「サラの鍵」のネタバレあらすじ動画と結末

サラの鍵の紹介:2010年公開のフランス映画。パリで暮らすジャーナリストが、ある取材で衝撃的な事実を知り、真相を調べていく姿を描いている。タチアナ・ド・ロネのベストセラー小説が原作で、クリスティン・スコット・トーマス主演で贈るドラマ。

あらすじ動画

サラの鍵の主な出演者

ジュリア・ジャーモンド(クリスティン・スコット・トーマス)、サラ・スタジンスキ(メリュジーヌ・マヤンス)、ジュール・デュフォール(ニエル・アレストリュプ)、ベルトラン・テザック(フレデリック・ピエロ)、エドゥアルド・テザック(ミシェル・デュショソワ)、ジェネヴィエーヴ・デュフォール(ドミニク・フロ)、サラの母(ナターシャ・マスケヴィッチ)、ベルトランの祖母(ジゼル・カサデサス)、ウィリアム・レインズファード(エイダン・クイン)

サラの鍵のネタバレあらすじ

【起】- サラの鍵のあらすじ1

1942年7月16日、スタジンスキ家の暮らすパリのアパートに、フランス警察がやってきます。彼らは3日分の食糧の用意などを命じてきます。
そして警察が息子はどこだと聞いてくることから、サラは幼い弟・ミシェルに納戸に隠れるように頼みます。ミシェルは、姉が来るまで外に出ない約束をします。サラは納戸に鍵をかけます。
父が帰ってきて、サラたちはヴェルディブ(競技場)に連れて行かれます。ヴェルディブには大勢のユダヤ人が連れて来られていました。
トイレは封鎖されており、上から人が降ってきて死ぬ者もいました。
サラたちの隣には、アンナという女性がいました。アンナは許可証があれば、ここから出られるのだと言います。
サラは、弟を救って欲しいと彼女に頼みます。納戸の鍵を渡そうとしますが、父は止めに入ります。
アンナは自ら口を怪我し、血を吐いて許可証をもらい、外に出ることができます。サラは彼女に任せておけば良かったと怒ります。
父は息子を逮捕してくれと警察に頼みますが、頭を殴られて気絶します。
3人は名前を呼ばれて、ボーヌ臨時収容所に移送されます。ここに医者はおらず、男性と女性子供は分けられます。
サラと母は、父と分けられます。先に父は連れて行かれ、さらにサラと母も分けられます。サラは熱を出しているのに、容赦なく水をかけられ、引き離されます。

【承】- サラの鍵のあらすじ2

3日間寝たサラは起き上がり、同じ部屋の女の子から鍵を渡してもらえます。彼女が持っていてくれました。
サラはここから逃げて、弟を迎えに行かなければと言います。女の子と共に脱走することにしますが、兵士に見つかってしまいます。
その兵士はリンゴをとらないでいてくれたりしました。なのでサラは悪い人には思えませんでした。脱走しなければならないことを伝えると、彼は行かせてくれます。
サラと女の子は森の中を走り続けます。途中、川に入った後、村へとやってきます。
女の子は病気かもしれないと体調が悪くなります。サラは彼女を連れて、デュフォール家の窓から助けを求めます。
ジュールは彼女たちに去るように命じます。しかし翌朝、犬小屋に彼女たちがいるのを見かねて助けることにします。
女の子が血を吐き始めたことから、医者に診せなければならなくなります。しかし、医者はドイツ軍と関わりがありました。
仕方なく医者を呼びますが、女の子はジフテリアで死亡します。サラのことを聞かれますが、ジュールと彼の妻のジェネヴィエーブは白を切ります。
サラはどうしてもパリに行って、弟を助けなければならないと訴えます。夫妻は孫の二コラの服を着させてくれて、サラと共にパリへと行ってくれます。
途中、身分証の掲示を求められ、サラの分も見せるように言われます。ジュールはお金を封筒の中に入れて見逃してもらいます。
パリのアパートに到着して、サラは急いで部屋に向かいます。納戸の鍵を開けると、変わり果てたミシェルの姿がありました。サラは弟の名前を呼びながら叫び続けます。

【転】- サラの鍵のあらすじ3

2009年、パリで暮らすジャーナリストのジュリアは、1942年の7月16~17日に起こった出来事について、調べて記事にすることにします。
ジュリアは、夫の祖父母のアパートに引っ越す予定でした。このアパートは、祖父母が1942年の8月に借りていました。
何年も不妊治療をして、ついにジュリアは待望の二人目を授かります。しかし夫のベルトランは、もう年であることや、仕事が忙しいことから子供が欲しくありませんでした。
調べていくとジュリアは、サラの家族が同じ号室のアパートで暮らしていたことを知ります。
義父のエドゥアルドは、父と自分だけが知っている事実を話し始めます。95歳になる母は、当時店にいて知りませんでした。
サラが帰ってきた日、扉を開けたのはエドゥアルドでした。ジュールとジェネヴィエーヴは、サラと共にミシェルの遺体を持ち帰りました。この件はエドゥアルドと彼の父とで内緒にすることにしました。
公証人の話しでは、サラの書類や手紙は金庫にあるそうです。ジュリアは自分が開けたいと申し出ます。
中絶の件で夫ともめて、ジュリアは口を滑らしてしまいます。ベルトランは義父から話しを聞き、家族中が事実を知ることになります。アパートは売ることにしたベルトランでした。
ベルトランの祖父は正しいことをしていました。
当時、ジュールは月100~120フランを受け取っており、感謝していました。大人になったサラは、秘密主義で野性的になり、遠い国に行きたいと思うようになりました。
そして1953年のある日、サラは愛している、赦してと書置きを残して去っていきます。
中絶するか迷っているジュリアの元に、二コラの娘・ナタリーから連絡がやってきます。

【結】- サラの鍵のあらすじ4

ナタリーの祖父は、ジュリアがサラの消息を教えくれると思って喜びます。しかしジュリア自身もサラの居場所は分かりませんでした。
ナタリーは、1955年に送られてきた最後のカードを見せてくれます。そのカードは、アメリカのマンハッタンで、リチャード・レインズファードという男性と結婚したことを知らせるものでした。
アメリカへと渡り、サラはリチャードの娘さんと会うことができます。そしてリチャードの再婚相手の女性から話しを聞くことができます。
サラは1966年の交通事故で亡くなっていました。原因はタイヤの破裂と言われていましたが、トラック運転手が言うには、向こうから向かってきたとのことでした。
サラには息子・ウィリアムがいました。今はイタリアに住んでおり、ジュリアは彼に会いに行くことにします。
そして彼に話しを聞こうとしますが、ウィリアムは何も知りませんでした。母の写真を見せられ、ウィリアムは母がユダヤ人ではないと怒り出し、連絡してくるなと出ていきます。
ウィリアムは、父から母のことを聞いて、事故が自殺だったことを知ります。
サラはうつ状態になっており、酒や薬に頼っていました。そしてウィリアムに真実を話すかどうかで、リチャードは彼女と大喧嘩になりました。結局、考えが一致することはありませんでした。
リチャードは、息子に母の日記を渡します。ウィリアムが日記を開くと、納戸の鍵がハンカチにくるまれていました。
2年後、ジュリアは1年前からニューヨークに来ていました。ウィリアムから連絡があり、彼に会いに行きます。
ジュリアは、娘のゾーイの妹を出産していました。ウィリアムから名前を聞かれて、彼女はルーシーと言います。
ジュリアはウィリアムから日記を見せてもらいます。これにより、ウィリアムは本当の母を知ることができたと言います。また、父が永眠したことも知らせます。
ウィリアムがルーシーの名前のことを聞くと、ジュリアはそれはキリンの名前だと答えます。本当の名前はサラであると伝えると、ウィリアムは涙を流します。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、濃厚なストーリーが見所です。その練り込まれた深い物語は、見ていて時間を忘れ、何年もの時を過ごした気分にさせてくれます。
主演のクリスティン・スコット・トーマスの演技はさすがで、さらにサラ役のメリュジーヌ・マヤンスの演技も凄いです。ミシェルを見つけた時の彼女の演技に、涙を流さずにはいられなくなります。
この作品は、忘れてはならない悲劇を伝え続けてくれます。絶賛される理由の分かる映画に仕上がっており、ぜひ見て欲しい作品になります。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「サラの鍵」の商品はこちら