「インサイドルーウィンデイヴィス名もなき男の歌」のネタバレあらすじ動画と結末

ヒューマンドラマ

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌の紹介:2013年公開。1961年のニューヨークで活動するフォークシンガーの姿を描いている作品。コーエン兄弟が監督、脚本、編集を務め、オスカー・アイザック主演で贈るコメディドラマ。キャリー・マリガンやジョン・グッドマンらも出演し、カンヌ国際映画祭では審査員特別グランプリを受賞した。

あらすじ動画

インサイドルーウィンデイヴィス名もなき男の歌の主な出演者

ルーウィン・デイヴィス(オスカー・アイザック)、ジーン・バーキー(キャリー・マリガン)、ローランド・ターナー(ジョン・グッドマン)、ジョニー・ファイヴ(ギャレット・ヘドランド)、ジム・バーキー(ジャスティン・ティンバーレイク)、バド・グロスマン(F・マーリー・エイブラハム)、トロイ・ネルソン(スターク・サンズ)

インサイドルーウィンデイヴィス名もなき男の歌のネタバレあらすじ

【起】- インサイドルーウィンデイヴィス名もなき男の歌のあらすじ1

1961年のガスライト・カフェで、ルーウィンはフォークソングを歌っています。歌い終わると、観客から拍手をいただけます。
店主のパッピから、ダチが待っていると言われ、ルーウィンは裏手へと向かいます。暗がりから男が現れて、昨夜のヤジで怒ってきます。殴られるルーウィンでした。
この日を遡ること、家のないルーウィンはゴーファイン教授の家に泊まらせてもらっていました。相棒のマイクとのレコード「翼があれば」を見つけます。
出かける時に猫が玄関から出てしまい、ルーウィンはゴーファイン教授に電話をします。あいにく授業中と言われ、家の鍵を持ってないことから、ルーウィンは仕方なく連れて出かけることにします。
ソロ活動をし始めたルーウィンは、契約会社のレガシー社に行って、メルに前金を貰いに行きますが、貰えたのは40ドルでした。
その後、ジーンに泊まらせて欲しいと頼みに行くと、先にトロイが泊まる予定だと言われます。
ルーウィンは猫と床で寝ることになります。ジーンが妊娠したことをメモに書いて報告し、ルーウィンは驚いてしまいます。
ジムに金を貸して欲しいと頼むルーウィンでしたが、ジーンに黙って貸すことはできないと拒否されます。カフェでジム、トロイ、ジーンの歌が披露されます。3人の歌に観客は続いて歌い、パッピも悪くないなと褒めます。その様子を眺めるルーウィンでした。
翌朝、猫が窓から逃げてしまい、ルーウィンは急いで追いかけます。しかし見失ってしまいます。
ジムの子なら産みたいジーンでしたが、ルーウィンの子の可能性があることから、堕ろさなければなりませんでした。もちろんジムには言うことはできません。この怒りをジーンはルーウィンにぶつけます。
ルーウィンは費用を出すと言い、猫が帰ってくるかもしれないことから、非常口を開けておいてと頼みます。この寒いのにとジーンの怒りはさらに増幅していきます。ただ、ジーンはマイクが恋しいと言います。

【承】- インサイドルーウィンデイヴィス名もなき男の歌のあらすじ2

ルーウィンがゴーファイン教授に猫を明日返すと連絡すると、ジムから欠員が出たことを知らされます。ルーウィンは呼ばれることになり、コロンビア社に向かい、録音に参加することができます。
録音が終わって、フリーランスなら200ドルを小切手で払うと言われ、ルーウィンはメルに契約の許可をもらいに行きます。
しかしメルはお葬式に行って留守でした。1ヶ月以上前に、ルーウィンはグロスマンに曲を送っていました。返事はまだ来ていませんでした。代わりに、処分することからマイクとルーウィンの売れないレコードを渡されます。
ジーンと話すことにしますが、ルーウィンは将来のことを考えているのかと怒られます。そこへ逃げ出した猫が歩いていて、ルーウィンは捕まえることができてホッとします。
そして、録音の時に知り合ったアルのところへと向かいます。アルからは、ガソリン代を節約するために、シカゴに行かないかと誘われます。
中絶の予約に行ったルーウィンは、前回の分があるから無料だと言われます。前の恋人のダイアンが中絶しなかったことを、ルーウィンは初めて聞きます。
ダイアンは故郷のアクロンに帰り、出産すると言ったそうです。子供は2歳になっていると思われます。
猫を返しに行ったルーウィンは、夕食に招待されて、1曲歌って欲しいとリクエストされます。そこで古い曲を歌うことにしますが、ゴーファイン教授の妻がマイクのパートを歌い始めます。
それを聞いたルーウィンは激怒し、家を出て行くことにします。すると猫がオスでないことから、本当の猫はどこに行ったのかという話しになります。

【転】- インサイドルーウィンデイヴィス名もなき男の歌のあらすじ3

シカゴに行くことになり、ルーウィンはアルの友人のジョニーの車に乗ります。ジョニーはローランド氏の付き人でした。 
フォークシンガーだとルーウィンが自己紹介すると、相棒のことをローランドから聞かれます。ルーウィンはジョージ・ワシントン橋から、相棒が身を投げたことを説明します。
途中、休憩所に寄ると、ローランドが失神してしまいます。ジョニーは慌てる様子もなく、車に乗せることにします。ルーウィンは杖だけ運びます。
道路に駐車して休憩していると、警官が窓を叩いてきます。駐車禁止だと言われ、ジョニーは逮捕されてしまい、連行されていきます。
残されたルーウィンは、車のキーがないことから、意識のはっきりしないローランドと猫を置いて、ヒッチハイクをします。
ゲイト・オブ・ホーンに到着し、ルーウィンはグロスマンに会います。送った曲の「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」のことを彼に聞きます。
ここで出演させてもらえないかと、ルーウィンは交渉します。グロスマンは聞かせて欲しいと頼みます。
ルーウィンの演奏を聞いて、グロスマンは金の匂いがしないなと一言言います。
トロイのような才能がないことに、ルーウィンは元気がなくなります。グロスマンは、彼の歌は人の心に響くのだと説明します。
そしてトリオを考えているから、はもれないかと、ルーウィンにグロスマンは交渉します。ルーウィンは相棒がいたこともあり、できればやりたくないのだと説明して断ります。グロスマンから相棒とヨリを戻すように言われ、ルーウィンは良い助言をありがとうと帰ることにします。
ヒッチハイクをして成功し、ルーウィンが運転することになります。アクロンが見えてきますが、直進してしまいます。
ウトウトし始めたルーウィンは、猫が飛び出してきて急ブレーキを踏みます。車体に血が少しついており、離れた場所で猫が足を引きずっていました。

【結】- インサイドルーウィンデイヴィス名もなき男の歌のあらすじ4

ニューヨークに戻ってきて、ルーウィンは歌を捨てて商船に乗ることにします。会費が未納であることから、ルーウィンは148ドルを払うことにします。そして航海士の免許を持参するようにと言われます。
しばらく会えないことから、ルーウィンは父のいる施設に行きます。父が好きだった曲を披露すると、彼は漏らしてしまいます。
実家に預けていた荷物を捨てられ、ルーウィンは航海士の免許がなくて困ります。
ジーンに会いに行って、ルーウィンはもう疲れたと話します。ジーンは明日パッピが出演させてくれることになったと、ルーウィンに説明します。
航海士の免許の再発行に85ドルもかかり、ルーウィンは未納分の返金を頼みますが、応じてもらえませんでした。
歌を歌うことにして、カフェに行くとパッピが話しかけてきます。パッピはなぜジム&ジーンに人気があるか説明します。それはジーン目当てであるからだと理由を話します。そして自分もジーンとヤッたのだと話し出します。
ルーウィンは唾を吐き捨て、カフェで歌い出した女性にヤジを飛ばします。
追い出されたルーウィンは、再びゴーファイン教授の家に泊まらせてもらいに行きます。謝罪をすると、教授の妻のほうから謝ってきてくれます。すると今朝、猫のユリシーズが戻ってきたと言うではないですか。ルーウィンは猫の名前をここで知ることができます。
ルーウィンは映画館の前で、「3匹荒野を行く」という実話に基づいた映画のポスターを見ます。そして冒頭のカフェに戻って演奏を行います。最後に1曲と言って、ルーウィンは相棒のマイクとの曲、「翼があれば」を歌います。
歌い終わった後、冒頭と同じようにパッピからダチが来ていると言われます。向かったルーウィンは殴られます。その男は妻が歌っていたのだと言います。タクシーに乗って帰る彼を見て、ルーウィンはあばよと言います。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、ルーウィンが歌う数々の素晴らしい曲と彼の姿です。心に響く歌の数々に、フォークソング好きな方にはたまらなく、渋くて落ち着くルーウィンの歌う姿に目が離せなくなります。
映画全体を通して、相棒を失った悲しみや、散々な日々を過ごすルーウィンの雰囲気が出ており、暗いムードの漂う作品になっています。けれども、夢を叶えるために一人前へ進む彼の姿に、生きる希望を与えてもらえます。
今作では、猫が度々現れます。やんちゃに逃げる時、大人しくお腹の上に乗っている時など、その愛くるしさに癒やされること間違いなしです。音楽と猫を愛する方にお勧めする映画です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「インサイドルーウィンデイヴィス名もなき男の歌」の商品はこちら