映画:イヌゴエ

「イヌゴエ」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

イヌゴエの紹介:2006年公開の日本映画。〝臭気判定士〟として働く内気な青年が、ある日ブルドッグの心の声が聞こえるようになった騒動を、温かくつづったコメディ。直後にTVドラマ版が作られ、更に映画の第2弾も制作された。

あらすじ動画

イヌゴエの主な出演者

芹澤直喜(山本浩司)、ペス〔ジョン〕(声:遠藤憲一)、力石創(村上淳)、道場はるか(馬渕英里何)、音無ちぬ(宮下ともみ)、ペットショップの店員(手塚とおる)、主婦(渡辺真起子)

イヌゴエのネタバレあらすじ

【起】– イヌゴエのあらすじ1

芹澤直喜は幼少期から犬のように鼻が利く体質でした。その嗅覚を利用して〝臭気判定士〟として働いています。

仕事面では活かせる能力ですが、鼻が利きすぎる直喜の日常生活は快適ではありませんでした。そのため直喜は、外出時には常にマスクを装着しています。

26歳の直喜には恋人・はるかがいますが、最近うまくいっていません。消極的でいつもネガティブな直喜に、はるかは苛々しっぱなしでした。

ある日、直喜は父から一方的に飼い犬・ペスの世話を押し付けられます。同窓会で関西に出かける父は、留守の直喜宅に押し掛けてビデオメッセージを残しました。小型犬のフレンチブルドッグを父はホームセンターで拾ったそうです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「イヌゴエ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ