「カレンダー・ガールズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

【結】– カレンダー・ガールズのあらすじ4

カレンダー・ガールズのシーン4

画像引用元:YouTube / カレンダー・ガールズトレーラー映像

クリスは、アニーに新聞記事のことを怒りながら愚痴ります。アニーは、もしかしたらロッドは騙されて、つい話してしまったのかも…と宥めます。

しかし、インタビュー番組の撮影を終えた後、クリスはカレンダーの米国版を制作することに意気込みます。さらにスポンサー契約をした企業のCMに出演のオファーも受けることにします。アニーは最初の目的から、どんどん外れて行くことに疑問を持っていました。

そしてCM撮影の日、皆でCM撮影のスタジオに入ると、そこではヌードでの撮影を依頼されます。怒ったアニーはスタジオから出て行ってしまい、それを追いかけるクリス。アニーは最初はジョニーの追悼のためだったのに、どんどんお金もうけのためになっていることに腹を立てていたのでした。

アニーはセレブ気分になっているとクリスをなじり、大ゲンカになりクリスは「夫を亡くして成功した妻」と言ってしまいます。それを聞いたアニーは「もう一度、夫に会えるなら何でもする。あなたは、いつでも会えるのに…」と泣き崩れます。そこで、自分の間違えに気が付くクリス。

そのまま2人は言葉を交わすこと無く、ネイプリーに帰ってきます。すると、そこにクリスの夫ロッドが待っていました。クリスを残してアニーたちは、婦人会の集会に向かいます。

夫と2人になったクリスはロッドに謝罪をします。するとロッドは、カレンダーのことをずっと応援していたと言い、息子ジェムにも「胸を張れ、母さんは思う存分やるべきなんだと言った」と話します。その言葉にクリスは涙を流します。

ロッドは「早く集会に行ってアニーと仲直りをしろ」と言い、クリスを集会へ向かわせます。集会でアニーと仲直りをしたクリス。婦人会の集会では集まった女性陣がアニーたちを拍手で迎え、功績を称えます。

そして現在のカレンダーの売り上げは57万8000ポンドとなり、地元の病院に白血病の治療設備を一式寄付することができました。カレンダーガールズたちはいつもの退屈な日常に戻りますが、皆の顔は満ち足りた表情を浮かべます。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「カレンダー・ガールズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×