映画:オンリーザブレイブ

「オンリーザブレイブ」のネタバレあらすじと結末

オンリー・ザ・ブレイブの紹介:2013年、アメリカ・アリゾナ州で実際に起こった大規模な山火事と戦った消防士たちを描いた作品で、実話を基に2017年に映画化されました。エリック・マーシュ率いる一地方の消防隊が実力を認められ、精鋭部隊である「ホットショット」へと昇格していく様子と、自堕落な生活を送っていた青年が真っ当に生きるために消防隊員へ志願し、過酷な訓練を経て成長していく様子を描いた物語となっています。

あらすじ動画

オンリーザブレイブの主な出演者

エリック・マーシュ (ジョシュ・ブローリン)、ブレンダン・マクドナウ (マイルズ・テラー)、デュエイン・スタインブリンク(ジェフ・ブリッジス)、ジェシー・スティード (ジェームズ・バッジ・デール)、クリストファー・マッケンジー(テイラー・キッチュ)、アマンダ・マーシュ(ジェニファー・コネリー)

オンリーザブレイブのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- オンリーザブレイブのあらすじ1

オンリーザブレイブのシーン1 アリゾナ州・プレスコット市の消防隊に所属するエリック・マーシュは、部下である地元の消防隊員たちを率いながら山火事を鎮火させるために木を切り倒し、日夜消化活動に当たっていました。
エリックは森林消防隊の指揮官として強いリーダーシップを発揮して隊員たちからの人望も厚く、経験から裏打ちされた冷静な判断力で風向きや天候を読み取り、職人技のように山火事を消火していくのでした。
彼には妻もおり、命がけの仕事である消防隊を応援してくれていましたが、大規模な山火事となると他の地区から精鋭消防隊員である「ホットショット」がやってきて、高いノウハウを持ちながらも彼らの下について消火作業を行なうことに不満も抱いていました。
また給与などの待遇面でも地元の消防隊よりホットショットの方が良く、エリックの消防隊から他の地区のホットショットへ引き抜かれていく者も少なくありませんでした。
エリックは地元の消防隊をホットショットへと昇格させることを市長に提案するため、親友のデュエインとともに作戦を考え、市長に働きかけます。
しかし今よりも過酷な労働を強いられることになると知ったエリックの妻・アマンダは、良い顔をしていませんでした。
同時にエリックは空きが出た隊員を補充するために地元で消防隊員の募集をかけ、面接をして新人を採用します。
そこへやってきたのはブレンダン・マクドナウという青年で、彼はつい最近まで自堕落な生活を送っており、ドラッグや窃盗などにも手を染めて刑務所に入っていた前科者でもありました。
おおよそ消防隊員とは思えない身なりで面接へとやってきたマクドナウは、行きずりで出会った女性との間に娘ができたことでこれまでの自分を反省し、真っ当に生きていきたいと話すのでした。
そんな彼の話しを聞いてエリックは訓練への参加を許可しますが、走って山を登り下山していくその訓練はマクドナウの体力ではあまりにも過酷なものでした。

【承】- オンリーザブレイブのあらすじ2

オンリーザブレイブのシーン2 エリックは山頂へ到着すると新入りの訓練生たちに山々の景色を見せ、山火事の現場では美しい木々がすべて燃料へと変わることを語ります。
その後すぐに走って下山を始める隊員たちの中でマクドナウだけは大きく遅れ、皆が戻ったあとに大きく時間をあけてようやく姿を現すのでした。
ふらふらになりながら隊員たちのもとへと戻ってきたマクドナウに、エリックは入隊を認めてその後も過酷な訓練の日々が続きます。
木を切ることや穴を掘ることなど肉体的な訓練に加え、消防隊員としての知識も試されるエリックの訓練の中には、火の手から逃げられなくなった際にそれぞれに与えられた簡易の防火テントへ入る訓練もありました。
エリックの掛け声で隊員たちはすぐにビニールを開き、上からかぶるような形で全身を包んで防火テントに入っているとデュエインから連絡があり、連絡を受けたエリックは山火事が発生したことと、その消防活動がホットショット昇格の審査を兼ねられていることを告げられ、隊員たちは現場へと向かうのでした。
現場では複数の消防隊が駆けつけており、それぞれ地区に分かれて消火活動を行なうことになります。
見届け人としてベテランの消防士が審査を行なうことになり、エリックたちはいつも通り消火活動を行なっていきますが、消火の方針をめぐって見届け人と意見が対立し、エリックはそれでも折れることなく自分のやり方を貫き通すのでした。
それは功を奏して山火事を鎮火させることはできたものの、エリックは自身の言動が審査の結果に影響を与えたのではと後悔します。
結果が知らされる日になってもなかなか連絡が来ず、やきもきしているところにデュエインが現れ、エリックは隊員たちに防火テントの合図を送ると隊員たちにホットショットに昇格したことを伝えるのでした。
地方の消防隊がエリート消防隊員であるホットショットに昇格することは異例のことでしたが、それはエリックたちの実力が認められた証でもありました。

【転】- オンリーザブレイブのあらすじ3

オンリーザブレイブのシーン3 マクドナウは消防士として訓練を重ねていくことで娘を育てている彼女にも認められ、娘にも会えるようになります。
エリックはホットショットに昇格した記念として隊員の家族を消防署に招き、パーティを開くのでした。
9ヶ月後、マクドナウは娘や彼女と定期的に会うことができるようになり、彼女の留守中に娘の世話を任せられることになります。
しかし留守番中に娘は熱を出してしまい、同居人で隊員のマッケンジーとともにあたふたしてしまうのでした。
結局は他の隊員や家族を応援に呼び、娘は元気を取り戻しますが、マクドナウは今まで生きてきてこれほど怖い経験はないと父親の顔を覗かせながら、隊員たちと笑い合うのでした。
ホットショットとなったエリックたちは多くの応援要請に応える形で山火事の現場におもむきます。
マクドナウもエリックとともに消火活動に参加して、危険な現場を潜り抜けながら山火事を鎮火させていくのでした。
あるときマクドナウが彼女や娘と遊んでいるときに、地元で山火事が起きているのを発見します。
エリックたちはすぐに消火活動を行うことになり、彼らホットショットに与えられた任務は樹齢2000年以上とも言われる大切な木を守ることになります。
すぐさま現場へと向かい木を発見すると、防火帯を作って迎え火で迫り来る炎から木を守り、彼らは記念として木の前でピラミッドを作り写真を撮るのでした。
その写真は新聞にも大きく掲載され、地元の消防隊員たちの勇姿に多くの人が感謝し賛辞を送ります。
しかしマクドナウは現場から戻る途中で蛇に噛まれてしまい、病院へ運ばれてしまうのでした。
入院を余儀なくされたマクドナウのもとに彼女やその家族がお見舞いにやってきて、彼女の母親から「こんなに危険な仕事じゃなくても良いのでは」と言われてしまいます。
それは娘と一緒にいる機会が少なくなっていたマクドナウも薄々感じていたことであり、マクドナウはあるときエリックに森林消防から建物消防に転属させてほしいと願い出るのでした。
しかしそれを聞いたエリックはマクドナウが自分の隊を去っていくことに怒りをあらわにし、ひどい言葉を浴びせて猛反対されてしまいます。
それを聞いたエリックの妻・アマンダは、マクドナウがエリックの選ばなかった道を行こうとしていることで、自分のことに置き換えて感情的になっているのではと指摘されてしまうのでした。
そしてアマンダもまたエリックと結婚したことで、子どもを作ることや生活のほとんどを仕事に費やしているエリックについて我慢していることを怒りとともに伝え、2人の夫婦関係にも大きなひびが入ってしまうのでした。

【結】- オンリーザブレイブのあらすじ4

オンリーザブレイブのシーン2 エリックはデュエインに相談し、自分が若い頃、森林の消火活動中に目撃した火ダルマになった熊の話しを聞かせ、今の自分はあのときの熊のように思えると話すのでした。
エリックはアマンダに心から謝り、彼女のために自分も消防隊員を退く決意を固めます。
ヤーネルヒル火災の現場へと向かう途中で、エリックは自身の部下で隊長のスティードにそのことを伝えるのでした。
火災現場へと向かったエリックたちはいつものように風向きや規模を計算しながら迎え火を焚くために防火帯を作り始めます。
エリックは作業中にマクドナウを呼び出すと以前の言動を謝罪し、なんでも力になることを約束するのでした。
迎え火を焚いていたエリックたちでしたが、上空から航空消防隊の散水によって迎え火を消されてしまいます。
その場で再び火をつけることはできなくなってしまったため、エリックはマクドナウを天候の監視役として離れた高台に移動させ、他の者は別の尾根に移動するのでした。
監視をつとめていたエリックは風の強まりと風向きの変化を伝え、炎の勢いが強くなり自分達ん方向へ向かってくるのを目撃するのでした。
すぐにその場から退避しようとするマクドナウでしたが、予想以上に火の手ははやく、気がついたときには周りが火と煙に囲まれてしまうのでした。
応援に来た消防隊員のおかげで間一髪その場から逃げ出すことに成功したマクドナウは、隊員たちが乗ってきた車を安全な場所まで避難させます。
エリックたちは勢いを増す炎を山の上から観察したのち、市街地へ迫る火の手を食い止めるために反撃へと打って出ます。
森の中にできた待避所を目標に、先回りをして炎を待ち受けようとするエリックたちでしたが、炎の周りの風速はさらに強さを増し、猛烈な勢いとなってエリックたちの前に迫り来るのでした。
エリックが行手に迫る火を確認したときにはすでに逃げる時間は残されておらず、やむをえずエリックは防火テントの合図を出して隊員たちに火から身を守るように呼びかけます。
隊員たちはそれぞれテントの中に身を隠し、祈るような思いで炎が通り過ぎていくのを待っているのでした。
離れた場所にいたマクドナウはエリックと本部との無線のやりとりを聞きながら、涙を流してその会話を聞いていました。
炎が過ぎ去ったあと、焼け野原となったその場所からは灰になった隊員たちのテントが発見されるのでした。
エリックを含め隊員19名全員の死亡が確認され、マクドナウは絶望とともにやりきれない思いをぶつけます。
アマンダもエリックの死の知らせを聞いて、悲しみに暮れるのでした。
隊員たちの家族は事故の説明を受けるために地元の体育館へと集められていました。
地元のホットショット隊のうち1名が生き残っているという情報もあり、わずかなのぞみを託して家族たちが祈るように待っている体育館へマクドナウは入っていきますが、その姿を見た多くの家族たちは絶望し涙を流すのでした。
その様子を見てマクドナウはすぐにその場から去り、生き残ってしまった自分を悔みます。
そんな姿をみてアマンダは彼を励まし、それではエリックが浮かばれないと話すのでした。
3年後、地元の樹齢2000年の木は隊員たちの慰霊碑となっていました。
そこには娘を連れたマクドナウの姿があり、エリックをはじめ隊員たちのことを偲んでいるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

山火事の規模が日本とはだいぶ異なり、その中で奮闘している消防士たちがいかに過酷で重要な存在かが分かる作品になっていると思います。
大規模な山火事に対して火をもって制すという彼らの戦い方が勇ましく、常に命がけで消火にあたっている男たちのかっこ良さが伝わってきました。
と同時に山火事の恐ろしさが描かれている映画でもあり、実際に起こった出来事ということも踏まえながら多くの人に観てもらいたい作品です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「オンリーザブレイブ」の商品はこちら