映画:キャタピラー

「キャタピラー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

ヒューマンドラマ

2010年上映の日本映画。監督は若松 孝二 氏。江戸川乱歩の短編小説『芋虫』をメインとしたオリジナルの物語。日中戦争に翻弄された夫婦の姿を通し戦争が残した愚かさと悲劇、そしてある意味『性と生』を現した作品。主演の寺島しのぶは、2010年ベルリン国際映画祭最優秀女 優賞を受賞。

あらすじ動画

キャタピラーの主な出演者

黒川シゲ子(寺島しのぶ) 、黒川久蔵(大西信満)、黒川健蔵(吉澤健)、黒川忠(粕谷佳五)、黒川千代(増田恵美)、村長(河原さぶ)、村長夫人(石川真希)、指令部軍人(飯島大介)、中国の女1(安部魔凛碧)、中国の女2(寺田万里子)、中国の女3(柴やすよ)、日本兵1(椋田涼)、弥生(種子)、登志子(折笠尚子)、村の男1(小林三四郎)、村の男2(金子貴明)、軍人1(地曵豪)、軍人2(ARATA)、クマ(篠原勝之)、ラジオの声(小倉一郎)

キャタピラーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①暴君だった夫・久蔵が重傷を負い帰還。四肢がなく、耳も聞こえず話せない久蔵は、さながら芋虫(キャタピラー)。 ②妻のシゲ子は久蔵の世話をかいがいしく焼く。久蔵は次第に錯乱して正気を失い、庭の池で自殺した。

【起】– キャタピラーのあらすじ1

キャタピラーのシーン1

画像引用元:YouTube / キャタピラートレーラー映像

(『キャタピラー』=『芋虫』。この映画では、戦争で四肢を失った夫・黒川久蔵のことを指す)

〔1940年 日中戦争〕

日中戦争の最中に、ある青年・黒川久蔵が女性を追いかけます。

中国の家屋に追い詰めると、久蔵は女性を強姦しました。

その後、久蔵は女性を殺害します…。

久蔵はその後、爆発事故に巻き込まれて、重傷を負いました。

四肢をほぼ付け根から失い、頭部にもやけどを負っています。

鼓膜は破れたので耳は聞こえず、声帯を損傷したので満足に話もできません。

1944年、重傷を負った久蔵は先述のとおり、まさしく芋虫のような姿で、帰還します。

お国のための名誉の負傷ですので、久蔵には恩給がたくさん出ることになりました。

しかも新聞には「不死身の兵士」という見出しで、久蔵のことが話題になっています。

一兵卒が少尉にまで昇進しており、久蔵は村人たちに「軍神様」ともてはやされました。

もてはやされはしますが、現実は少し異なります。

お国が久蔵を昇進させたのは、そのケガのためでした。文句を言わせないために、昇進をさせたのです。

村人たちは「軍神様」と崇めますが、身の回りの世話をするわけではありません。

四肢が欠損した久蔵は、食べることすら自分ひとりではできませんでした。

それらの負担は妻・シゲ子の双肩に、すべてかかります…。

戻ってきた久蔵を見たシゲ子は、うんざりします。

これからの人生、久蔵のお世話をして終わるのかと思うと、絶望的な気持ちになりました。

かといって「お国のためにも、久蔵の世話をしてくれ」と言われると、不満を口に出して言えません。

久蔵の父や義弟・忠たちがいなくなり、久蔵とふたりきりになったシゲ子は、かつての夫の姿を思い出します。

五体満足の頃の久蔵は、シゲ子に横暴でした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「キャタピラー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×