映画:ショーシャンクの空に

「ショーシャンクの空に」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(6件)

ヒューマンドラマ

映画「ショーシャンクの空に」の感想

ライターの感想

主人公が冤罪でありながらも、希望を捨てずに刑務所内でたくましく生きていく様子がうまく描かれている映画です。また、その主人公に影響され、周りの囚人たちも少しずつ変わっていく様子にもじわじわと感動します。 全体的に感情の起伏の表現が少ない映画ではありますが、その分最後の主人公が脱獄を果たすシーンでは、今までうちに秘めていた感情が爆発するような感じで、ついつい見入ってしまいます。映画を見た後も、何時間も余韻に浸ってしまうような、すばらしい作品です。
  • ピテカンさんの感想

    泣き笑いしたね

  • アミヨシコさんの感想

    冤罪で投獄されたアンディが脱獄する話。ちょっといい話すぎる気もするが、傑作。音楽や芸術って、孤独や絶望の中で輝く希望なんだよなあと思う。ビールとレコードのシーンがとってもいい。結末はアンディの優秀さや人格、希望を捨てない辛抱強さがもたらした幸福ではあるのだが、誰にでもジワタネホのような楽園が心の中にあるからこそ、希望を持って生きていけるのだろう。トミーのエピソードが悲しすぎた。最後に約束を守って来てくれたレッドとの友情が泣ける。

  • ペネロピさんの感想

    前途洋々なアンディが無実の罪で終身刑の判決を受けます。希望を捨てないアンディは周囲を変えていきます。「音楽と希望は誰にも奪えない。」希望を持ち続けることが大事と伝える映画は本当に多いですね。アンディがえん罪と証明されたら困ると考えた所長たちは愚かですね。強欲は罰せられて当然です。あまりに長い時間を刑務所内で過ごすと外の世界が恐怖でしかないんですね。それもやはりそこにもはや希望がないから。生きていく上で大切なことを教えてもらった気がします。

  • KOD7さんの感想

    脱獄したあとの爽快感が最高です。
    とにかく長いのですが特に飽きることもなく見てしまうのが面白さを物語っている気がします。
    キング原作なのに、後味が良すぎて「このあと何かあるのでは」と疑ってしまいます。
    とはいえ、話の中盤には嫌な出来事もいくつも起こります。
    それを乗り越えて乗り越えて、耐えたあげくに脱獄する様子が、とにかく気持ちのよい映画。ジワタネホへ向かうレッドの表情が最高です。

  • ゆうみさんの感想

    あまりにも長い刑務所での20年。胸が苦しくなるシーンも多くありますが、絶望の中に希望を見出し、周りにも与えるアンディの人となりが素晴らしい。
    レッドの目線で進行し、アンディの心の機微などがあえて描写されないのもいい。
    ついに脱獄、さらに所長を出し抜く手口には鳥肌、そして爽快!
    絶望する友に希望を与え、再会するラストの美しい映像は印象的でした。

1 2 3 4 5

「ショーシャンクの空に」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×