映画:シェナンドー河

「シェナンドー河」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

シェナンドー河の紹介:南北戦争下のバージニアを舞台にしたジェームズ・スチュワート主演のヒューマンドラマ。シェナンドー河で平和に暮らす家族が戦争の悲劇に巻き込まれる姿を描いていく。1965年アメリカ製作。

シェナンドー河の主な出演者

チャーリー(ジェームズ・スチュワート)、サム(ダグ・マクルーア)、ジェニー(ローズマリー・フォーサイス)、アン(キャサリン・ロス)

シェナンドー河のネタバレあらすじ

【起】– シェナンドー河のあらすじ1

物語の舞台は南北戦争下のバージニア、シェナンドー河が流れる地域。

この地域で農場を営むアンダーソン家は大家族でにぎやかに暮らしていました。

アンダーソン家は南部の家には珍しく、黒人奴隷を持っていませんでした家父長のチャーリー、その六人の息子、ジェイコブ、ジョン、ジェームズ、ネイサン、ヘンリー、ボーイは農作業に励み、娘のジェニーとジェームズの妻アンは家事を取り仕切っており、アンダーソン家は家族で協力し合いながらこれまで生活してきました。

そのため、チャーリーは南北戦争に無関心を貫き、息子たちが南軍に加わることを許さず、息子たちを徴発しようとする南軍兵士も追い返してきました。

そんな中、ジェニーが南軍将校のサムと結婚することとなり、すぐに二人の結婚式が執り行われました ところが、二人が結婚の誓いを立てた直後、サムは早急に部隊と合流するよう指令を受けてしまいます。

伝令の話によると、戦況は悪化しているようでした。

こうして、ジェニーとサムは結婚早々離れ離れになってしまいました それからすぐ、アンが第一子となる女の子を出産、チャーリーの亡き妻の名にちなんでマーサと名付けられました。

お祝いムードに沸くアンダーソン家でしたが、そんな中、近所に暮らす黒人奴隷の少年ガブリエルがチャーリーの農場を訪れ、驚きの事実を伝えてきました。

チャーリーの末の息子のボーイが北軍に捕らえられてしまったというのですガブリエルの話によれば、ボーイはガブリエルと遊んでいたときに北軍の部隊と出くわし、そのうえ、川で拾った南軍の帽子をかぶっていたことが災いし、南軍兵士と見なされてしまったといいます。

北軍の兵士は黒人のガブリエルには手を出さず、もう自由だとだけ告げ、ボーイ一人を連行していきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「シェナンドー河」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×