映画:オールザットジャズ

「オールザットジャズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

オール・ザット・ジャズの紹介:1979年製作のアメリカのミュージカルドラマ。監督を務めたボブ・フォッシーの半生を原案とした作品で、才能あふれるエンターテイナーの生と死を幻想的に描いていく。第33回カンヌ国際映画祭ではパルムドールに輝き、第52回アカデミー賞では美術商、編集賞、編曲・歌曲賞、衣装デザイン賞を獲得した。

オールザットジャズの主な出演者

ジョー・ギデオン(ロイ・シャイダー)、天使(ジェシカ・ラング)、ケイティー(アン・ラインキング)、オードリー(リーランド・パーマー)

オールザットジャズのネタバレあらすじ

【起】– オールザットジャズのあらすじ1

舞台はアメリカ、ニューヨーク。物語の主人公、ジョー・ギデオンはエンターテイメント界で大成功を収めた人物でした。舞台では振付師、演出家として、映画界では監督として人気を博していたギデオンでしたが、その身体はひどく衰弱が進んでいました。休みなしに働いていたうえに、酒にタバコ、ドラッグ、女遊びと、ギデオンは自らの健康を省みない荒れた生活を送っていたのです。

そんな彼には、毎朝の日課がありました。大音量でクラシック音楽をかけながら、目薬をさし、シャワーを浴び、興奮剤を飲む…そして、そのルーティンが終わると、彼は鏡に映る自分に「ショータイムだ」と陽気に話しかけるのでした。

ギデオンの夢の中には、美しい天使が現れることがありました。ギデオンはこの天使になんでも打ち明けました。仕事での苦労や幼い頃の恥ずかしい記憶、どうしようもない女癖の悪さなど、ギデオンがありのままに語ると、天使は優しく微笑むのでした。

このとき、ギデオンは二つの大仕事を抱えていました。一つは新作ブロードウエイミュージカルの製作で、もう一つはすでに撮影を終えた映画「ザ・スタンダップ」の編集作業でした。ギデオンはそのどちらもなかなかうまくいかず、ストレスをためていました。別れた妻との娘ミッシェルと遊ぶ時間すら持てず、ギデオンは父親の役目を果たせないことにも苛立ちを覚えていきました。

そんなある夜、オーディションに来ていた若い女性ダンサーのビクトリアがギデオンの家にやってきました。そのままビクトリアと一夜を過ごすギデオンでしたが、映画スターになりたいと夢を語るビクトリアに「ムリだ」と厳しい言葉をかけるのでした。

その後、ギデオンがビクトリアと寝ていると、ギデオンの今の恋人でダンサーのケイティーが突然やって来ました。ギデオンの浮気にショックを受け、すぐに家を出てしまうケイティー。ギデオンはケイティーを傷つけてしまったことに落ち込んでしまうのでした。

その翌日、ギデオンはケイティーと話し合う時間を持ちますが、ケイティーはギデオンへの仕返しとばかりに別の男性との浮気をほのめかしてきました。やがてケイティーは泣き出し、「もうアソコの言うなりにならないで」とギデオンの女好きを批判しました。しかし、それに対してギデオンは「うまいな、いつか使おう」と返答しました。恋人の悲しみまでも作品に利用しようとするギデオンに、ケイティーは呆れてしまうのでした。

その後、新作ミュージカルの稽古や映画の編集作業で相変わらず多忙を極めるギデオンでしたが、なんとか時間を作り、娘ミッシェルと家で過ごしました。ミッシェルはダンサーの元妻オードリーによく似てダンスが上手く、ギデオンは稽古をつけてあげました。そんな中、ミッシェルはギデオンに再婚しないのか尋ねてきました。ケイティーやビクトリアの名前を再婚相手にあげ、父を気遣ってくれるミッシェルに驚きながらも、ギデオンはもう誰も傷つけたくないと語り、再婚を否定するのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「オールザットジャズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×