映画:アルキメデスの大戦

「アルキメデスの大戦」のネタバレあらすじと結末

アルキメデスの大戦の紹介:2019年7月26日公開の日本映画。第二次世界大戦を数学者の視点で描いた、三田紀房の同名コミックを山崎貴監督が映画化した人間ドラマ。巨大戦艦の建造に異を唱える海軍少将・山本五十六と、彼に協力することとなった天才数学者が軍部に立ち向かっていく。主人公の数学者を菅田将暉、山本五十六を舘ひろしが演じる。

あらすじ動画

アルキメデスの大戦の主な出演者

櫂直(菅田将暉)、田中正二郎(柄本佑)、尾崎鏡子(浜辺美波)、大里清(笑福亭鶴瓶)、大角岑生(小林克也)、宇野積蔵(小日向文世)、永野修身(國村隼)、嶋田繁太郎(橋爪功)、平山忠道(田中泯)、山本五十六(舘ひろし)、大里商船の事務員(波岡一喜)、セツ(木南晴夏)、藤岡喜男(山崎一)、蒲瀬和足〔参謀〕(飯田基祐)、高任久仁彦(奥野瑛太)、尾崎留吉(矢島健一)、料亭の女将(角替和枝)、下宿の大家(池谷のぶえ)、造船会社の部長(天野ひろゆき)、若い士官(石田法嗣)、ナレーション(窪田等)

アルキメデスの大戦のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①新造艦会議で巨大戦艦を推す嶋田と、航空母艦を推す山本五十六が対立。戦艦の建造費用が安すぎると踏んだ山本は、帝大数学科を中退した天才数学者・櫂に計算を頼む。 ②櫂は見積もりを出した。会議では航空母艦が採択された。櫂の力を認めた平山中将が協力を乞い、戦艦大和がのちに作られた。

【起】- アルキメデスの大戦のあらすじ1

アルキメデスの大戦のシーン1 〔昭和20年4月7日 坊ノ岬沖〕

米軍の爆撃機が、日本の巨大戦艦〝大和(やまと)〟を攻撃していました。
大和のほうでも爆撃機を攻撃しますが、撃墜した機から脱出したパイロットは、米軍の戦闘機に回収されています。

やがて大和は攻撃に耐えかねて、傾いて沈みます。
ひっくり返った艦(ふね)は、モクモクと煙を吐きながら沈没しました…。


〔この時 3000名余りの
乗組員の命が失われた
その12年前〕

昭和8年、日本は激動の時代の中で、大きく揺れていました。
世界恐慌で疲弊した国力の回復を目論んだ日本は、この前年、満州国建国を宣言します。
同じく中国進出を目論む欧米列強との対立を深めた日本は、この年、国際連盟を脱退しました。
日本は世界の中で、孤立を深めていたのです…。


〔海軍第一航空戦隊 旗艦 赤城〕

発艦を見る山本五十六海軍少尉は、これからの戦争は航空機での戦闘が主流になると考えていました。
巨大戦艦は不要で、航空機を多数搭載し、海上基地の役割を果たす航空母艦こそが、必要だと考えます。

山本は藤岡喜男造船少将に命じ、新しい航空母艦の模型を作らせていました。

模型を見ながらも、嶋田繁太郎海軍少尉の反対にあうだろうと、山本は考えます。
海軍においては海での戦闘を重視するために、巨大戦艦にあこがれを持つのです。

しかし山本は、これから日本がまた大戦をするだろうと考えていました。
日露戦争で勝利を収めた日本国は、大戦に臆しない機運を持っています。
その時に備えて、航空母艦を建造したいと山本は考えます。


〔海軍省〕

少しでも味方を増やしたい山本は、藤岡とともに、海軍省の永野修身海軍大将をひきこみます。
いっぽうの嶋田陣営は、平山忠道造船中将がついていました。


〔第一回新造艦検討会議〕

日本海軍は戦艦〝金剛〟にかわる戦艦を作るための、会議をおこないます。
航空母艦を提案する山本に対し、予想どおり、嶋田は戦艦を提案しました。

山本も嶋田も模型を示して主張をし、どちらも譲りません。
巨大戦艦にするか、航空母艦にするかの結論は、半月後に持ち越されました。


料亭に席を移した山本、藤岡、永野は、嶋田と平山の案を却下する方法がないか、相談します。
会議の際に、ひとつ気になったことがありました。

山本側が提案した航空母艦〝藤岡案〟は、建造費が8900万円かかります。
それに対し、嶋田側が提案する巨大戦艦は、航空母艦よりも大きなものなのに、建造費の見積もりが9300万円と、大差ない金額を提示していました。
これはいずれも現在の1600億円、1700億円です。

「虚偽の数字を出している」ことが証明されれば、でたらめを糾弾すれば、平山案を退けられると考えた山本は、巨大戦艦の見積もりが計算できればいいと思います。
問題は、たった2週間でその計算をするのは、難しいということでした。

山本は、近いうちにまた大戦が起きると考えていました。
戦争を断ち切るためにも、巨大戦艦を作る計画を白紙にするべきだと、山本は思っています。


山本たちが打ち合わせをする料亭の別の部屋で、櫂直という若者が、芸者を集めてメジャーで計測をしていました。
芸者を部屋に呼べず腹を立てた山本たちは、櫂の部屋に行き、櫂と話をします。

櫂は帝国大学の数学科に所属する、大学生でした。
尾崎財閥の令嬢・鏡子の家庭教師をしながら、書生で帝国大学に通っていました。
ところが鏡子と心を通わせたために、櫂は大学を退学し、家庭教師の仕事も干されます。
落胆した櫂は日本を見限り、アメリカへ渡航するつもりです。

【承】- アルキメデスの大戦のあらすじ2

アルキメデスの大戦のシーン2 櫂の数学の能力が並々ならぬものではないと知った山本は、櫂をスカウトしようとしました。
巨大戦艦と航空母艦の話をあげて、嶋田たちの戦艦の見積もりをしてほしいと頼みます。
ところが櫂は、翌日アメリカにわたり、プリンストン大学へ進学すると答えました。
山本は、そのアメリカこそが、次の大戦の際に敵国となるであろうと言います。

櫂は、日本とアメリカが戦った際には、日本が負けると考えました。
日本に未練はないのですが、日本国民として、見捨てることができません。
櫂は渡航を取りやめて、山本のところへ行きました。山本が言っていた、平山案の見積もりの仕事を引き受けます。


山本は櫂に、少佐という階級を与えました。
軍人を嫌う櫂は最初断りますが、軍隊では階級が大事だと山本に説得されて、呑みました。
櫂はまた、田中正二郎少尉をつけてもらいます。

櫂は海軍の中枢にある、経理局に任官されました。
以後、田中と櫂は刻限まで尽力します。


〔最終決定会議まで あと13日〕

見積もりをするために最初に必要なのは、巨大戦艦の設計図を作ることでした。
当然のことではあるのですが、巨大戦艦の設計図は手に入りません。
「軍事機密」…、通称:軍機だからです。

櫂は造船に関する専門書を読み、おおまかな造船の知識を得ました。船がどういう理屈で動くか、理解します。
平山に会って話を聞いた櫂は、見積もりの金額になにかからくりがあるか打診しますが、掴めませんでした。


〔海軍技術研究所〕

自力で平山案の戦艦の設計図を作ろうと、櫂は思います。
とにもかくにも実物の戦艦を見たいと思った櫂は、それを田中に告げました。

永野中将に頼み、田中と櫂は、横須賀沖に停泊している戦艦〝長門〟に乗艦します。
櫂と田中は、艦長の宇野に案内をしてもらいました。
田中が艦長をひきつけて中座させ、そのあいだに櫂が艦内に保管されている設計図を見つけ、短時間でメモします。

〝長門〟に一泊した櫂は、艦を降りるぎりぎりまで、メジャーで計測しました。
小さなメジャーであちこちを測る櫂を見て田中は呆れますが、櫂が「美しいものを見たら測る」と真顔で言うので、田中も協力しました。

艦を降りたあと、櫂は早速、手に入れた情報をもとに設計図を作っていきます。
設計図は精巧なもので、とても素人のものとは思えない図でした。

【転】- アルキメデスの大戦のあらすじ3

アルキメデスの大戦のシーン3 山本が櫂を使い、なにかの計画を練っていると知った嶋田側は、高任久仁彦海軍中尉に指示し、探らせます。
高任は櫂を監視します。
さらに尾崎家へ行った高任は、使用人のセツを買収し、令嬢の鏡子と櫂が恋仲になったために、帝大を退学させられたことを知りました。


〔最終決定会議まで あと10日〕

櫂は図を起こし、計算を試みます。
櫂が詰める経理局の部屋に、櫂と鏡子の醜聞に関する張り紙がなされました。いやがらせです。
櫂は、いわれのない誹謗中傷に気分を害しました。


〔最終決定会議まで あと9日〕

全長260mを超す戦艦の設計図を、櫂は完成させました。
これでようやく全貌が見えてきたと櫂は思いますが、次に問題になるのは「価格表」でした。
材料の値段が分からないことには、計算のしようがありません。

ここでひとつの障碍がありました。
民間の会社が協力してくれないのです。
軍事機密の壁にぶちあたり、櫂は苦戦します。


〔最終決定会議まで あと13日〕

鏡子と会った櫂は、鏡子から思わぬ情報を得ます。
大阪のほうで小さな造船会社を営んでいる、大里清という男性と、鏡子は知己でした。
鏡子の家は財閥なので、大里と知り合いなのです。

鏡子に紹介状を書いてもらい、櫂と田中は列車で大阪へ向かいます。


〔最終決定会議まで あと7日〕

鏡子の手紙を渡しますが、大里は難色を示しました。
協力したくないという大里を口説くために、櫂は待ち伏せし、何度も大里を説得します。


〔最終決定会議まで あと6日〕

大里造船に櫂と田中は詰めかけて、大里を説得しようとしました。
すると大里は、2人を避け始めます。
時間切れになるとあせり始めたころ、鏡子が応援にやってきました。
鏡子を無視するわけにいかず、大里も顔を出します。

櫂は自分で作った戦艦の設計図を広げ、大里を口説きました。
設計図の緻密さに大里は感心し、協力をすると言い出します。
会社の奥にある台帳を取り出してきて、見せてくれました。
価格表だけでなく、人件費も書かれており、大きく一歩、櫂の作業は前進しました。

しかし会議までは、1週間を切っています。
ふつうの計算方法では間に合いません。


計算を急ぐ櫂のもとへ、永野中将から電報が届きました。
嶋田側からの妨害が入り、なんと会議の開催日が、明日の午前11時に前倒しになったのです。
急いで列車で戻らないと間に合わない時刻で、計算どころではありません。

櫂は、綿密に書いていた設計図を破ります。
やけになって破ったのではありません。
破ったパーツごとに、計算をするためです。

【結】- アルキメデスの大戦のあらすじ4

アルキメデスの大戦のシーン2 櫂は、単に計算するのではなく、計算式を考え始めました。
鉄の総量さえ分かれば、おおまかな代金が分かるような関数の数式を、導き出そうと考えます。
パーツごとの鉄の総量を調べるよう田中と鏡子に告げると、櫂は関数に向かいます。


〔最終決定会議まで あと13時間〕

大阪から関東へ戻ろうと、櫂、田中、鏡子が身支度します。
見送る大里は、おにぎりを3人に持たせました。
健闘を祈ると、大里は櫂に告げます。

車中でも3人は手分けして、おにぎりを片手に計算にいそしみます。


〔最終決定会議まで あと7時間〕

3人は東京へ着きました。
櫂と田中は、鏡子と別れます。


〔最終決定会議〕

会議が始まってもまだ、櫂は計算を続けていました。

会議で藤岡案がまず、発表されます。
続けて平山案が発表されますが、会議では、平山案がすでに決まったかのように、話を進められます。
それというのも、見積もりの金額が安いからでした。
安くあがったほうが効率がよいということで、戦艦の話が進められます。

櫂が方程式を作りました。
鉄の総量が分かれば、建造費用が算出できる式を示します。

数式に疑問を抱く平山や嶋田に、過去の戦艦のケースを当てはめて、櫂が算出をしました。
400トンかかった〝千鳥〟が228万円、9700トンかかった〝妙高〟は2816万円と、櫂は当ててみせます。

この数式をもとに算出すると、平山案の巨大戦艦の見積金額は、1億7564万円でした。
とてつもない金額です。
低い見積もりの額を出しても強気でいられるのは、尾崎商船との癒着があるからだと、火を見るよりも明らかでした。

櫂はそれを示しますが、嶋田が釈明をします。
虚偽の数字に置き換えたのは、敵を欺くためなのだというのです。
…1億以上の建造費をかけて作ったことが敵国に知れると、敵はより大きな、金のかかるものを作ってしまうだろう、だから敢えて低い金額を示したのだ、この国を思ってのことだと、嶋田は美談にしてしまいました。

こうして会議では、平山案に決まってしまいました。
無念の櫂は、仕方なく引き下がります。


櫂の書いた設計図を見て、平山が感心しました。
平山と接した櫂は、「海洋波を想定しているのか」と聞きます。
大波に対する想定が甘いと櫂が指摘し、平山もそれを認めました。
平山は、自分の設計図が誤っていると言い、重大な欠陥を見落として提案したことを詫び、引き下げます。
こうして平山案は白紙に帰され、藤岡案の航空母艦が採択されました。


会議のあと、平山は櫂を自室に呼びます。
そこには巨大戦艦の模型がありました。
それを見た櫂は、「この怪物を作ってはいけない」と警戒します。

しかし平山は櫂を、説得します。
艦を作ろうが作るまいが、すでに日本は戦争へ向かう道が決まっていると、平山は指摘しました。
日露戦争で勝った興奮に人々は酔いしれており、日本人は引き下がることはないと言った平山は、いずれ、日本がアメリカと戦うだろうと認めました。

アメリカとの国力の差が歴然としていることは、平山も感じています。
むしろ、有頂天になっている日本というこの国の鼻柱を折るためには、美しく巨大で沈みそうにない巨大戦艦の姿を見せて期待させ、その戦艦に凄絶な最期を遂げさせることが必要ではないか…「よりしろ」となるような艦を作りたい…と平山は言います。

平山の言葉に、櫂は声が出ませんでした。
そんな戦艦ができた暁には、日本の象徴として〝大和(やまと)〟という名をつけたいと、平山は言います。
そのために櫂の力と数式が必要だと乞われ、櫂は悩みました…。


〔9年後 真珠湾攻撃から2ヶ月〕

号笛(サイドパイプ)の音を鳴らしながら発艦する巨大戦艦〝大和〟を見送りながら、櫂は泣いていました。
巨大戦艦の建造を反対していた櫂でしたが、平山に協力し、櫂は建造に携わっていました。

〝大和〟を見送る若者は、「まるで日本の象徴ですね」と櫂に声をかけます…。

(戦艦〝大和〟が沈没したことは、映画冒頭で示された)

〝この映画は史実に着想を得た
フィクションです〟

みんなの感想

ライターの感想

ユニークな切り口で戦争を描いているなと思った。ラストシーンがとにかく、印象的。
歴史を知っていれば、戦艦大和が撃沈されたことは、よく知られているだろう。
映画でも冒頭に、戦艦大和の撃沈のシーンから始まる。
映画の中盤で航空母艦が触れられるが、櫂が終始、向かっていたのは、大和。
作らせまいとするために向かい、終盤では、日本人に思い知らせるために、作らざるをえないという皮肉。
軍人を嫌っていた櫂が、海軍の内部に入って、嫌いながら徐々に軍隊に染まっていく様子と重なる。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「アルキメデスの大戦」の商品はこちら