映画:グーグーだって猫である

「グーグーだって猫である」のネタバレあらすじと結末

グーグーだって猫であるの紹介:2008年製作のハートウォーミングドラマ。少女漫画家の大島弓子による同名エッセイを原案に、吉祥寺に暮らす天才漫画家と愛猫グーグーの生活を描いていく。大島弓子の大ファンの犬童一心監督がメガホンを取り、主演は小泉今日子が務めた。

あらすじ動画

グーグーだって猫であるの主な出演者

小島麻子(小泉今日子)、ナオミ(上野樹里)、青自(加瀬亮)、加奈子(大島美幸)、咲江(村上知子)、美智子(黒沢かずこ)

グーグーだって猫であるのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- グーグーだって猫であるのあらすじ1

舞台は東京、吉祥寺。人気少女漫画家の小島麻子はこの街で愛猫サバとともに暮らし、忙しい毎日を過ごしていました。そんなある日のこと。漫画の入稿を終えた麻子は、サバがぐったりと倒れていることに気づきました。サバは病気で亡くなってしまったのです。15年間サバと一緒に暮らしてきた麻子にとって、サバの死はショッキングな出来事でした。サバの死以来、麻子は漫画が描けなくなってしまい、ナオミ、加奈子、咲江、美智子のアシスタントたちは、そんな麻子を心配していました。

その後しばらくして、麻子は意を決してペットショップへ入り、新たな猫を連れ帰ってきました。アメリカンショートヘアーの可愛らしいその猫に、麻子は「グーグー」と名づけました。

麻子はグーグーの名前の由来をナオミたちに秘密にし、もし由来を当てることができたら、吉祥寺名物のメンチカツ1年分をプレゼントすると約束しました。食いしん坊のナオミたちはあれこれ名前の意味を考えますが、正解を当てることはできませんでした。

麻子はグーグーを連れて井の頭公園に遊びに行くようになり、少しずつサバの死から立ち直っていきました。そんなある日、グーグーは発情して近くにいたメスの白猫を追って、行方をくらましてしまいました。麻子はグーグーを探すために井の頭公園に向かうと、そこで青自という青年と出会いました。青自は木に登って降りられなくなったグーグーを助け出してくれたのです。自然体な態度で話しかけてくる青自に、麻子は恋心を抱き始めました。

そんな麻子の恋のために、ナオミは恋人でフォークデュオとして活動するマモルと協力し、麻子を陰ながら応援しました。ある夜、ナオミはマモルたちのライブに麻子と青自を誘い、打ち上げにも招待しました。ナオミたちはわざと打ち上げを早めに切り上げ、麻子と青自を二人っきりにしました。麻子は緊張しながらも、青自との会話を楽しみました。青自は最近になって麻子の漫画を読んだといい、ある作品の登場人物が自分の母親とよく似ていると明かしました。それは、夫が子どもの同級生の母親と浮気していることに気づく妻の物語でした。満月の夜、子どもとともに浮気相手の家に向かう母親の美しさに青自は強い印象を覚えたと語りました。「あんたの描く漫画、悲しいな。でも何でか、勇気がもらえた」…青自は素直な感想を麻子に伝えました。

【承】- グーグーだって猫であるのあらすじ2

その後、青自はひどく酔っ払い、麻子の家に転がり込んできました。青自はパンツ一枚になってソファで寝始める一方で、麻子はその横でグーグーに思い出話を語っていました。幼い頃、麻子は画材屋の主人にどんな漫画を書きたいと尋ねられ、「みんなが幸せになれる漫画」と答えたことがありました。しかし、そんな漫画を描けているのか、麻子は売れっ子になった今になっても確信が持てずにいました。去勢手術を受け、エリザベスカラーを装着したグーグーは、静かにそんな麻子を見つめていました。すると、突然青自が起き上がり、服を着始めました。「帰るわ。酔っ払ったふりをしてパンツまで脱いじゃう作戦だから」…そう言って去っていく青自を、麻子は呆然と眺めるのでした。

その後、麻子は青自やナオミたちアシスタントを連れてピクニックに出かけました。その途中、グーグーは以前追いかけたメスの白猫と再会、白猫を追って再び姿をくらましてしまいました。麻子たちは手分けしてグーグーを探しますが、夜になっても見つかりませんでした。

その夜、ナオミとマモルは謎の老婆二人組に出会い、グーグーの居場所を占ってもらいました。すると、老婆たちはすでにグーグーが家に戻っていることを告げました。老婆たちの言う通り、その頃グーグーは家で麻子と再会していました。老婆たちは続けてナオミとマモルの将来を占い始めました。ナオミは絵画の勉強のためにニューヨークに行きたいと考えていることを語ると、老婆たちはその方角は最高と返答しました。マモルはナオミが留学を望んでいることを初めて知り、打ち明けてくれなかったことを悲しみました。そのうえ、マモルの音楽の夢については望みがないと厳しい言葉を老婆たちから返され、マモルはショックを受けるのでした。

その後、麻子は新たな漫画の構想をまとめ、ナオミたちアシスタントに説明する場を持ちました。漫画のタイトルは「8月に生まれる子供」、若い娘が突然老化する病気にかかるという物語です。麻子は漫画を描くため、手始めに高齢者体験をしてみることを思いつきました。麻子はナオミたちアシスタントを連れて、市役所で高齢者体験の道具一式を借り、腰回りの重し、白内障体験ゴーグル、イヤーマフなどをつけて街に繰り出しました。

【転】- グーグーだって猫であるのあらすじ3

その道中でのことでした。ナオミはマモルがファンの女子高生エリカとラブホテルから出てくるのを目撃してしまいます。ナオミはマモルの浮気に怒り、高齢者体験の道具一式を着用したままマモルたちを追いかけ始めました。ナオミはマモルに追いつくと、柔道の技をかけて懲らしめますが、その背後で突然麻子が苦しみ出しました。急いでナオミたちは麻子を病院に連れて行きました。麻子が診察室に通されると、そこにいたのは白衣を着た青自でした。麻子は青自の職業が医師と初めて知り、検査のため服を脱ぐのを恥ずかしがってしまうのでした。

その後、ナオミはマモルと別れることを決めました。ナオミはマモルを傷つけまいと、ニューヨークに好きだった人がいると嘘をつくと、マモルはナオミの前から去り、エリカと交際し始めました。そんな中、ナオミは麻子が卵巣がんを患ったことを知ります。ナオミは麻子の病気にショックを受け、号泣しながら麻子に抱きつきました。

それから間もなく、麻子の入院が決まりました。麻子に入院案内をした看護師は麻子の漫画の大ファンで、麻子と会えたことに感激していました。「私の漫画は…それほど私を助けてくれません」…病気で気落ちする麻子は、そう呟きました。

その後、麻子は青自と病院のベンチに座り、話したいことが二つあると会話を切り出しました。一つは、もし麻子が死んだら、グーグーを引き取って欲しいというものでした。すると、青自は次の春に故郷の小豆島に戻って父親の病院を継ぐことを明かし、麻子を驚かせました。もし島で良ければ、と語る青自に、麻子は「砂浜全部がグーグーのトイレですね」と笑いました。麻子は話そうと思っていたもう一つの話をするのをやめ、下を向きました。

その後、麻子が病室に戻ろうとすると、マモルが現れました。マモルは麻子と青自を病院内の休憩室に連れていくと、すぐ近くにある窓の外にナオミたちアシスタントや、エリカたち女子高生たちが姿を現し、麻子のためにチアダンスを始めました。麻子を元気づけるため、ナオミはエリカたちを説得し、協力してもらったのです。麻子はナオミたちの精一杯のチアダンスに感激しました。

【結】- グーグーだって猫であるのあらすじ4

その後、麻子は5時間に及ぶ大手術を経た後、次に抗がん剤による治療を開始しますが、薬の副作用は麻子をひどく苦しめました。麻子は鬱になってしまい、すっかり元気をなくしてしまったのです。そんなある満月の夜、麻子は病院を脱走しました。すると、麻子は死に神と名乗る白人の男性と出会い、喫茶店に案内されました。そこには、かわいらしい少女が座っていました。麻子は直感的にその少女が死んだサバであることに気づきました。麻子はサバの隣に座り、思い出話を語り合いました。サバは麻子の大切な思い出をよく覚えていました。だからこそ、麻子の年齢を追い越してしまったときは、不思議な気持ちと同時に怒りも感じたといいます。「私の死も、あなたの病気がもたらす苦しみも、そして、また悲しみも…年を取ります。とっても楽しかった。麻子さん、ありがとう」…そう語るサバに、麻子は抱きつきました。翌朝、麻子は陽光が差し込む中、目を覚ましました。サバと語り合ったのは、夢の中での出来事だったのです。

その後、麻子は退院して「8月に生まれる子供」を書き上げました。「わたしはわたしの王女様である そしてその民である」の書き出しから漫画は始まり、突然老化が始まった若い女性の悲を描き出していきました。ヒロインは病気を受け入れられず、感情の抑制がきかなくなり、失禁を繰り返すようになってきました。やがてヒロインは徘徊をするようになりますが、ラスト、ヒロインは再び成長を始めます。それは回復というより、赤ん坊が成長しているように見えました。「そうだ、別な自分がこれから生まれるんだ」と、ヒロインも自らの成長を自覚していました。麻子以外に描くことのできない素晴らしい作品、ナオミはそんな感想を持ちました。

それから間もなく、ナオミがニューヨークに発つ日がやってきました。空港には、麻子やアシスタント仲間が駆けつけていました。ナオミは食いしん坊のアシスタント仲間たちに、ビールと揚げ物は禁止と声をかけました。このとき、グーグーの名前の由来を当てたら、メンチカツ1年分をプレゼントするという麻子の言葉をナオミは思い出しました。ナオミがグーグーの名前の由来を尋ねると、麻子は「それは…ね」と微笑みました。

毎日がグーグー(good good)
そんなはずもないけど
昨日の夢はグーグー(good good)
明日から届く手紙

麻子を演じた小泉今日子が歌う「グッドグッドgood good」を背景に、街を散歩し、そして麻子の帰りを出迎えるグーグーの姿を映し出しながら、映画は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

大島弓子の漫画独特のほんわかとしているようで、少しとげのある雰囲気が作品から感じられ、監督の原作への愛が感じられました。猫がかわいいのはもちろん、恋愛に消極的な漫画家を好演した小泉今日子や、吉祥寺ののどかな雰囲気など、作品全体から漂ってくる優しい雰囲気に癒されました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「グーグーだって猫である」の商品はこちら