映画:ウルフオブウォールストリート

「ウルフオブウォールストリート」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

ウルフ・オブ・ウォールストリートの紹介:2013年製作のアメリカ映画。マーティン・スコセッシ監督による伝記・コメディ映画。実在の株式ブローカーで、ウォール街の狼と呼ばれた男・ジョーダン・ベルフォートの回想録を原作としている。

あらすじ動画

ウルフオブウォールストリートの主な出演者

ジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)、ドニー・アゾフ(ジョナ・ヒル)、ナオミ・ベルフォート(マーゴット・ロビー)、マーク・ハンナ(マシュー・マコノヒー)、ピーター・デブラシオ(バリー・ロスバート)、パトリック・デナム(カイル・チャンドラー)、マックス・ベルフォート(ロブ・ライナー)、リー・ベルフォート(クリスティーン・エバーソール)、ブラッド・ボブニック(ジョン・バーンサル)、チャンテル(クリスティーナ・キャス)

ウルフオブウォールストリートのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ジョーダンはウォール街で外務員試験の資格を取得するが、勤務初日がブラックマンデーで会社は倒産。アイルランドに職を求めたジョーダンは相棒・ドニーと知り合い、会社を興して成功する。 ②どんどん成功するがFBIのデナム捜査官に目をつけられ、ジョーダンは逮捕された。しかし有名人になったジョーダンはそれをも金儲けの手段にするのだった。

【起】– ウルフオブウォールストリートのあらすじ1

ウルフオブウォールストリートのシーン1

画像引用元:YouTube / ウルフオブウォールストリートトレーラー映像

(オープニング。〝ストラットン・オークモント社〟のロゴが映画の協賛会社のように表示される)

1987年、アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク。

若い男ジョーダン・ベルフォートは、クイーンズ地区の小さなアパートで、会計士夫婦のいわば中流家庭に育ちました。

22歳でテレサという女性と結婚したジョーダンは、大手証券会社〝LFロスチャイルド社〟に入社します。

直属の上司は、ハンナというロン毛の先輩の男でした。

外務員試験に合格しないと実際の取引はできないので、ジョーダンは資格を取るまではハンナの下について電話番をします。

昼間からクスリを堂々とやるハンナは、「ウォール街で成功する」秘訣は2つあると言いました。

1つは「常にリラックスすること」、もう1つは「この世界での成功はコカインだ、頭の回転をよくする」…です。

ハンナについたジョーダンは、半年の間に業界の裏表を徹底して教わりました。もちろん、よくないことも、です。

半年後。

外務員試験の資格を取ったジョーダンは、やっとトレーダーとしてデビューする日がやってきました。ジョーダンは大活躍しようと、期待に胸を膨らませます。

ところが…ジョーダンがトレーダーとしてデビューした日は、1987年10月19日でした。

世にいうところの『ブラックマンデー』で、1929年以来の株価大暴落の日です。

ジョーダンがデビューの日に、なんと会社〝LFロスチャイルド社〟が倒産してしまいました。

求人情報誌を見たジョーダンは、なんでもいいから職を得たいと思います。妻のテレサがいるからです。

なんとなれば肉体労働でも辞さないと思っていたジョーダンは、テレサにロングアイランドに株式仲買人の仕事があると教えられました。

電話をしてそこに行くと、その店は小さな会社でした。

ウォール街のように大きな株を扱うのではなく、扱うのは店頭株(上場しない株)、いわゆる「ペニー株」と呼ばれるものです。

ところが。ウォール街では手数料は1%しか取りませんが、そこでは手数料を50%も取れるのです。

再就職したジョーダンは、上手なセールストークでたちまち4000ドルを客に売りつけました。その様子は店の同僚もびっくりです。

たちまちジョーダンは、その会社でも稼ぎ頭となりました。

その頃、飲食店にいたジョーダンに声をかけてきた中年男性がいます。

べっこうの縁眼鏡をかけた男性は、ジョーダンの乗っている黄色いスポーツカーをよく見かけると言いました。ジョーダンは12階、その男は4階…同じマンションに住んでいるのです。

男性はドニーと名乗りました。子供専用の家具屋に勤めているそうです。

いかにも高そうな車に乗っているジョーダンに、ドニーはずけずけと「いくら稼いでる?」と質問しました。風変わりなのですが、妙な魅力がある男性です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ウルフオブウォールストリート」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×