映画:ウォーリアー

「ウォーリアー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

ウォーリアーの紹介:2011年公開のアメリカ映画。総合格闘技を通して、二人の兄弟をメインに人々との絆を描いた作品。監督・脚本・制作は「ミラクル」のギャヴィン・オコナー。主演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディと「ティモシーの小さな奇跡」のジョエル・エドガートン。「白い刻印」のニック・ノルティや「ルール2」のジェニファー・モリソン、「パージ:アナーキー」のフランク・グリロも出演。

あらすじ動画

ウォーリアーの主な出演者

トミー・コンロン(トム・ハーディ)、ブレンダン・コンロン(ジョエル・エドガートン)、パディ・コンロン(ニック・ノルティ)、テス・コンロン(ジェニファー・モリソン)、フランク・カンパーナ(フランク・グリロ)

ウォーリアーのネタバレあらすじ

【起】– ウォーリアーのあらすじ1

アルコール依存症の父、パディからトミーは母と共に逃げ出します。その後、保険が無くて母は病死します。トミーは母の最期を看取って、海兵隊に入隊します。

仲間の誤爆をマニーと止めようとしましたが、生き残ったのはトミーだけでした。トミーはマニーの家族に何かしてやれることがあればする事を誓います。

海兵隊から逃げ出したトミーは、途中で閉じ込められた部隊を見つけます。装甲車のドアを素手でこじ開けて、助けて去ります。

それからパディの家に向かいます。何年ぶりかの再会で、パディはアルコールを絶ってから1000日と言います。シラフなパディにトミーは拍子抜けします。

世間では総合格闘技の大会「スパルタ」の話題で持ちきりです。優勝賞金は500万ドルという破格です。

トミーが向かった先はジムでした。入会してトレーニングに明け暮れます。トミーは昔はレスリングの大会で優秀な成績を収めていました。

ある日、ジムではミドル級チャンピオンのマッドドックがスパーリング相手に困っていました。トミーが相手になると言い出して、リングに上がります。

見事にマッドドックを気絶させます。その様子はネット動画に投稿されます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ウォーリアー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×