映画:ガザの美容室

「ガザの美容室」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

ガザの美容室の紹介:2015年のパレスチナ、フランス、カタールの合作で、日本公開は2018年。第68回カンヌ国際映画祭正式出品作。監督はパレスチナ自治区のガザで生まれで、一卵性双生児のターザン&アラブ・ナザール。ガザにある小さな美容室には、女性客が集まり混雑していた。ところが店の外で銃声が響いた途端に戦闘が始まり、美容室にいた女性たちは監禁状態となってしまう…。

あらすじ動画

ガザの美容室の主な出演者

エフィティカール(ヒアム・アッバス)、クリスティン(ヴィクトリア・バリツカ)、ウィダド(マイサ・アブドゥ・エルハディ)、サフィア(マナル・アワド)、ゼイナブ(ミルナ・サカラ)、サルマ(ダイナ・シバー)、ワファ(レーム・タルハミ)、ファティマ(レーム・タルハミ)

ガザの美容室のネタバレあらすじ

【起】– ガザの美容室のあらすじ1

パレスチナ自治区のガザ。紛争が繰り返されてきたこの地区は、多くの難民で人口が急増するものの、隣国から国境封鎖をされたことで輸入が制限。食料や燃料などが常態的に不足し、居住者は極めて厳しい生活を強いられています。人々は再びいつ起きるか分からない紛争に怯えながら暮らしているのです。

小さなガザ地区の一角に、ロシア移民のクリスティンが営む美容室があります。ガザ地区で数少ない美容室は、今日も多くの女性客で賑わっていました。客の噂話ばかりしているのは、戦争で負傷した夫に処方された薬を隠れて服用し、中毒状態のサフィア。サフィアに頼んで初めて美容室に来たゼイナブは、敬虔なムスリム(イスラム教徒)で、一度も髪を切ったことがありません。ゼイナブは女性しかいない店内でもヒジャブ(頭髪を覆うスカーフ)を被り続け、サフィアが発する下品な言葉など御法度そのものです。今夜結婚式を挙げる27歳のサティマと付添いの母ワファ、夫の浮気が原因で離婚調停中で若い男性弁護士に色気を出しているエフィティカール、離婚経験者である中年のソーサンらその他にも客が施術を待つなか、さらに出産間近なファティマが妹に付き添われてやってきました。自由の少ない生活の中で、みな一様にささやかなお洒落を楽しんでいるのです。

現在施術を受けているのは、サティマとエフィティカールです。脱毛のため薄着で待っているエフィティカールですが、なかなか施術が始まらず苛立っています。担当の美容室アシスタントのウィダドが、恋人アハマドとの関係に悩み、仕事も手につかずにいるのでした。マフィアの一員であるアハマドは、ドラッグに手を出すなど危険な行動が多く、ウィダドは交際をためらいながらも別れられずにいます。そのうえアハマドのウィダドへの行動は執拗で、外から彼女を監視しては、はっきりしない態度をとる彼女に嫌がらせをするように、店の前にライオンを置いて脅してきました。店内は一時騒然としますが、ウィダドやクリスティンに叱責され、アハマドはライオンと共に一旦退散します。ライオンはアハマドが支持するハマス(ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織)が、権力を誇示するために密輸したものでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

ガザの現状をよく知らなかったので最初に鑑賞した時は、様々な女性の群像劇との印象が残りました。しかしガザの置かれた過酷な状況を知ってから再鑑賞すると、女性たちの不安や憤り、そしてたくましさが表現された作品だと感じ、イメージがガラリと変わりました。事実、この作品を見た後に、再びガザで内戦が起き、市民が犠牲になりました。今作で描かれた状況が、嘘ではないのだと思い知らされました。
日本人には現地の人名にも馴染みがなくて把握しづらく、ストーリーにすんなりと集中するには難しい作品かもしれません。しかしメイクや髪形を変えることが、不自由な生活を強いられた彼女たちの心の潤滑剤であり、時には恐怖心を抑えるための行為にもなるのだと思うと、胸が締め付けられました。戦争とは、人を苦しめる以外のなにものでも無いと強く感じます。

映画の感想を投稿する

映画「ガザの美容室」の商品はこちら

IMAGE

ガザの美容室 [DVD]

DVD > 外国のドラマ映画
TCエンタテインメント
ヒアム・アッバス(出演),マイサ・アブドゥ・エルハディ(出演),マナル・アワド(出演),ダイナ・シバー(出演),ミルナ・サカラ…

¥3,756
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20