映画:キャタピラー

「キャタピラー」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

2010年上映の日本映画。監督は若松 孝二 氏。江戸川乱歩の短編小説『芋虫』をメインとしたオリジナルの物語。日中戦争に翻弄された夫婦の姿を通し戦争が残した愚かさと悲劇、そしてある意味『性と生』を現した作品。主演の寺島しのぶは、2010年ベルリン国際映画祭最優秀女 優賞を受賞。

あらすじ動画

キャタピラーの主な出演者

黒川シゲ子(寺島しのぶ) 、黒川久蔵(大西信満)、黒川健蔵(吉澤健)、黒川忠(粕谷佳五)、黒川千代(増田恵美)、村長(河原さぶ)、村長夫人(石川真希)、指令部軍人(飯島大介)、中国の女1(安部魔凛碧)、中国の女2(寺田万里子)、中国の女3(柴やすよ)、日本兵1(椋田涼)、弥生(種子)、登志子(折笠尚子)、村の男1(小林三四郎)、村の男2(金子貴明)、軍人1(地曵豪)、軍人2(ARATA)、クマ(篠原勝之)、ラジオの声(小倉一郎)

キャタピラーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①暴君だった夫・久蔵が重傷を負い帰還。四肢がなく、耳も聞こえず話せない久蔵は、さながら芋虫(キャタピラー)。 ②妻のシゲ子は久蔵の世話をかいがいしく焼く。久蔵は次第に錯乱して正気を失い、庭の池で自殺した。

【起】- キャタピラーのあらすじ1

キャタピラーのシーン1 (『キャタピラー』=『芋虫』。この映画では、戦争で四肢を失った夫・黒川久蔵のことを指す)

〔1940年 日中戦争〕

日中戦争の最中に、ある青年・黒川久蔵が女性を追いかけます。
中国の家屋に追い詰めると、久蔵は女性を強姦しました。
その後、久蔵は女性を殺害します…。

久蔵はその後、爆発事故に巻き込まれて、重傷を負いました。
四肢をほぼ付け根から失い、頭部にもやけどを負っています。
鼓膜は破れたので耳は聞こえず、声帯を損傷したので満足に話もできません。

1944年、重傷を負った久蔵は先述のとおり、まさしく芋虫のような姿で、帰還します。

お国のための名誉の負傷ですので、久蔵には恩給がたくさん出ることになりました。
しかも新聞には「不死身の兵士」という見出しで、久蔵のことが話題になっています。
一兵卒が少尉にまで昇進しており、久蔵は村人たちに「軍神様」ともてはやされました。

もてはやされはしますが、現実は少し異なります。
お国が久蔵を昇進させたのは、そのケガのためでした。文句を言わせないために、昇進をさせたのです。
村人たちは「軍神様」と崇めますが、身の回りの世話をするわけではありません。
四肢が欠損した久蔵は、食べることすら自分ひとりではできませんでした。
それらの負担は妻・シゲ子の双肩に、すべてかかります…。


戻ってきた久蔵を見たシゲ子は、うんざりします。
これからの人生、久蔵のお世話をして終わるのかと思うと、絶望的な気持ちになりました。
かといって「お国のためにも、久蔵の世話をしてくれ」と言われると、不満を口に出して言えません。

久蔵の父や義弟・忠たちがいなくなり、久蔵とふたりきりになったシゲ子は、かつての夫の姿を思い出します。
五体満足の頃の久蔵は、シゲ子に横暴でした。

【承】- キャタピラーのあらすじ2

キャタピラーのシーン2 布団をめくって久蔵の身体を見たシゲ子は、「こんな姿で、生きてるって言えるの? 死んじゃいたいでしょ。あたしもあとからいきますから」と言い、久蔵の首を絞めようとします。

しかし久蔵が苦しみ、生きようとしている姿を見ると、シゲ子は殺すのをやめました。
シゲ子は久蔵が望むのを聞いて、尿瓶をとり、排せつを促します。
用を足したあとの久蔵は、勲章を間近で見たがりました。
勲章を近づけて見せると、久蔵は満足そうな顔をします。
久蔵の表情を見て、シゲ子は複雑な心境でした。


こうしてシゲ子が久蔵のお世話をする日々が始まります。

芋虫のような姿になって帰還した久蔵は、けもののような動物になっていました。
しゃべれず、聞こえず、自力ではほとんど動くことのできない久蔵は、食べることと寝ること、性欲を吐き出すことしか楽しみがありません。
シゲ子に食べさせてもらったあと、久蔵はシゲ子のモンペの紐を口でひっぱり、脱ぐことを要求しました。
求められるまま、シゲ子は戸惑いながら久蔵の相手をします。

食べ、性欲を解消した久蔵は、満足そうに眠りにつきます。
シゲ子はそれを見届けて、機織りや田植えなどの用事をしました。


春、夏と季節はめぐっていきます。

戦局が悪化しても、シゲ子と久蔵の生活は、さほど大きな変化がありませんでした。
食べ物が手に入りにくいのですが、久蔵は食べることに執着します。
仕事をしていないのに、シゲ子の分まで食べる久蔵を見て、シゲ子は軽蔑します。

【転】- キャタピラーのあらすじ3

キャタピラーのシーン3 シゲ子がうさを晴らせるのは、久蔵をリアカーに乗せて外へ連れ出すときでした。
外出の際には久蔵に軍服を着せて、勲章を胸にさげます。
久蔵は「軍神様」と崇められているので、外へ連れ出すと、村人たちは手を合わせて拝みました。
それは最初の頃、久蔵の自尊心を満足させるものでした。

しかししばらくすると久蔵は、外へ出るのを嫌がります。
リアカーに乗せられてもすることがなく、動けないからです。
対照的にシゲ子は、久蔵を外に出すのを喜びました。
四肢がない久蔵に献身的に尽くす妻として、村人たちに褒められ、自尊心が満足するのと、久蔵が嫌がるのが痛快でならないからです。


食べて寝て交わって…その繰り返しが続くたび、久蔵は次第に精神を病んでいきます。

〔1945年3月10日 東京大空襲〕

〔1945年4月1日 米軍沖縄上陸〕

戦局が悪化してコメも手に入らず、マメになりました。
小豆(あずき)も砂糖なしで煮ているのですが、久蔵は不満で吐き出します。

この頃から次第に、久蔵は戦場でのできごとを思い出し、幻覚を見ます。
久蔵は戦地で、中国人の娘に乱暴を働いていました。しかも乱暴後に殺害しています。
それを思い出した久蔵は、罪悪感も手伝って、性的に不能になっていきます。

久蔵ができなくなるのとは対照的に、シゲ子は久蔵に要求し始めます。
四肢がないために家の用事が一切できず、すべてをシゲ子に任せている久蔵は、シゲ子の性的欲求を満たせればよかったのですが、それもできません。

【結】- キャタピラーのあらすじ4

キャタピラーのシーン2 シゲ子は久蔵に、子どもを産めない自分への嫌がらせかと責めました。
「役立たず」と久蔵をぶっていたシゲ子は、我に返って久蔵を抱きしめます。


いつしか久蔵とシゲ子は、共依存の関係に陥ります。

久蔵にとっては、シゲ子の介助がなければ、用を足すことすらままなりません。
食事もすべてシゲ子にたべさせてもらっています。
シゲ子は、久蔵の世話を焼くことで、恩給で暮らしていました。
自分がいないと死ぬだろう久蔵の世話を焼くことで、皮肉ではありますがシゲ子も自身の存在意義を見出せます。

「大丈夫、ふたりで生きていこう」「食べて、寝て。食べて、寝て」
シゲ子はそのように、久蔵に言い聞かせます。

しかし久蔵にとっては、限界を迎えつつありました。
手足がなく外界との接点もせまい久蔵の脳裏には、戦地のことが繰り返し思い出されました。
久蔵は錯乱し、白目を剥いて仰向けに倒れます。


〔1945年8月6日 広島 原爆投下
広島の原爆による死者14万人〕

〔1945年8月9日 長崎 原爆投下
長崎の原爆による死者7万人〕

〔1945年8月15日 敗戦〕


日本が戦争に負けました。

畑仕事をしているシゲ子のところへ、日本が降伏したことを伝える男性・クマがやってきます。
戦争を嫌っていたクマは、「戦争が終わった、万歳!」と言うと、両手をあげて喜びました。
膠着状態が終わったのを喜び、シゲ子も万歳と言います。

同じ頃。
久蔵は這って自宅から出て、すぐ横にある池に近づきます。
池を覗き込むと、そこには自分の顔が映し出されました。
池には毛虫が水面に浮かび、死んでいます。
久蔵はそれを見ると、みずから池に入り込み、うつぶせで自死しました。

〔死刑判決を下された
BC級戦犯は984人〕

〔東京大空襲における死者10万人
アジアにおける死者2000万人
第二次世界大戦による全世界の死者6000万人
といわれている。〕

みんなの感想

ライターの感想

戦争によって腕や脚を失った兵士黒川久蔵役を大西信満さんが演じています。CGの技術も著しく進化した昨今なので、久蔵の体も常にCGを使用したと思われがちなのですが、一部のシーン以外は映像処理を施していないそうです。では、どうやって撮影したのかというと、前方から撮影する場合は体の後ろ側に手脚を縛り、後方から撮影する場合は、前側に縛ったそうです。
とてもそんな古典的な手法を使ったとは思えないほど、不自然さがなかったので、改めて大西さんの演技力の高さを感じます。戦争の惨さ、残虐さを胸が痛むほど感じる映画です。寺島しのぶさんが苦悩する久蔵の妻役を見事に演じ、ベルリン国際映画祭では最優秀女優賞を受賞しましたが大西さんもそれに匹敵ほどの実力があると思います。
これからこの作品を見る人は、ぜひ彼にも注目してほしいです。

ライターの感想

戦争によって腕や脚を失った兵士黒川久蔵役を大西信満さんが演じています。CGの技術も著しく進化した昨今なので、久蔵の体も常にCGを使用したと思われがちなのですが、一部のシーン以外は映像処理を施していないそうです。では、どうやって撮影したのかというと、前方から撮影する場合は体の後ろ側に手脚を縛り、後方から撮影する場合は、前側に縛ったそうです。
とてもそんな古典的な手法を使ったとは思えないほど、不自然さがなかったので、改めて大西さんの演技力の高さを感じます。戦争の惨さ、残虐さを胸が痛むほど感じる映画です。寺島しのぶさんが苦悩する久蔵の妻役を見事に演じ、ベルリン国際映画祭では最優秀女優賞を受賞しましたが大西さんもそれに匹敵ほどの実力があると思います。
これからこの作品を見る人は、ぜひ彼にも注目してほしいです。
  • 匿名桃さんの感想

    この映画は、とてもえぐかった。私達の想像以上に戦争は、辛かったんだ。そう感じた。えぐい。けど、心を揺さぶる映画だった。

  • Lさんの感想

    私の持っていた戦争映画のイメージが変わった作品。
    今まで見た戦争映画は綺麗事というか…それも一つのドラマなのだろうけど、初めてもっともっと黒い部分を見た気がした映画だった。

    この映画のラストを見た後、動けないほど衝撃的で更に元ちとせさんの歌が、そのマイナスでしかない思考を更に深く考えさせるような歌で…ただただ考えさせらた。
    内容がショッキングな映画だけど、戦争を知らない世代だからこそ見た方がいいと感じた映画だった。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「キャタピラー」の商品はこちら

キャタピラー [DVD]