映画:サウンド・オブ・ミュージック

「サウンド・オブ・ミュージック」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

サウンド・オブ・ミュージックの紹介:修道院から家庭教師として派遣されたマリアが直面する、子供たちの騒動とナチスへの抵抗を、派遣先の大佐との愛情を絡めてコミカルにも描いたミュージカル映画。実話が原作。第38回アカデミー賞作品賞など受賞。

サウンド・オブ・ミュージックの主な出演者

マリア(ジュリー・アンドリュース)、トラップ大佐(クリストファー・プラマー)、修道院長(ペギー・ウッド)、マックス(リチャード・ヘイドン)

サウンド・オブ・ミュージックのネタバレあらすじ

【起】– サウンド・オブ・ミュージックのあらすじ1

修道院のわずかな空き時間を見つけては、大空の下、歌を歌う天真爛漫のマリア。

彼女はあるとき、英雄トラップ大佐の子供たちの家庭教師として、派遣されることになりました。

トラップ家で出会った子供たちは表面上きびきびと振る舞っていますが、こっそり悪戯を仕掛けてきますしかしマリアは動じません。

悪戯に気付いた厳しい父親の前で素知らぬ顔を通したことで、彼女は子供たちの信頼を得ていきます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「サウンド・オブ・ミュージック」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×