映画:グレースオブモナコ公妃の切り札

「グレースオブモナコ公妃の切り札」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札の紹介:2014年公開。モナコ公妃となったグレース・ケリーが、夫モナコ大公レーニエ3世と当時のフランス大統領との間に起きた国際的な危機に立ち向かう姿を描いた作品。事実に基づいて描かれたフィクション映画である。第67回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映された。出演は「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、「海の上のピアニスト」のティム・ロス、「フロスト×ニクソン」のフランク・ランジェラ。

あらすじ動画

グレースオブモナコ公妃の切り札の主な出演者

グレース・ケリー(ニコール・キッドマン)、レーニエ3世(ティム・ロス)、フランシス・タッカー神父(フランク・ランジェラ)、マリア・カラス(パス・ヴェガ)、マッジ・ティヴィ=フォコン(パーカー・ポージー)、ルパート・アレン(マイロ・ヴィンティミリア)、フェルナンド・デリエール伯爵(デレク・ジャコビ)

グレースオブモナコ公妃の切り札のネタバレあらすじ

【起】– グレースオブモナコ公妃の切り札のあらすじ1

オスカー女優のグレース・ケリーはモナコ大公であるレーニエ3世と結婚します。ある日、ハリウッドから新作映画「マーニー」の出演を求めて、ヒッチコックが訪れます。

出演することに反対されると思っていたグレースでしたが、レーニエは認めます。しかし、自分で責任を負うようにと話します。

公表すれば国民が大騒ぎになってしまうため、しばらく内密になります。その頃、モナコは大変な状況に立たされていました。

アルジェリアの戦争が長引いていて、フランス大統領のド・ゴールから税金を徴収するように迫られていたのです。レーニエは資金もないため、応じることには納得しませんでした。

国境の封鎖が始まって、資源の行き来が無くなります。レーニエは判断を迫られていきます。

そしてグレースの映画出演がマスコミに漏れてしまいます。国民は危機的状況の中で、映画出演する公妃を批判します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(2件)

ライターの感想

この映画の見所はグレース・ケリーが舞踏会で演説する場面です。バックに映る神々しい壁画とスポットライトが絶妙で、加えてグレースの演説の愛を訴える内容が素晴らしくて見とれてしまいます。
また、演説の前に20世紀最高のソプラノ歌手と言われたマリア・カラス演じるパス・ヴェガが登場するのも、演説の素晴らしさを引き立てていると思います。
グレース・ケリーは、セクシーで明るいマリリン・モンローとは対照的に気品に満ち、クール・ビューティーとして人気を集めた女優です。その彼女をニコール・キッドマンが見事に演じていて、全米映画俳優組合賞にノミネートされるのも納得の演技力です。
全体を通して、時代背景を上手く描いていて素晴らしいと思える要素が強く、家族愛についても強く描いていて心の中が熱くなる作品だと思いました。多くの人に見てもらいたい作品になります。
  • ぎゃはははさんの感想

    007ごっこで本当に死んじゃったお馬鹿お嬢ちゃんのお話。

映画の感想を投稿する

映画「グレースオブモナコ公妃の切り札」の商品はこちら

IMAGE

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 [DVD]

DVD > 外国のドラマ映画
ギャガ
ニコール・キッドマン(出演),ティム・ロス(出演),フランク・ランジェラ(出演),パス・ベガ(出演),オリヴィエ・ダアン(監督)

¥945
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20