「ウォールフラワー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

【承】– ウォールフラワーのあらすじ2

ウォールフラワーのシーン2

画像引用元:YouTube / ウォールフラワートレーラー映像

その後、パトリックとサムとチャーリーは3人で夜の街をドライブします。トンネルに差し掛かると、サムの大好きな曲が掛かり音量を上げサムは車の荷台に立ち、手を広げて風を感じます。その様子を見たチャーリーは「無限を感じる」と呟きます。

チャーリーの学校生活は向上していきます。家ではサムがくれたカセットを聞き音楽にハマり、学校では国語教師のアンダーソン先生と仲良くなり、宿題の他にチャーリーだけの課題、読書感想文を先生に見て貰ったり、おススメの本を貸してもらったりしています。そして何より仲間ができ自分の居場所を見つけられチャーリーの精神は安定していきます。

パトリックはブラッドと付き合い出した時、ブラッドは自分がゲイだと認めるのが怖くパトリックと会う時はいつも酔っ払っていて、次の日には覚えてないとパトリックを拒絶していました。その事にパトリックも傷ついていましたが、そばにいた仲間たちが彼を支えてくれたのでした。そしてブラッドはパトリックのサポートでお酒を断ち、今では素面でもパトリックを愛してくれているそうです。

チャーリーはパトリックたちと色々な経験をし、高校生活を謳歌していきました。時間は流れ、上級生たちは大学受験の準備に入ります。サムは適性試験の点数が志望校の合格ラインまで足りておらず、落ち込んでいました。チャーリーは再試に向けてサムに試験勉強の手伝いをする約束をし、そして自分で作ったオリジナルテープをサムに渡します。サムは喜んでくれました。

しかし、サムには大学生のクレイグという彼氏がいました。パーティーで踊るサムとクレイグを見ることしかできないチャーリー…。

その後、チャーリーはサムの受験勉強を手伝い、志望校の合格ラインまで達成することができ、サムはチャーリーに感謝します。季節は流れ、クリスマスイヴになりました。イヴはチャーリーの誕生日です。パトリックたちのクリスマスパーティーに参加し、皆でプレゼント交換、仲間たちとクリスマスパーティーを楽しみます。チャーリーはパトリックから「偉大な作家にはスーツが必要だから」とスーツをプレゼントされます。

チャーリーは、なんと皆一人ひとりへのプレゼントを用意しており、皆はチャーリーのサプライズに喜びます。特にサムはビートルズのレコードを貰い感激します。

そして、サムはチャーリーを自室に連れて行き、勉強を手伝ってくれたお礼にタイプライターをプレゼントします。チャーリーはサムに好きだと告白しますが、サムにはクレイグがいます。しかしサムはチャーリーにファーストキスをプレゼントします。

チャーリーは家に帰ると、家を離れ一人暮らししている兄クリスが帰ってきており、家族でチャーリーの誕生日をお祝いします。クリスはチャーリーの体調を心配して気にかけてくれ、チャーリーは安定していると伝え、友達ができたことやサムの事を話ます。その話を聞きクリスは安心します。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ウォールフラワー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×