、ラヴィーンの策略が展開されていきます。
セヨロは警官に、逮捕状を突きつけられてしまうのでした。
理由は、保健省からの特別免除が保留になったからでした。セヨロは孤児なので、出生国の証明書が必要なのです。この件が解決するまで、仕事ができないセヨロでした。
サッカーの試合が行われ、シヴィは大活躍します。町民たちはシヴィに大声援を送りました。
しかし、働けないセヨロは、引っ越しをしなければならないと、町民たちに話します。
町民たちはラヴィーンではなく、町長に投票すれば、何とかしてくれると思います。
やる気のなかった町民たちでしたが、選挙事務所に向かいます。
その後、子どもたちの劇が行われます。それはセヨロを主人公にした劇でした。カミニがセヨロの役をします。町民たちはその素晴らしい劇に拍手を送り、ラヴィーンは帰っていきます。
子供が親を救うきっかけを作ってくれたのです。町長は再選することができます。
町民たちが請願書に署名してくれたことで、セヨロはこの町の医師として再び働けるようになります。秘書が必要になり、アンが務めることになります。2人はいつも一緒に働きました。
セヨロは死ぬまで患者と共にいました。葬儀の日、彼は町民全員の予約を入れていたのです。葬儀に訪れた人々を見て、カミニは父の願いが叶ったと語ります。
2009年8月30日に、セヨロは交通事故で亡くなりました。シヴィは医師の道に進み、カミニはコメディアンになりました。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、田舎の温かい風景とのどかな音楽が心を落ち着かせてくれます。牛の鳴き声や、餌を食べている場面がとても印象的です。
そして所々に面白い場面があり、特にセヨロが銃で脅されたことを家族に話すシーンは笑えます。セヨロの家族と共に、大爆笑できる場面です。
黒人差別の残る時代で、家族と共に立ち向かったセヨロの姿に、深い感動を覚える作品にもなっています。最後の葬儀の場面での語りには、涙を流さずにはいられなくなります。
最初は冷たい視線を浴びていたセヨロたちでしたが、自ら行動を起こして友好関係を築き上げていく姿は、現代において大切なことだと感じました。希薄になっている人間関係を、自ら行動して築きあげる大切さを教えてくれる、素晴らしい映画です。ぜひ多くの人に見てもらいたい一作です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「アフリカンドクター」の商品はこちら