映画:シェフ!〜三ツ星レストランの裏側へようこそ〜

「シェフ!〜三ツ星レストランの裏側へようこそ〜」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

ダニエル・コーエン監督作品。名優ジャン・レノと、フランスで人気のコメディ俳優ミカエル・ユーンの掛け合いはもちろん、フランスの伝統料理から前衛的な分子料理に至るまで、さまざまに登場する数々の美しい料理も注目を集めた。

あらすじ動画

シェフ!〜三ツ星レストランの裏側へようこそ〜の主な出演者

ジャン・レノ(アレクサンドル・ラガルド)、 ミカエル・ユーン(ジャッキー・ボノ)、 サロメ・ステヴナン(アマンディーヌ)、 ラファエル・アゴゲ(ベアトリス)

シェフ!〜三ツ星レストランの裏側へようこそ〜のネタバレあらすじ

【起】– シェフ!〜三ツ星レストランの裏側へようこそ〜のあらすじ1

天才的な舌を持ちながら、そのこだわりの強さからなかなかシェフの職につけないジャッキー・ボノ。

レストランをクビになった彼は老人ホームのペンキ塗りをしていた。

そこにたまたま居合わせた高名なシェフ、アレクサンドルにその腕を見初められ、老舗の三ツ星フレンチレストラン「カルゴ・ラガルド」で働くことになる彼は次の品評会で三ツ星を守るため、腕のいい助手を探していたのだった。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「シェフ!〜三ツ星レストランの裏側へようこそ〜」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×