映画:アルキメデスの大戦

「アルキメデスの大戦」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アルキメデスの大戦の紹介:2019年7月26日公開の日本映画。第二次世界大戦を数学者の視点で描いた、三田紀房の同名コミックを山崎貴監督が映画化した人間ドラマ。巨大戦艦の建造に異を唱える海軍少将・山本五十六と、彼に協力することとなった天才数学者が軍部に立ち向かっていく。主人公の数学者を菅田将暉、山本五十六を舘ひろしが演じる。

あらすじ動画

アルキメデスの大戦の主な出演者

櫂直(菅田将暉)、田中正二郎(柄本佑)、尾崎鏡子(浜辺美波)、大里清(笑福亭鶴瓶)、大角岑生(小林克也)、宇野積蔵(小日向文世)、永野修身(國村隼)、嶋田繁太郎(橋爪功)、平山忠道(田中泯)、山本五十六(舘ひろし)、大里商船の事務員(波岡一喜)、セツ(木南晴夏)、藤岡喜男(山崎一)、蒲瀬和足〔参謀〕(飯田基祐)、高任久仁彦(奥野瑛太)、尾崎留吉(矢島健一)、料亭の女将(角替和枝)、下宿の大家(池谷のぶえ)、造船会社の部長(天野ひろゆき)、若い士官(石田法嗣)、ナレーション(窪田等)

アルキメデスの大戦のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①新造艦会議で巨大戦艦を推す嶋田と、航空母艦を推す山本五十六が対立。戦艦の建造費用が安すぎると踏んだ山本は、帝大数学科を中退した天才数学者・櫂に計算を頼む。 ②櫂は見積もりを出した。会議では航空母艦が採択された。櫂の力を認めた平山中将が協力を乞い、戦艦大和がのちに作られた。

【起】– アルキメデスの大戦のあらすじ1

アルキメデスの大戦のシーン1

画像引用元:YouTube / アルキメデスの大戦トレーラー映像

〔昭和20年4月7日 坊ノ岬沖〕

米軍の爆撃機が、日本の巨大戦艦〝大和(やまと)〟を攻撃していました。

大和のほうでも爆撃機を攻撃しますが、撃墜した機から脱出したパイロットは、米軍の戦闘機に回収されています。

やがて大和は攻撃に耐えかねて、傾いて沈みます。

ひっくり返った艦(ふね)は、モクモクと煙を吐きながら沈没しました…。

〔この時 3000名余りの

乗組員の命が失われた

その12年前〕

昭和8年、日本は激動の時代の中で、大きく揺れていました。

世界恐慌で疲弊した国力の回復を目論んだ日本は、この前年、満州国建国を宣言します。

同じく中国進出を目論む欧米列強との対立を深めた日本は、この年、国際連盟を脱退しました。

日本は世界の中で、孤立を深めていたのです…。

〔海軍第一航空戦隊 旗艦 赤城〕

発艦を見る山本五十六海軍少尉は、これからの戦争は航空機での戦闘が主流になると考えていました。

巨大戦艦は不要で、航空機を多数搭載し、海上基地の役割を果たす航空母艦こそが、必要だと考えます。

山本は藤岡喜男造船少将に命じ、新しい航空母艦の模型を作らせていました。

模型を見ながらも、嶋田繁太郎海軍少尉の反対にあうだろうと、山本は考えます。

海軍においては海での戦闘を重視するために、巨大戦艦にあこがれを持つのです。

しかし山本は、これから日本がまた大戦をするだろうと考えていました。

日露戦争で勝利を収めた日本国は、大戦に臆しない機運を持っています。

その時に備えて、航空母艦を建造したいと山本は考えます。

〔海軍省〕

少しでも味方を増やしたい山本は、藤岡とともに、海軍省の永野修身海軍大将をひきこみます。

いっぽうの嶋田陣営は、平山忠道造船中将がついていました。

〔第一回新造艦検討会議〕

日本海軍は戦艦〝金剛〟にかわる戦艦を作るための、会議をおこないます。

航空母艦を提案する山本に対し、予想どおり、嶋田は戦艦を提案しました。

山本も嶋田も模型を示して主張をし、どちらも譲りません。

巨大戦艦にするか、航空母艦にするかの結論は、半月後に持ち越されました。

料亭に席を移した山本、藤岡、永野は、嶋田と平山の案を却下する方法がないか、相談します。

会議の際に、ひとつ気になったことがありました。

山本側が提案した航空母艦〝藤岡案〟は、建造費が8900万円かかります。

それに対し、嶋田側が提案する巨大戦艦は、航空母艦よりも大きなものなのに、建造費の見積もりが9300万円と、大差ない金額を提示していました。

これはいずれも現在の1600億円、1700億円です。

「虚偽の数字を出している」ことが証明されれば、でたらめを糾弾すれば、平山案を退けられると考えた山本は、巨大戦艦の見積もりが計算できればいいと思います。

問題は、たった2週間でその計算をするのは、難しいということでした。

山本は、近いうちにまた大戦が起きると考えていました。

戦争を断ち切るためにも、巨大戦艦を作る計画を白紙にするべきだと、山本は思っています。

山本たちが打ち合わせをする料亭の別の部屋で、櫂直という若者が、芸者を集めてメジャーで計測をしていました。

芸者を部屋に呼べず腹を立てた山本たちは、櫂の部屋に行き、櫂と話をします。

櫂は帝国大学の数学科に所属する、大学生でした。

尾崎財閥の令嬢・鏡子の家庭教師をしながら、書生で帝国大学に通っていました。

ところが鏡子と心を通わせたために、櫂は大学を退学し、家庭教師の仕事も干されます。

落胆した櫂は日本を見限り、アメリカへ渡航するつもりです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アルキメデスの大戦」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×