「ウォールフラワー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

【結】– ウォールフラワーのあらすじ4

ウォールフラワーのシーン4

画像引用元:YouTube / ウォールフラワートレーラー映像

皆と映画に行くことになり、パトリックの家に行くと、メアリーには新しい彼氏ができており幸せそうです。チャーリーとパトリックは映画には行かず、2人でドライブに出掛けます。パトリックは気丈に明るく振舞っていましたが、ブラッドとのことに傷つき、パトリックの胸で涙を流して泣き出しました。

その後、サムの元に志望校の合格通知が届きます。パトリックはワシントン大へ、アリスもメアリーも大学へ合格し、皆の進路が決まりました。さらに、サムはクレイグが浮気していたことが分かり2人は別れることに…。

今学期の終わりの日、チャーリーは2年生へと上がります。国語のアンダーソン先生は来学期もチャーリーに課題を出してくれることになり、作家の才能があるとチャーリーの才能を認めてくれました。

卒業の日になり、皆はしゃいでいますがチャーリーは皆が居なくなってしまうことに不安を覚えます。サムが大学の寮に入るため街を離れる前日の夜、チャーリーはサムに自分の愛読書をプレゼントします。そしてお互いの気持ちを確認し、2人はキスをします…。

その時、チャーリーは不意に幼い時、叔母ヘレンから性的虐待を受けていたことを思い出しました。次の日、サムは街を去って行きました。

叔母が死んだ日、叔母はチャーリーのクリスマスプレゼントを買いに行く途中で事故に遭い、自分が叔母の死を望んだせいで亡くなったのだと思い込み、混乱し精神的に追い詰められたチャーリーは自殺を図ろうとします…。直前に電話で話した姉キャンディスがチャーリーの異変を感じ取り、すぐに警察を自宅に向かわせ気絶したチャーリーを発見し未遂に終わります。

その後、チャーリーは入院をします。回復するには叔母とのことを乗り越える必要があるためカウンセリングを受けます。両親はカウンセラーから叔母がチャーリーにした事を初めて知り、ショックを受けます。

献身的にチャーリーを支える家族、兄クリスも姉キャンディスと共に、面会にやって来て兄姉3人で他愛のないおしゃべりをしたりと、家族のサポートのおかげで落ち着てきたチャーリーは回復し退院します。その時カウンセラーの先生から「過去を変えることはできないけど、未来は変えられる」と励まされます。

退院した夜、チャーリーの家にパトリックとサムが訪ねてきます。3人でカフェに行きサムはチャーリーに大学の話をし、未来には希望があることを伝え、以前3人で夜ドライブした時にトンネルの中で流れた、お気に入りの曲のカセットをチャーリーに渡します。そして3人は夜の街をドライブ、車は以前通ったトンネルを疾走し、夜の風に身を任せ自分がちゃんと存在していることを感じるチャーリーでした。

「ウォールフラワー」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

ウォールフラワーはVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

ウォールフラワーのネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ウォールフラワー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×