映画:エリカ38

「エリカ38」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

エリカ38の紹介:2019年の公開作で、監督は日比遊一、プロデューサーは奥山和由。PG12指定。18年に逝去した樹木希林が、旧知の仲である女優・浅田美代子の代表作にしたいと初めて企画に携わった渾身作。世間を賑わせた詐欺事件をモチーフにしたフィクションで、年齢を20歳以上も詐称し、犯罪を重ねては欲望の赴くままに生きた女の姿をリアルに描き出す。

あらすじ動画

エリカ38の主な出演者

渡部聡子(浅田美代子)、平澤育男(平岳大)、橋本弘(窪塚俊介)、玉木亮介(山崎一)、小島まさえ(山崎静代)、工藤周平(小籔千豊)、ポルシェ(WORAPHOP KLAISANG)、玉木香代子(佐伯日菜子)、中井亜紀(真瀬樹里)、田中功二(小松政夫)、竹田正道(古谷一行)、伊藤信子(木内みどり)、渡部薫(樹木希林)

エリカ38のネタバレあらすじ

【起】– エリカ38のあらすじ1

クラブホステスの聡子は、平気で同僚の客と同伴出勤するような神経の図太さと、色香を持ち合わせた女性です。そのうえやり手な聡子は水商売の傍ら、アメリカ製サプリメントの販売も手がけていました。ある日、聡子は月1回の売上報告会をしていた喫茶店で、上品な年配女性の伊藤に声を掛けられます。伊藤は聡子の会話が聞こえて来て商品が気になったと言ったかと思うと、持っていた現金20万円を出してサプリをその場で購入しました。渡された名刺によれば、伊藤は会社経営者らしく、大胆な彼女の行動に聡子は驚きました。

突然のことに不審に感じ、聡子は後日、名刺に書かれた伊藤の会社に電話をします。しっかりと教育されたオペレーターが対応している会社と知った聡子は、伊藤を信用しました。

数カ月後。伊藤が紹介したいと話していた平澤という男性を聡子が勤める店に連れてきます。只者ではない2人の雰囲気に、店を出て話を聞く聡子。なんでも平澤は、アメリカで言うなら国防省にあたる職に就き、国境を超えて資金管理をするビジネスを展開しているらしいのです。平澤が繰り出す壮大な話に、聡子は好奇心をくすぐられました。平澤は熱弁を振るいます。「伊藤さんを守る味方になって欲しい。人のために尽くす時が、人は一番力が出る。あなたにはオーラがあり、まだお若い」と年下の平澤に言われ、その気になった聡子は、彼が携わる途上国の支援事業を手伝うことに決めました。

平澤が会長を務める社団法人ルトックスは、事業紹介と資金を募るための”支援説明会”を開催しています。早速、人の心を手中に収めて広い人脈を誇る聡子の知人を集めて、説明会が行われました。集まった参加者は、自信に満ちた平澤のマイクパフォーマンスに心酔し、支援をしたいとの声が数名からあがります。そんな参加者には別途食事会が設けられ、支援金の元本保証、配当金の支払い、知人を紹介すればその手数料も渡すと平澤は謳いました。参加者が迷わないうちに金は迅速に回収するやり方を、平澤は既に聡子にも仕込んでいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エリカ38」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×