映画:クレアのカメラ

「クレアのカメラ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

クレアのカメラの紹介:2017年の韓国映画。2016年のカンヌ国際映画祭期間中、映画祭に出席するために現地に滞在していたイザベル・ユペールとキム・ミニをキャストに迎えて撮影した中編作品。監督は独創的なスタイルが特徴のホン・サンス。突然会社を解雇された女性と、カンヌを訪れていたフランス人女性との交流をホン・サンスらしい会話劇で綴る。

あらすじ動画

クレアのカメラの主な出演者

マニ(キム・ミニ)、クレア(イザベル・ユペール)、ナム(チャン・ミヒ)、ソ監督(チョン・ジニョン)

クレアのカメラのネタバレあらすじ

【起】– クレアのカメラのあらすじ1

韓国の映画会社に勤めるマニは、非常に有能で入社5年目ながら室長のポストを任されています。

その真面目な仕事ぶりは、“会社の宝”と称されるほどで、上司や後輩から強い信頼を得ていました。

カンヌ国際映画祭での業務のため、フランス・カンヌの臨時事務所にマニが出張中のこと作業中だったマニは、女社長のナムから「コーヒーを飲みに行こう」と誘われ、何ともなしに応じました。

ところが連れられて行ったカフェでマニは、唐突に「あなたは正直者ではない」とナムから苦言を呈されます。

戸惑うマニに対しナムは理由も告げず、一度疑った人とは仕事が出来ないと言って、今日この場での解雇を言い渡しました 理由に心当たりがないマニは、この通告に納得が出来ずにいるものの、立場上受け入れざるを得ませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「クレアのカメラ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×