映画:クルエラ

「クルエラ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

クルエラの紹介:2021年5月27日公開のアメリカ映画。ディズニー・アニメーションの不朽の名作『101匹わんちゃん』に登場したヴィラン、クルエラ・ド・ヴィルを主人公にした実写映画。『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたエマ・ストーンがクルエラを演じるほか、名女優エマ・トンプソンやポール・ウォルター・ハウザー、マーク・ストロングらが出演。監督は『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のクレイグ・ギレスピーが務める。

クルエラの主な出演者

エステラ・ヴォン・ヘルマン / クルエラ・ド・ヴィル(エマ・ストーン)、バロネス(エマ・トンプソン)、ジャスパー(ジョエル・フライ)、ホーレス(ポール・ウォルター・ハウザー)、ジョン(マーク・ストロング)、キャサリン(エミリー・ビーチャム)、アニタ(カービー・ハウエル=バプティスト)、ジェラルド(ジェイミー・デメトリウ)、アーティ(ジョン・マクリー)

クルエラのネタバレあらすじ

【起】– クルエラのあらすじ1

クルエラのシーン1

画像引用元:YouTube / クルエラトレーラー映像

大人になったクルエラが、自分の過去を振り返って話を始める形式で物語は始まります。出産直後の赤ん坊が映り、「生まれた時から、自己主張が激しかった」というコメントが寄せられました。

エステラ・ミラーは生まれつき、髪の毛が2色に分かれていました。頭の右半分が黒で左半分は白色です。エステラは激しい気性故に、母親のキャサリンから「クルエラ」というあだ名をつけられていました。それでもキャサリンはエステラをかわいがります。

やがてエステラは小学校に入学しますが、はねっかえりの彼女は悪目立ちします。お仕着せの制服の着用を拒んだエステラは当然、教師から目をつけられます。いじめっこは容赦なくエステラを攻撃しました。1964年はまだそういう時代なのです。エステラに優しかったのは、同級生の女子アニータ・ダーリングだけでした。いじめっこの男子と取っ組み合いの喧嘩を繰り返したエステラは、問題児と思われます。

その頃、エステラは自分が心を開ける存在として、犬を見つけました。「バディ(心の友)」という名前を付けて可愛がります。

やがて学校に呼び出された母・キャサリンは、退学処分を言い渡されるよりも先に「学校をやめさせます」と宣言しました。母は味方をしてくれたのです。

キャサリンはエステラを連れて、新天地へ引っ越しを計画しました。車に乗った2人は新天地をロンドンに決めます。エステラが行ってみたいと名をあげたリージェンツ・パークを目的地と決めて車を走らせたキャサリンは、先立つものがないため途中でヘルマン・ホールという屋敷に立ち寄ります。

キャサリンはエステラに、車中でおとなしくなっているようにと言うと、家宝だといつも言っていた赤いネックレスをエステラに渡して屋敷に行きました。エステラは言いつけを守るつもりでしたが、好奇心に負けて屋敷に忍び込みます。

屋敷の中では、華やかなファッションショーが行われていました。エステラはファッションが好きだったので、つい夢中になります。屋敷には3匹の白と黒のぶち模様のダルメシアンが番犬としており、エステラは追われてステージに上がります。派手な騒動を起こしてしまったエステラとバディは、ダルメシアンに追われました。屋敷の外へ逃げます。

追ってきたダルメシアンは、母・キャサリンといっしょにいた何者かの犬笛に呼ばれて移動しました。そして崖の前にいるキャサリンに襲い掛かります。あわれ、キャサリンは崖から落ちて亡くなってしまいます。

その現場を見たエステラは大ショックを受けました。ネックレスを落としたまま逃亡します。逃げてトラックの幌に着地したエステラは、荷台に乗ったまま移動しました。ロンドンにたどり着きます。

翌朝、リージェンツ・パークで目を覚ましたエステラは、そこで二人組のみなしごの少年・ジャスパーとホーレスに出会います。2人は泉の小銭を拾っていました。警官に追われて2人のあとをついていったエステラは、彼らが根城にしているアジトの廃墟のアパートを探り当てます。母が亡くなったことを告げると、ジャスパーは廃アパートに留まることを許しました。「女の子がいれば泥棒に見えない」というジャスパーのことばに励まされ、エステラは2人と共同生活を送って成長します。目立たないように2色の髪の毛は、赤い色に染めました。

それから10年の月日が経過します。エステラは、ジャスパー、ホーレスと3人で組むと、泥棒として生計を立てていました。彼ら2人との関係は、まるで家族のようなものでした。盗むのが上手になって資金が手に入ると、エステラは得意の洋裁の技術で服をデザインして衣装を作成しました。高級な服を着ていると、高級な店へも出入りできます。高級な店で盗みをして大金を得ると、また服が作れます。そうやって徐々にファッションスキルと泥棒の腕を磨いたエステラは、人生に何かが足りないと思いつつも、仲間と楽しく生きていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「クルエラ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×