映画:クソ野郎と美しき世界

「クソ野郎と美しき世界」のネタバレあらすじと結末

クソ野郎と美しき世界の紹介:2018年公開。SMAP解散後、「新しい地図」という新たなプロジェクトを発足した稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾の3人を主演に据えた計4本の短編からなるオムニバス映画。「冷たい熱帯魚」「愛のむきだし」などで知られる園子温、山内ケンジ、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光、音楽ビデオ監督として著名な児玉祐一という錚々たる面々を監督に迎え話題を呼んだ作品である。

あらすじ動画

クソ野郎と美しき世界の主な出演者

ゴロー(稲垣吾郎)、大門(浅野忠信)、フジコ(馬場ふみか)、ジョー(満島真之介)、マコ(冨手麻妙)、慎吾ちゃん(香取慎吾)、歌喰い(中島セナ)、尾野崎(古舘寛治)、尾野崎のマネージャー(川上友里)、祐子(尾野真千子)、オサム(草彅剛)、警官1(新井浩文)、警官2(健太郎)

クソ野郎と美しき世界のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- クソ野郎と美しき世界のあらすじ1

クソ野郎と美しき世界のシーン1 ある女が走っていました。何者かから逃げているようです。街中を走り、お祭り会場へ忍び込みます。彼女は愛する男の元へ逃げようと思い必死に走っていました。
大豪邸に住む一人の男。シャワーを浴びた後、バスローブを身に纏いピアノの前に座ります。ゴローは凄腕のピアニストです。ピアノを引きながら、ある女性のことを頭に浮かべていました。ある日、街で見かけた女性の集団。いかにも水商売という感じで、全員露出の高い服装をしていました。ゴローがなんとなくそれを眺めていると、その中の一人の女性がゴローに寄ってきました。その女性はピアニストであるゴローの美しい指に一目惚れしたというのです。全く好みではない女性に言い寄られて気味の悪いゴロー。そんなゴローの彼女は「フジコ」と名乗り、小さな打ち上げ花火を渡しました。「会いたくなったらこれを打ち上げてね」そう言って去って行きました。それ以来、ゴローは何故かフジコのことが頭から離れません。我慢のできなくなったゴローは、ついに花火を打ち上げてしまったのでした。
フジコは、ある男の家に住んでいました。「マッドドッグ」と呼ばれるギャング大門の家であり、フジコに一目惚れをした大門はフジコを家に住まわせていました。大門の家での生活に飽き飽きしていたフジコは、眠る大門の横でなんとなく外を眺めていました。すると、遠くの方で大きな音と共に、打ち上げ花火が打ち上がりました。ゴローが自分を呼んでいると気づいたフジコは、大門を差し置いてゴローの元へ走り始めました。フジコがいなくなったことに気づいた大門は、手下であるジョーを連れて、「マッドドッグ」の異名の由来となった、犬並みの嗅覚を生かし、フジコの後を追います。
祭り会場を抜け、なんとかゴローの家へ辿り着いたフジコ。ゴローはフジコを迎え入れますが、すぐに大門とジョー、その他の手下もゴローの家へ入り込んできました。
フジコがゴローの指に一目惚れをしたことを知った大門は、ジョーに、ゴローの指をハンマーで砕くように命令しました。手下たちがフジコとゴローを取り押さえ、ゴローの指をテーブルの上に置き、ジョーはハンマーを振り下ろしました。

【承】- クソ野郎と美しき世界のあらすじ2

クソ野郎と美しき世界のシーン2 かつて人気グループに所属し、歌手として活動していた慎吾ちゃん。歌手としての活動をやめた慎吾ちゃんは絵を書くことに精を出していましたが、自分の作品を誰かに見てもらいたい気持ちを抑えられず、度々街中の壁にスプレーで絵を描いては警察に注意されていました。
路地裏。ある少女が座り込んでいました。不思議に思ったサラリーマンが話しかけても微動だにしません。お腹が空いているのかと問い、寿司を食べさせてあげると言っても反応がありません。そこへ巡回中の警官がやってきて、サラリーマンに事情を聞き出そうとします。その間に少女はいなくなっていました。
ストリートライブをしているバンド。観客も集まり盛況しているなか、最後の曲に入ります。すると、それまで歌えていたボーカルの女性が、歌い出しの文字のみしか出てこず、何回歌い直しても歌詞が出てきません。ボーカルもパニックになり、観客も騒然とするなか、少し離れたところで、先ほどの少女が何やら咀嚼するように口を動かしていました。離れた場所にある小さなライブハウス。その中で一人の男が弾き語りをしていました。曲名を言った後歌おうとしますが、こちらもやはり歌い出しが出てきません。ライブハウスの外では少女が咀嚼した後小さな声で「まずい」と呟きその場を離れました。
慎吾ちゃんがテレビをつけると、尾野崎という著名な歌手が歌番組に出ていました。彼が自身の代表曲を歌おうとすると、歌い出しが出てきません。尾野崎の様子を不思議に思った慎吾ちゃんはテレビを消し、カラースプレーを持って外へ出ました。
良い壁を見つけて、絵を描こうとしますが、警察に言われた言葉を思い出しました。「良い歌いっぱい持ってるんだから、絵じゃなくて歌えば良いのに」という言葉。慎吾ちゃんは絵を描くのを思いとどめ、歌うことにしました。一人で自分の歌を思い出しながら歌おうとすると、なかなか歌い出しが出てきません。歌のことは覚えているのに、歌が頭の中から無くなっています。ふと横を見ると、少女が立っていました。次の瞬間、その少女はその場に倒れてしまいました。慌てて駆け寄ると、その少女「お腹痛い」と言います。仕方なく慎吾ちゃんは家に彼女を連れて行きました。
少女はトイレで用を足したあと、自分を「歌喰い」と名乗りました。彼女の食べ物は「歌」で、毎日歌がある場所を見つけては食べているのだと言います。慎吾ちゃんも自分の歌が食べられたことにショックを受けますが、便として排便したものを食べればまた歌は戻ると言います。嫌がる慎吾ちゃんですが、トイレに行くと、歌喰いの便が残っていました。耳を近づけると、そこからは尾野崎の歌が聞こえたいました。尾野崎が歌えなくなったのは歌喰いの仕業だと知った尾野崎は、その便をもってテレビ局へ向かいました。
尾野崎に会った慎吾ちゃんは、その便を尾野崎に食べさせます。すると尾野崎は歌を取り戻しました。
歌喰いを家に泊めることにした慎吾ちゃん。子守唄を歌ってほしいと言われて歌いますが、思わず歌喰いはその歌を食べてしまいます。小声で叱ったあと、眠りにつきました。
翌朝、慎吾ちゃんが目を覚ますと、部屋中に飾ってあった自分の絵が全て白紙になっていることに気づきます。状況の理解できない慎吾ちゃんは考えながら、トイレへ向かうと、虹色の便がありました。

【転】- クソ野郎と美しき世界のあらすじ3

クソ野郎と美しき世界のシーン3 殺伐とした倉庫。気を失っていた若い男が目を覚ますと、右手の小指が無くなっていました。呆然としていると、そばに落ちていた一枚の紙を見つけます。そこには「指、借ります」と書いてありました。それを見て一人男は叫びます。「返せんのかよぉ!!」
ホテル。男女がベッドで寝ていました。そこへ暴力団の男が入ってきて、ベッドにいる男を殴ります。オサムはベッドの上の祐子とは夫婦でした。そのベッドの上の男は、オサムと祐子にとって重要な情報を持っていて、それを聞き出す為に罠にはめたのでした。
オサムと祐子には、「航」という一人息子がいました。野球の才能があり、祐子は将来航はプロ野球選手になること間違いなしだと信じていました。ろくに家に帰らない父オサムをさし置き、二人はほとんど毎日公園でキャッチボールをしていました。しかし、航は病気でこの世を去ってしまいます。豪速球を投げていた航の右腕は、交通事故で右腕をなくした少女に移植されました。
愛息子である航を亡くし、自暴自棄になっていた祐子。突然、航の腕に会いに行くと言い出しました。オサムはもう航は死んだと説得しますが聞きません。仕方なくオサムも協力し、このような作戦に出たのでした。
情報を元に調査すると、航の腕を貰った少女は、沖縄にいることがわかりました。沖縄につき、オサムの風貌から警官に怪しまれながらも、少女を探していました。すると、少女は誘拐されていることがわかります。その場所を突き止める為、オサムはある男に電話をかけました。
その男の協力でなんとか現場を突き止めたオサムは、倉庫の中へ入り、犯人である男を殴り、気を失わせ、小指を切りました。そして、何年も前に詰めた自身の小指と接合しました。
少女を救出し、海辺で待っている祐子の元へ連れて行きました。祐子はその少女の右腕に触れ、確かに航がまだ生きていることを感じます。その少女に航を大切にするよう頼み、後を去ろうとします。すると、その少女は渡されていた航のボールを、忘れているとオサムに投げます。すると、そのボールは豪速球となり、オサムの額に直撃しました。あまりの衝撃に倒れたオサムは、笑いながら大きな声で「痛えそ!航!」と叫びました。

【結】- クソ野郎と美しき世界のあらすじ4

クソ野郎と美しき世界のシーン2 様々な人間が集まるクラブ。そこでゴローはピアノを弾いていました。その音色に聞き惚れているフジコ。あの日、ゴローの指を砕く直前で、大門に迷いが生じ、自分の愛した女が愛する指を砕くことに躊躇った大門は、ジョーに自分のい指を砕かせたのでした。
そのピアノの音色に連れられ、慎吾ちゃんが入ってきました。歌喰いに歌と絵を食べられた慎吾ちゃんでしたが、残っていた七色の便をベーグルにして食べ、自分の歌と絵を取り戻していました。芸術を取り戻した慎吾ちゃんは、ゴローが弾くピアノに合わせて歌い始めました。
その様子を見ていたオサム。接合した自身の小指を見て、「そろそろ返そうかな」と呟きます。そしてバーの方へと目をやります。そのバーでは、バーテンダーとしてあの誘拐犯が働いていました。オサムは更生させるためにこのアルバイトを紹介していたのでした。そして、オサムはある男の元へ行きます。あの日、電話をして誘拐現場を突き止めた男。それは昔からオサムと知り合いだった大門でした。オサムは大門に電話をし、その嗅覚で航のボールの匂いを嗅いでもらい、現場を突き止めたのでした。あの日の礼を言うオサム。大門は構わないと笑います。
慎吾ちゃん歌に、クラブ中の人が耳を傾けます。みんな楽しそうに笑っていました。

みんなの感想

ライターの感想

国民的スターの新たな挑戦ということで興味がありましたが、面白い企画だったなと思います。特に、SMAP時代からのファンの方にはたまらないシーンも満載だったと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「クソ野郎と美しき世界」の商品はこちら