「インビクタス/負けざる者たち」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

クリント・イーストウッド監督がモーガン・フリーマンとタッグを組み、南アフリカ大統領ネルソン・マンデラとラグビー代表チームの主将フランソワ・ピナールがワールドカップ優勝を勝ち取るまでの姿を描いた伝記映画。 反逆罪で27年ものあいだ刑務所に収監されていたマンデラは釈放後に大統領に就任するが、国内ではアパルトヘイト撤廃後も人種間の壁が根強く残っていた。 ラグビーを通じて国を一つにまとめ上げようと考えたマンデラは代表チームの主将・ピナールにコンタクトを取るが、チームは弱体化し存続の危機を迎えていた。

インビクタス/負けざる者たちの主な出演者

インビクタス/負けざる者たちのネタバレあらすじ

【起】– インビクタス/負けざる者たちのあらすじ1

※今回執筆いただいた内容は、別のID・に付け替えられて公開されました。

業務進行をいただいた内容が削除されたわけではありませんので、ご安心ください。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「インビクタス/負けざる者たち」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×